ADM7170
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADM7170

6.5V、500mA、超低ノイズ、高PSRR、高速過渡応答CMOS LDO

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 9
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.13
機能
  • 入力電圧範囲:2.3V~6.5V
  • 最大負荷電流:500mA
  • 低ノイズ:5μV(実効値、100Hz~100kHzで出力電圧に依存しない)
  • 高速過渡応答:1.5μs(負荷ステップ1mA~500mA)
  • 100kHz時に60dB PSRR
  • 低ドロップアウト電圧:500mA負荷で42mV、VOUT = 3V
  • 初期精度:±0.75%
  • 電源ライン、負荷、温度に対する初期精度:±1.25%
  • 静止電流、IGND = 0.7mA(負荷なし)
  • 低シャットダウン電流:0.25μA(VIN = 5V)
  • 小型4.7μFセラミック出力コンデンサで安定
  • 可変出力電圧および固定出力電圧オプション:1.2V~5.0V
  • 可変出力電圧素子の設定範囲:1.2V~VIN − VDO
  • 高精度イネーブル
  • 調整可能なソフト・スタート
  • 8ピン3mm × 3mm LFCSPパッケージ
  • ADIsimPowerツールのサポート
製品概要
show more Icon

ADM7170は、2.3V~6.5Vで動作し、最大500mAの電流を出力するCMOS低ドロップアウト・リニア電圧レギュレータ(LDO)です。この高出力電流のLDOは、6V~1.2Vのレールを駆動する高性能アナログ回路やミックスド・シグナル回路を調整するのに最適です。当社独自の最新アーキテクチャを採用して高い電源変動除去比と低ノイズを実現しており、小型の4.7μFセラミック出力コンデンサを使うだけで、優れたライン過渡応答と負荷過渡応答を実現します。負荷過渡応答は1mA~500mAの負荷ステップで1.5μs(代表値)です。

ADM7170には、17の固定出力電圧のオプションがあります。以下の電圧の製品を標準在庫品として提供しています。1.3V、1.8V、2.5V、3.0V、3.3V、4.2V、および5.0V。その他の電圧は特注品として提供され、1.5V、1.85V、2.0V、2.2V、2.7V、2.75V、2.8V、2.85V、3.8V、および4.6Vを提供しています。1.2V~VIN − VDOの範囲の出力が可能な外付け帰還分圧器の付いた可変バージョンもご利用いただけます。

突入電流は、ソフト・スタート・ピンを使用して起動時間を調整することで制御できます。1nFソフト・スタート・コンデンサを使用したときの起動時間の代表値は約1.0msです。

ADM7170レギュレータの出力ノイズは、出力電圧に関係なく5μV(実効値)です。ADM7170は8ピン3mm × 3mmのLFCSPパッケージを採用しているため、非常に小型のソリューションが実現します。また、フットプリントが小さく、低プロファイルのパッケージで500mAまでの出力電流を必要とするアプリケーションに対して優れた熱性能も提供します。

アプリケーション

  • 雑音の影響を受けやすいアプリケーションにおける電源レギュレーション:ADCおよびDAC回路、高精度アンプ、PLL/VCO、およびクロックIC
  • 通信およびインフラストラクチャ
  • 医療機器、健康機器
  • 工業用機器、計測器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 9
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.13

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADM7170ACPZ-1.3-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-1.8-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-2.5-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-3.0-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-3.3-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-4.2-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-5.0-R7
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-R2
  • HTML
  • HTML
ADM7170ACPZ-R7
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 4

reference details image

EVAL-ADM7170

ADM7170/ADM7171/ADM7172評価用ボード

zoom

EVAL-ADM7170

ADM7170/ADM7171/ADM7172評価用ボード

ADM7170/ADM7171/ADM7172評価用ボード

機能と利点

  • 入力電圧範囲:2.3V~6.5V
  • 出力電流範囲:0mA~2A(ADM7170で500mA、ADM7171で1A、ADM7172で2A)
  • 出力電圧の精度:ADM7170で±0.75%、ADM7171/ADM7172で−0.5%/+1%
  • 動作温度範囲:−40°C~+125°C
  • 任意の固定出力電圧のオプションからの2つの外部抵抗で出力電圧を調整することもできます。
  • VOUT = VOUT(FIXED) × (1 + R1/R2)

製品の詳細

ADM7170ACP-EVALZ/ADM717Q1CP-EVALZ/ADM7172ACP-EVALZは、ADM7170、ADM7171、およびADM7172リニア電圧レギュレータの機能を実証するために使用する評価用ボードです。

単電圧源、電圧計、電流計、負荷抵抗を用意するだけで、ラインと負荷のレギュレーション、ドロップアウト、グラウンド電流などの簡単なデバイス測定が可能です。
reference details image

EVAL-ADA4355

Evaluation System for the ADA4355

zoom

EVAL-ADA4355

Evaluation System for the ADA4355

Evaluation System for the ADA4355

機能と利点

  • Complete hardware and software required to evaluate ADA4355 micro-module
  • Only four connections required
    • 12V power, 5V power, USB, fiber under test
  • All system control and measurement options provided via intuitive, user-friendly GUI

製品の詳細

The ADA4355 is a complete, high performance, current input µModule®. For space savings, the ADA4355 includes all required active and passive components to comprise a complete current-to-bits data acquisition channel supporting small form-factor optical modules as well as multi-channel systems.

