ADSP-SC834
: 発売前
searchIcon
cartIcon

ADSP-SC834

Up to 800 MHz SHARC®-FX DSP w/ Integrated Arm® Cortex®-M33

すべて表示 showmore-icon

: 発売前 tooltip
: 発売前 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長

System Features

  • SHARC-FX high performance floating-point core
    • 256-bit vector size
    • Peak performance at 1 GHz core frequency: 24 GFLOPS, 8 GMAC (32-bit float), 16 GMAC (16-bit fixed)
    • 64/512 kB L1 instruction/data RAM with ECC
    • 32/256 kB L1 instruction/data cache with ECC
  • Arm Cortex-M33 connectivity core
    • 400 MHz frequency, 64/128 kB instruction/data RAM with parity protection
  • Memory
    • Parallel operation with dedicated memory, DMA, and multichannel support
    • Up to 16 Mb (2 MB) on-chip L2 SRAM with ECC protection
    • One Level 3 (L3) 16-bit interface to DDR3L SDRAM devices
  • On-board accelerators
    • Two FIR engines (up to 1 GHz, 4 taps per cycle)
    • Four IIR engines (up to 1 GHz, 6 cycles per biquad each)
  • Security
    • Cryptographic hardware accelerators
    • Fast secure boot with IP protection

Package, Key Peripherals, and Compatibility

  • 17 mm × 17 mm, 400-ball BGA_ED (0.8 mm pitch), RoHS compliant
  • Ethernet, HyperBus, CAN-FD, HADC, I2C, ASRC/SPORT
  • ADSP-2156x and ADSP-2159x layout-compatible options
製品概要
show more Icon

The ADSP-2183x/ADSP-SC83x digital signal processors (DSPs) are members of the SHARC®-FX family of products. The SHARC-FX core uses a single-instruction, multiple-data (SIMD) vector floating-point architecture and can issue up to four instructions per cycle in most combinations. The SHARC-FX core inside the ADSP-2183x/ADSP-SC83x processors offers processing speeds of up to 1 GHz coupled with up to 2 MB of L2 memory for low latency applications. For applications seeking enhanced connectivity options such as Ethernet, the ADSP-SC834/SC835 includes an Arm® Cortex®-M33 in addition to the SHARC-FX core. All members of the SHARC-FX family have on-board IIR and FIR accelerators as well as an efficient auto-vectorizing compiler for C/C++ programming.

The SHARC-FX core supports scalar and vector operations on all data types in vectors up to 256 bits, including integer, fixed-point, floating-point, complex 16-bit/32-bit fixed-point and complex 32-bit/64-bit floating-point. Eight float32 multiply/accumulate operations are allowed per cycle, with no constraints on alignment. The SHARC-FX core also features large register sets (32 data registers), thus reducing the need for stack save and restore. The peripherals and system architecture of the ADSP-2183x/ADSP-SC83x processors are compatible with previous SHARC processors, allowing for easy application porting.

By integrating a set of industry-leading system peripherals and memory, this family of processors is the platform of choice for applications that require leading-edge signal processing in one integrated package. These applications span a wide array of markets, including automotive, professional audio, and industrial-based applications that require high floating-point performance.

Applications

  • Automotive:
    • audio for head units and amplifiers, ANC/RNC, digital cockpit, ICC, AEC/Mic beamforming, ADAS
  • Consumer:
    • speakers, sound bars, AVRs, conferencing systems, mixing consoles, microphone arrays

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

最近閲覧した製品