製品概要

機能と利点

  • Eclipseベースの統合開発環境(IDE)
  • 優れたマルチコア環境およびデバッグ・サポート
  • コンパイラ、アセンブラ、リンカ、ローダを含む卓越したコード作成ツール
  • 成熟したアルゴリズム・ライブラリ
  • 向上したシステム・サービスおよびデバイス・ドライバ
  • RTOS、TCP/IPスタック、USBスタック、ファイル・システムなどのソフトウェア・アドインのファミリとの統合が容易
  • マルチコア・プロセッシング・ボードや、オーディオ・ビデオのキャプチャ、プロセッシング、表示などをサポートするエクステンダー・カードを含む、様々な開発ハードウェアと互換
  • ADSP-BF535およびADSP-210xxを除き、すべてのBlackfinおよびSHARCプロセッサ・ファミリをサポート
  • ARM Cortex-MマイクロコントローラのADuCM302xおよびADuCM4x50ファミリをサポート

製品概要

CrossCore® Embedded Studioは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、ARMの各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。このEclipseベースのIDEは、アナログ・デバイセズの成熟した最新世代のコード作成ツールを採用しており、C/C++およびアセンブリ言語の編集、コード作成、デバッグを円滑にわかりやすくサポートします。


また、CrossCore Embedded Studioは、Blackfin開発者およびSHARC開発者に対し、ドライバ、サービス、アルゴリズム・ソフトウェア・モジュールについて高度に統合されたアドイン・サポートを提供します。そこには、オンチップおよびオフチップのペリフェラル、イーサネットおよびUSB用スタック、一般的なリアル・タイムのオペレーティング・システムやファイル・システムなどへのドライバ・サポートが含まれています。これによって、統合度の高いマルチコアの開発およびデバッグ・サポートを含む、使いやすい開発フレームワークがもたらされます。


CrossCore® Support Community

CROSSCORE® Tools Support:
Tel: 1-800-ANALOGD (262-5643)
お問合せ



ダウンロードおよび関連ソフトウェア

Middleware

Linux Add-In for ADSP-SC5xx

ADSP-SC5xxプロセッサ・ファミリ向けのLinuxカーネルおよび開発ツール

FreeRTOS for Analog Devices Processors

FreeRTOS for Analog Devices Processors is a Real Time Operating System for Analog Devices Processors.

Micriµm µC/USB Device

CrossCore® Embedded Studio向けµC/USB Device Stack

Micriµm µC/OS-II

The Micriµm µC/OS-II® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.

Micriµm µC/OS-III

The Micriµm µC/OS-III® Real-Time Kernel for CrossCore Embedded Studio (CCES) provides a user-friendly programming environment for µC/OS-III applications running on Blackfin and SHARC processors.

Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack

The Lightweight TCP/IP (lwIP) Stack for CrossCore Embedded Studio is and implementation of this widely accepted TCP/IP stack for embedded platforms supporting most of the networking protocols in the TCP/IP suite.

MICRΜIM-ΜC-FS

CROSSCORE® EMBEDDED STUDIO向けのµC/FS File System

Micrium µC/USB Host

µC/USB Host Stack for CrossCore Embedded Studio (CCES) is the result of a partnership between Analog Devices and Micriµm to provide a user-friendly programming environment for embedded applications requiring USB Host functionality.

ライセンス

CCESのライセンス・タイプ/定義: ノード・ロック・ライセンスにより、CCESソフトウェアは、コンピュータのMACアドレスを使用して1つのPCにロックされます。各ノード・ロック・ライセンスは、1人のユーザに関連付けられますが、最大4台のコンピュータにロードできます。Node-1ライセンスは、1人分のユーザ・ライセンス、Node-5ライセンスは5人分のユーザ・ライセンスで、各ユーザはこのソフトウェアを最大4台のコンピュータで使用できます。 企業ドメインライセンス(CORP)は、指定された企業ネットワーク(ad.analog.com、spd.analog.comなど)上の任意のコンピュータにCCESソフトウェアをロックします。10人、20人および無制限のユーザ・バージョンがあります。(CORP-10、CORP-20、CORP-UNL)お客様は、CCESを使用して同時に開発を行うユーザ数に応じたライセンス・タイプを購入する必要があります。指定の企業ネットワークに接続している限り、企業ライセンスでインストールできるコンピュータ数には制限はありません。

EZ-Kitライセンスは該当のEZ-Kitに同梱されます。同梱されているEZ-Kitおよびエミュレータでのみ有効である点を除き、ノード・ロック・ライセンスと全く同様です。シミュレータ対象のサポートはありません。EZ-KITライセンスは、以下のデバイスのEZ-KIT評価用ボードに付属しています:DSP-21569,
ADSP-BF609、ADSP-BF706、ADSP-BF707、ADSP-SC573、ADSP-SC584、ADSP-SC589、ADuCM3029。