The high-speed TIA of the device supports 10 ns pulse widths, allowing high spatial resolution for time-of-flight measurements. Additionally, the ADA4355 includes three TIA gain (TZ) settings to maximize dynamic range. An internal, selectable, analog low-pass filter (LPF) can limit the device bandwidth with a corner frequency of 100 MHz to minimize broadband noise while also serving as an anti-aliasing filter for the 125 MSPS ADC. For lower bandwidth signals or wider signal pulses (e.g. 20μs or larger), the filter can be set to a corner frequency of 1.0 MHz to provide additional noise reduction.

The 14-bit ADC converts the amplified voltage signal at a rate of up to 125 MSPS and outputs the digitized signals through two serial, low voltage differential signaling (LVDS) data lanes, operating at rates of up to 1 Gbps per lane. The data clock output (DCO) operates at frequencies of up to 500 MHz and supports double data rate (DDR) operation.

The ADA4355 exhibits fast overdrive recovery from a large input current signal and is available in a 12 mm × 6mm CSP_BGA package with a −40°C to +85°C operating temperature range.

Applications

  • Current-to-voltage Conversion
  • Chemical analyzers
  • Mass spectroscopy
  • Time of Flight (ToF)
  • Fiber optic sensing
reference details image

AD-PAARRAY3552R-SL

RF Front-end GaN Power Amplifier Biasing, Protection, and Control Reference Design

zoom

AD-PAARRAY3552R-SL

RF Front-end GaN Power Amplifier Biasing, Protection, and Control Reference Design

RF Front-end GaN Power Amplifier Biasing, Protection, and Control Reference Design

機能と利点

  • Designed to cover full Tx signal chains with integrated MCU and user-friendly GUI for faster and easier integration
  • Supports fault event protection - overvoltage (OV), overcurrent (OC), and overtemperature (OT)
  • Supports ultrafast sub-µs GaN gate voltage switching ~ (<1 µs)
  • Supports ultrafast (<10 µs) fault event protection from detection up to GaN gate pinch-off
  • Wide range of gate bias voltages from -10 V to +10 V
  • Configurable power-up and power-down sequence

製品の詳細

The AD-PAARRAY3552R-SL reference design provides control, protection, and proper biasing sequence for GaN power amplifier (PA) arrays. The design incorporates the AD3553R high-speed, dual-channel, 16-bit DAC to support the ultrafast sub-µs voltage settling time of GaN gates.

Key fault events, including overvoltage, overcurrent, and overtemperature, are effectively managed by the LTC7000, a static switch driver responsible for system fault protection.

The on-board MAX32666 ultralow-power ARM® Cortex®-M4 microprocessor provides essential debug and programming features for a comprehensive software development experience with the system. The system's firmware is built on ADI's open-source no-OS framework and includes a user-friendly graphical interface (GUI) for evaluation. Updates are easily applied through an SWD UART bootloader, streamlining prototyping.

The system can be powered by an external +48 V supply, requiring high current capabilities.

APPLICATIONS

  • 5G massive MIMOs
  • Macro base stations
Specifications
Fault Events
Fault Default Limit
Overvoltage +55 V
Overcurrent 3.5 A
Overtemperature 75°C
Output Ports
Port Name No. of ports
GaN gate ports 6
+48 V Gan drain ports 4
+5 V ports 5
Enable ports 2
Power Supply
External +48 V DC at 5 A
Operating Conditions
Temperature Range 45°C to +75°C
reference details image

