製品概要

製品概要

Linduino Oneコントローラ・ボード(一般にLinduinoまたはDC2026Cと呼ばれます)はアナログ・デバイセズのArduino互換システムで、リニアテクノロジーの集積回路用にファームウェア・ライブラリやコード例の開発や配布を行うことができます。コードは、他のマイクロコントローラ・プラットフォームに広く移植できるよう設計されており、C言語を採用しプロセッサ固有の機能の仕様は最小限に抑えられています。LTSketchbookが全体のコード・ベースとなっており、これには、Linduinoを使用してアナログ・デバイセズの集積回路とやり取りするためのスケッチが含まれています。そのため、標準的なデモ・ボードを特定のICに使用して、コードを直接テストすることができます。

Linduino OneボードはArduino Unoと互換性があり、Atmel ATMEGA328プロセッサを使用しています。このボードは14ピンの“QuikEval”コネクタによって、A/Dコンバータ、D/Aコンバータ、高電圧電力モニタ、温度計測デバイス、RFシンセサイザ、バッテリ・スタック・モニタなど、様々なアナログ・デバイセズ製品のための100種類近くのドータ・ボードに接続できます。

LTM2884 USBアイソレータによってPCへのグラウンド接続を遮断できるため、制御用コンピュータとは異なるグラウンド電位でプロジェクトを動作させることができます。 ご不明の点は、linduino@analog.comにお問い合わせいただくか、アナログ・デバイセズのEngineerZoneフォーラムをご参照ください。 よくある質問の一覧については、FAQを参照してください。

Linduinoボードには、QuikEvalプログラムとやり取りできるファームウェアが同梱されているため、互換性のあるデモ・ボード用のすべてのGUIが使用できます。QuikEvalをインストールすることは、Linduino Oneボードに適切なUSBドライバをインストールするためにも推奨される方法です。コードを変更したり、Linduinoにプログラムをロードしたりするには、Arduino IDE LTSketchbookをダウンロードしてください。

ソフトウェア

評価ソフトウェア

ZIP
20.37 M
LTSketchbook
LTSketchbook is the entire code base that holds sketches to talk to Analog Devices’s integrated circuits using Linduino.

ハードウェア (196)