製品概要

機能と利点

  • Arm® Cortex®-A5を内蔵したADSP-SC594デュアルSHARC+オーディオ・プロセッサ
  • 8GbのDDR3(800MHz)メモリ
  • 512MbのクワッドSPIフラッシュ・メモリ
  • 256MbのオクタルSPIフラッシュ・メモリ
  • LTコンポーネントを基盤とるす電力ソリューション
  • FTDI USB-UART
  • USB Cによる給電
  • デバッグ・インターフェース(JTAG)
  • SOMインターフェース・コネクタ
  • CCESキット・ライセンス

製品概要

EV-SC594-SOMは、ADSP-SC59x SHARCオーディオ・プロセッサ・ファミリ(ADSP-SC592/ADSP-SC594)に焦点を置いた設計の評価および敏速なプロトタイピングを可能にします。これは、プロセッサ自体のリリースに先立ってカスタム・ハードウェアにインターフェースできる拡張機能を備えた、使いやすいプラグアンドプレイのリファレンス設計を提供します。EV-SC594-SOMボードをEV-SOMCRR-EZKITキャリア・ボードに差し込むと、EZ-KIT®評価システム(EV-SC594-EZKIT)が使用できるようになり、プロセッサ・コアやシステムのペリフェラル/インターフェースを手早く簡単に評価できます。

EV-SC594-SOMを用いることで、没入型3Dサウンドおよびパーソナル・オーディオ・ゾーン(PAZ)、オートモーティブのアクティブ・ノイズ・キャンセリングおよびロード・ノイズ・キャンセリング(ANC/RNC)、音声ベース・ユーザ・インターフェースおよび車内通信(ICC)、エンジン音合成(ESS)および電気自動車警告音システム(EVWSS/AVAS)など、広範なアプリケーションを手早くプロトタイピングできます。その他のアプリケーションとしては、プロフェッショナル向けオーディオおよびサウンドバー/ホームAVR(3Dオブジェクトおよびマルチチャンネル・オーディオ付き)や、機能が増強された会議システムなどがあります。アナログ・デバイセズでは、複数のソフトウェア・モジュール(AEC/NR、マイクロフォン・ビームフォーミング、ピッチ・シフティング、高調波発生器、WAV プレーヤーなど)を提供する他、ユーザが独自のオーディオおよび音声プロセッシング・アプリケーションを開発/評価できる、フル機能ソフトウェア・ソリューションもライセンス供与できます。また、アナログ・デバイセズのSHARCプロセッサ・ファミリでライセンス供与できる、サード・パーティのサラウンド・サウンド・ソリューションも提供しています。詳細については、アナログ・デバイセズのソフトウェア・ソリューションのページを参照してください。

EV-SC594-SOMモジュールは、CrossCore® Embedded Studio(CCES)開発ツールを使用しているため、市場投入までの時間を短縮できます。この開発環境により、以下に示すように先進的なアプリケーション・コードの開発およびデバッグを促進できます。

  • C++、C、アセンブリで書かれたアプリケーション・プログラムの作成、コンパイル、アセンブル、リンク
  • アプリケーション・プログラム中のブレークポイントのロード、実行、ステップ、停止、設定
  • データおよびプログラム・メモリの読書き
  • コアおよびペリフェラルのレジスタの読書き

推奨システム動作環境

CCESをインストールするために、お使いのPCが下記の最小条件を満たしていることをご確認ください。

  • 2GHzのシングル・コア・プロセッサ。3.3GHzのデュアル・コア以上を推奨。
  • 4GBのRAM。8GB以上を推奨。
  • 3GBのディスク空き容量
  • 使用可能なUSBポート
  • CrossCore® Embedded Studio 2.10.0以降

注:システム条件の最新情報については、CrossCore® Embedded Studioリリース・ノートを参照してください。

ソフトウェア

ミドルウェア

WIKI
Linux for ADSP-SC5xx Processors
Linux kernel and development tools for the ADSP-SC5xx processor family

製品ダウンロード

ADSP-SC59x/2159x EZ-KIT Board Support Package – Current Release (Rev. 3.2.0)
ADSP-SC59x/2159x EZ-KIT Board Support Package – Previous Release (Rev. 3.0.0)
ADSP-SC59x/2159x EZ-KIT Board Support Package – Previous Release (Rev. 2.0.0)

ミドルウェア

HCC EmbeddedのUSBスタックは、幅広く使用されている成熟したスタックで、ほぼあらゆるUSB構成に対応しています。

HCC EmbeddedのTCP/IPスタックは、主要なプロトコルをすべて備え、IPv4とIPv6の両方をサポートしています。

HCC EmbeddedのFATシステムは、FAT 12/16/32準拠のメディアを製品に取り付ける必要のある組み込みアプリケーションで使用するために、全機能を装備し最適化されています。

アナログ・デバイセズのプロセッサ向けFreeRTOSは、アナログ・デバイセズのプロセッサ用のリアルタイム・オペレーティング・システムです。

ソフトウェア開発ツール

CrossCore Utilities provides several utilities for use with Cortex-M processors. These utilities have previously been distributed within various Board Support Packages for the IAR and Keil toolchains, and are collected together in this product for convenient maintenance.

CCESは、アナログ・デバイセズのBlackfin®、SHARC®、Arm®の各プロセッサ・ファミリ向けに用意された、世界トップクラスの統合開発環境(IDE)です。

ハードウェア (3)

ドーター・ボード