AD-FMCOMMS11-EBZ

Direct RF to Baseband Transmit Radio

zoom

AD-FMCOMMS11-EBZ

Direct RF to Baseband Transmit Radio

Direct RF to Baseband Transmit Radio

機能と利点

  • TX
    • 16-bit 12GSPS RFDAC
    • JESD204B Interface
      • 8 lanes up to 12.5Gbps
    • 1x/2x/4x/6x/8x/12x/16x/24x/32x Interpolation
    • 64-bit NCO at max rate
    • Analog Modes of Operation:
      • Normal Mode: 6GSPS DAC rate
        • Synthesis up to 2.5GHz (1st Nyquist)
      • Mix Mode: 6GSPS DAC rate
        • Synthesis in 2nd & 3rd Nyquist zones
      • 2X Normal Mode: 12GSPS DAC rate
        • Synthesis up to 6GHz (1st Nyquist)
      • Excellent dynamic performance
  • RX
    • 3.2GHz full power bandwidth at 2.5GSPS
      • Noise Density = -149.5dBFs/Hz, ENOB = 9.5 bits
      • SFDR = 77 dBc at 1GHz Ain (2.5Gsps)
      • SFDR = 77dBc at 1.8GHz Ain (2.5Gsps)
    • +/-0.3 LSB DNL, +/-1.0 LSB INL
    • Dual supplies : 1.3V and 2.5V
    • 8 or 6 Lane JESD204B Outputs
    • Programmable clipping threshold for Fast Detect output
    • Two Integrated wide band digital down converters (DDC) per channel
      • 10-bit complex NCO
      • 2 cascaded half band filters (dec/8, dec/16)
    • Timestamp for synchronous processing alignment
      • SYSREF Setup/Hold detector
    • Programmable Interrupt (IRQ) event monitor

製品の詳細

The AD-FMComms11-EBZ board is a system platform board for communication infrastructure applications that demonstrates the Direct to RF (DRF) transmitter and observation receiver architecture. Using high sample rate RFDAC(s) and RFADC(s), a number of components in previous generation transmitters can be eliminated, such as mixers, modulators, IF amplifiers and filters. The objective being to bring the ADC or DAC as close to the antenna as possible, leading to possibly more cost effective and efficient communications solution.

It is composed of multi-GSPS RF ADC and DAC, AD9625 and AD9162 respectively. The transmit path contains a balun, low pass filter, gain block and variable attenuation to produce an output appropriate for a power amplifier module. Along the observation path, the PA output is coupled back into the board through a variable attenuator, a balun and finally the ADC. Clock management is taken care of on board; all the necessary clocks are generated from a reference. Power management is present as well.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 4

Figure 1. CN0555 Simplified Block Diagram

過電力保護機能を備えた、USB 駆動 433.92MHz RF 低ノイズ・アンプ・レシーバー

zoomopens a dialog

CN0555

過電力保護機能を備えた、USB 駆動 433.92MHz RF 低ノイズ・アンプ・レシーバー

CN0555

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
過電力保護機能を備えた、USB 駆動 433.92MHz RF 低ノイズ・アンプ・レシーバー

機能と利点

  • 433MHz ISM帯の受信用に最適化
  • 40dBの受信ゲイン
  • 自動ターン・オフ/オン機能を備えた過電圧保護回路
  • USBケーブルで給電
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

3.54 M

Figure 1. CN0521 Simplified Block Diagram

USB-Powered, 2.4 GHz RF Low Noise Amplifier Receiver with Overpower Protection Circuit

zoomopens a dialog

CN0521

USB-Powered, 2.4 GHz RF Low Noise Amplifier Receiver with Overpower Protection Circuit

CN0521

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
USB-Powered, 2.4 GHz RF Low Noise Amplifier Receiver with Overpower Protection Circuit

機能と利点

  • +26 dB of Rx Signal Gain
  • 50 ohm Input and Output Impedance
  • Overvoltage Input Protection
  • SMA Input and Output Connectors
  • USB Powered
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

8.71 M

Figure 1. CN0566 Simplified Block Diagram

フェーズド・アレイ開発プラットフォーム 開発入門ワークショップ開催中

zoomopens a dialog

CN0566

フェーズド・アレイ開発プラットフォーム 開発入門ワークショップ開催中

CN0566

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
フェーズド・アレイ開発プラットフォーム 開発入門ワークショップ開催中

機能と利点

  • 10GHz~10.5GHzのビームステアリング・プラットフォーム
  • 360ºの位相シフト(2.8ºの分解能)
  • 31dBの振幅調整範囲(0.5dBの分解能)
  • 8エレメントのリニア・アレイ・アンテナ
  • PlutoSDRによるデジタル処理
  • Raspberry Pi上で直接実行
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

15.27 M

Figure 1. CN0518 Simplified Block Diagram

USB-Powered, 915 MHz RF Low Noise Amplifier Receiver with Overpower Protection Circuit

zoomopens a dialog

CN0518

USB-Powered, 915 MHz RF Low Noise Amplifier Receiver with Overpower Protection Circuit

CN0518

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
USB-Powered, 915 MHz RF Low Noise Amplifier Receiver with Overpower Protection Circuit

機能と利点

  • +25 dB of Rx Signal Gain
  • 50 ohm Input and Output Impedance
  • Overvoltage Input Protection
  • SMA Input and Output Connectors
  • USB Powered
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

8.21 M

最近閲覧した製品