ADSP-SC59x/2159x SHARCシリーズがポートフォリオの性能を2倍に向上し、複雑なオーディオ・アプリケーション向けプラットフォームを実現

  • ADSP-2159xはADSP-2156xプロセッサとのピン互換性を提供、400MHz~2GHzのDSP性能の拡張性を実現
  • SHARC+コアと高度なフィルタ・アクセラレータにより、以前の世代と比べ3~7倍以上のデバイス性能を提供

ADSP-SC59x/2159x(ADSP-SC594/SC592 /21594 /21593 /21591)プロセッサ・シリーズは、オートモーティブおよびコンスーマ/プロ向けオーディオ・アプリケーションで没入型のオーディオ/サウンド・エクスペリエンスを提供するように設計されています。ADSP-SC59x/2159xオーディオ・プロセッサは特に、確定的な低遅延リアルタイム・オーディオ処理が求められるアプリケーションを対象としており、実体感のある3Dサウンドとパーソナル・オーディオ・ゾーン、オートモーティブ・アクティブ・ノイズ・キャンセレーション(ANC)やロード・ノイズ・キャンセレーション(RNC)、音声ベースのユーザー・インターフェースと車内通信(AEC/NR、マイクロフォン・ビームフォーミング機能)、エンジン・サウンド・シンセシス(ESS)、電気自動車の警告サウンド・システム(EVWSS/AVAS)などで利用できます。その他のアプリケーションには、プロフェッショナル・オーディオおよびサウンドバー/ホームAVR(3Dオブジェクトおよびマルチチャンネル・オーディオを使用)などがあります。

車載オーディオ

車載オーディオ
ヘッド・ユニット、アンプ、コックピット・ドメイン・コントローラ

プロフェッショナル向けオーディオ

プロフェッショナル向けオーディオ
ミキシング・コンソール、次世代会議システム

コンスーマ向けオーディオ

コンスーマ向けオーディオ
3Dサウンドバー、AVR

ADSP-SC59x/2159xファミリは、シングルまたはデュアルSHARC+ DSPコアの浮動小数点プロセッサです。様々なピン互換製品で複数のオンチップ・メモリ・オプションを提供し、柔軟なオーディオ・コネクティビティと性能の拡張性を備えています。ADSP-21566 /21567 /21569 オーディオ・プロセッサとのソフトウェア互換性およびピン互換性を備えながら、ADSP-21593 /21591 は400MHz~2GHzのDSP性能の拡張性を実現します。同時に、ADSP-SC59xプロセッサはArm® Cortex®-A5(1GHzで1800 DMIPS)にFPUおよびNeon® DSP拡張を搭載し、ギガビット・イーサネット(AVB付き)、3ピンおよび6ピンMLB、USB、CAN-FDを含む内蔵周辺機器の強化のための制御プロセッサを提供します。

アナログ・デバイセズのソフトウェア開発ツール を使用すれば、ソリューションの市場投入までの時間を短縮できます。最適化されたソフトウェアベースのオーディオ・アルゴリズムを特定の用途向けに調整することで、ソリューション設計を簡素化し、開発の手間を減らすことができます。

ADSP-SC59x/2159xプロセッサは、オートモーティブ・グレード、コンスーマ・グレードの両方で400ボールFCBGA(17mm x 17mm、0.8mmピッチ)パッケージで提供されているため、柔軟な設計が可能で、動作温度範囲全体で熱効率の高いコンパクトな設計を実現できます。

アナログ・デバイセズのラピッド・プロトタイピング評価用キットの発注については、ADSP-SC59x EZ-Kit およびADSP-2159x EZ-Kit 評価用ボードのページを参照してください。

主な製品

上記の様々なペリフェラルの混在に加えて、すべてのADSP-SC59x/2159x SHARCプロセッサはI2S/TDMポート、S/PDIFインターフェース、ASRC、高精度クロック・ジェネレータなど多数のオーディオ・ペリフェラルに対応します。更にこれらのプロセッサはいずれも、I2C、UART、SPI(デュアル、クワッド、オクタル)など多数の業界標準のシリアル・ペリフェラルをサポートします。多くのペリフェラルは汎用I/Oピンにマルチプレクスされており、複数のピンで様々な機能を利用できるため、非常に柔軟な設定オプションで幅広いペリフェラル・システム条件に合わせることができます。

ソフトウェア開発ツール

評価用キット

更に詳しい資料