メンテナンス・ポリシー:CrossCore Embedded Studioのライセンスには、一年間の更新、アップグレード、ライフタイム・サポートが含まれています。オプションの年間メンテナンスでは、メンテナンス期間中にリリースされた更新プログラムとアップグレードが利用できます。メンテナンス期間後にリリースされた更新プログラムについては、メンテナンスを更新するまで利用できません。メンテナンスを更新することで、それまでのすべての更新プログラムが直ちに利用できます。年間メンテナンスは、各ライセンス・オプションの表示価格の20%です。詳細については、お問合せをご利用ください。メンテナンス・リクエストを処理するためには、オリジナル・ライセンスの購入証明が必要となります。

VisualDSP++®ユーザの方へ:  CCESにアップグレードする場合、既存のVDSP++ライセンスは無効になりません。CCESの価格については、VDSP++を購入したアナログ・デバイス営業所または販売代理店にお尋ねください。

システム条件

  • Windows 7 Professional/Enterprise/Ultimate(32ビットおよび64ビット)
  • Windows 8.1 Pro/Enterprise(32ビットおよび64ビット)
  • Windows 10 Pro/Enterprise(32ビットおよび64ビット)
  • Ubuntu 16.04(32ビット)
  • 2GHzのシングル・コア・プロセッサ。3.3GHzのデュアル・コア以上を推奨
  • 4GBのRAM。8GB以上を推奨
  • 2GBのディスク空き容量
  • 1つの未使用USBポート

資料

ソフトウェア・マニュアル (7)

PDF
7.13 M
CrossCore® Embedded Studio 2.9.0 C/C++ Compiler and Library Manual for Blackfin® Processors (Rev. 2.3)

The Compiler and Library Manual for Blackfin Processors describes how to use the Compiler for processors with Blackfin and Blackfin+ cores (ADSP-BFxxx processors). It covers command-line switches, language compliance, language extensions, built-in function and optimization, among other topics. It provides reference material for the functions in the accompanying C and C++ standard libraries, and the DSP library.

PDF
3.87 M
CrossCore® Embedded Studio 2.9.0 C/C++ Compiler Manual for SHARC® Processors (Rev. 2.2)

The Compiler Manual for SHARC Processors describes how to use the Compiler for processors with SHARC and SHARC+ cores (ADSP-21xxx and ADSP-SC5xx processors). It covers command-line switches, language compliance, language extensions, built-in functions, and optimization, among other topics.

PDF
3.51 M
CrossCore® Embedded Studio 2.9.0 C/C++ Library Manual for SHARC® Processors (Rev. 2.2)

The C/C++ Library Manual contains information about the C/C++ and DSP run-time libraries for SHARC® (ADSP-21xxx) processors.

PDF
2.02 M
CrossCore® Embedded Studio 2.9.0 Loader and Utilities Manual (Rev. 2.3)

The Loader and Utilities manual describes the command-line utilities for converting executable files into images that can be programmed into flash memory, and executed on the target processor as a standalone application without debugger involvement. The manual covers all Blackfin and SHARC processors supported by CrossCore Embedded Studio. The utilities described include ELF conversion utilities and utilities for encryption and cryptographic signing.

PDF
1.07 M
CrossCore® Embedded Studio 2.9.0 Linker and Utilities Manual (Rev. 2.3)

The Linker and Utilities manual describes the command-line linker utility, which assembles ELF executable files from previously-compiled object files. The manual covers the syntax and semantics of the Linker Description Files (LDFs) which guide this process, and gives examples for Blackfin and SHARC processors. Related utilities covered in this manual are the archiver elfar, for library (.dlb) creation and management, the memory initializer meminit, and the utilities elfdump, elfpatch and elfsyms.

PDF
1.27 M
CrossCore® Embedded Studio 2.9.0 Assembler and Preprocessor Manual (Rev. 2.3)

The Assembler and Preprocessor manual covers the assemblers for the Blackfin and SHARC processors supported by CrossCore Embedded Studio. It gives the syntax for the directives supported by the assemblers and the standalone preprocessor, and covers their command-line switches.

PDF
1.09 M
CrossCore® Software Licensing Guide (Rev. 2.0)

The Software Licensing Guide describes the licensing mechanism used by CrossCore Embedded Studio. It explains the different kinds of license and the conditions and implications of license expiry. It describes how to activate and validate licenses, and how to administer a corporate domain license.

関連するハードウェア (41)

EZ-Kits

26 EZ-Kits すべて表示

ドーター・ボード

開発 プラットフォーム

Extender Boards

8 Extender Boards すべて表示

Emulator Hardware

BLIP プラットフォーム

ディスカッション

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
表示されている価格は、1個あたりの価格です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。