MAX32660
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

MAX32660

小型、超低電力、FPU内蔵Arm Cortex-M4プロセッサベースのマイクロコントローラ(MCU)、256KBのフラッシュおよび96KBのSRAM内蔵

すべて表示 showmore-icon

DARWIN Generation U MCUは電力と性能に関心のあるエンジニアに最適です

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 11
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.29
機能
  • ウェアラブル機器用高効率マイクロコントローラ
    • 内部発振器:最大96MHzまで動作
    • フラッシュメモリ:256KB
    • SRAM:96KB (最低電力バックアップモードでの保持オプション)
    • 命令キャッシュ:16KB
    • メモリ保護ユニット(MPU)
    • 低いVCORE電源電圧:1.1V
    • GPIO動作範囲:3.6V
    • 内部LDOによって単一電源での動作を提供
    • 広い動作温度:-40℃~+105℃
  • 電源管理によってバッテリアプリケーションのアップタイムを最大化
    • アクティブ電流:85µA/MHz (フラッシュからの実行時)
    • バックアップモードでの全メモリ保持電力:2µA (VDD = 1.8V)
    • 超低電力RTC:450nA (VDD = 1.8V)
    • 内部リング発振器:80kHz
  • 最適なペリフェラルミックスによってプラットフォーム拡張性を提供
    • 最大14の汎用入出力端子
    • 最大2つのSPIマスター/スレーブ
    • I2Sマスター/スレーブ
    • 最大2つのUART
    • 最大2つのI2Cマスター/スレーブ、3.4Mbpsハイスピード
    • 4チャネル標準DMAコントローラ
    • 3つの32ビットタイマー
    • ウォッチドッグタイマ
    • CMOSレベルRTC出力:32.768kHz
製品概要
show more Icon

DARWINファミリの中で、MAX32660はバッテリ動作機器およびワイヤレスセンサー用に設計された超低電力、高コスト効率、高集積32ビットマイクロコントローラです。このデバイスは、柔軟で汎用的なパワーマネージメントユニットと、浮動小数点ユニット(FPU)内蔵の強力なArm® Cortex®-M4プロセッサを組み合わせて、16ピンWLP (1.6mm × 1.6mm)、20ピンTQFN-EP (4mm × 4mm)、または24ピンTQFN-EP (3mm × 3mm)という業界最小の形状に実装しています。

MAX32660は、バッテリ寿命を妥協することなく複雑なセンサー処理を行う設計を可能にします。また、このデバイスは従来の設計に対して、8または16ビットマイクロコントローラからの容易かつ最適なコストでのアップグレード経路を提供します。

このデバイスはSPI、UART、およびI2C通信に対応するとともに、アプリケーションおよびセンサーのコードを収容するための最大256KBのフラッシュメモリと96KBのRAMも内蔵しています。I2C、UART、またはSPIを介したオプションのブートローダが利用可能です。

アプリケーション

  • フィットネスモニタ
  • 産業用センサー
  • IoT
  • 光モジュール:QSFP-DD、QSFP、400G
  • ポータブル医療機器
  • スポーツウォッチ
  • ウェアラブル医療パッチ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 11
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.29

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX32660E/D+
  • HTML
  • HTML
MAX32660GTG+
  • HTML
  • HTML
MAX32660GTG+T
  • HTML
  • HTML
MAX32660GTGBL+
  • HTML
  • HTML
MAX32660GTGBL+T
  • HTML
  • HTML
MAX32660GTP+
  • HTML
  • HTML
MAX32660GTP+T
  • HTML
  • HTML
MAX32660GWE+
  • HTML
  • HTML
MAX32660GWE+T
  • HTML
  • HTML
MAX32660GWEBL+
  • HTML
  • HTML
MAX32660GWEBL+T
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

reference details image

MAXNANOPWRBD

MAX32660、MAX11615、MAX40018、MAX9119、MAX9634、MAX17222の評価キット

zoom

MAXNANOPWRBD

MAX32660、MAX11615、MAX40018、MAX9119、MAX9634、MAX17222の評価キット

MAX32660、MAX11615、MAX40018、MAX9119、MAX9634、MAX17222の評価キット

機能と利点

  • 超低電力MAX32660 Arm Cortex M4F
  • MAX11615低電力8チャネル12ビットADC
  • MAX40007ナノパワーオペアンプ
  • MAX9119ナノパワーコンパレータ
  • MAX9634電流検出アンプ
  • MAX17222ブーストコンバータ
  • PCBに実装されたボタン電池電源

製品の詳細

MAXNANOPWRBD評価キットは、マキシムのナノパワー技術と、超低電力、低ピン数、FPU内蔵Arm® Cortex®-M4プロセッサのMAX32660を組み合わせて、1つの1.5Vアルカリボタン電池で動作する簡素なデジタルマルチメーターのアプリケーション例を作ります。

このキットには、以下のアイテムが含まれています。

  • MAXNANOPWRBD#回路基板
  • MAX326325PICO JTAGデバッガ/プログラマ

アプリケーション

  • フィットネスモニタ
  • 産業用センサー
  • IoT
  • 光モジュール:QSFP-DD、QSFP、400G
  • ポータブル医療機器
  • スポーツウォッチ
  • ウェアラブル医療パッチ
reference details image

MAX32660-EVSYS

MAX32660の評価キット

zoom

MAX32660-EVSYS

MAX32660の評価キット

MAX32660の評価キット

機能と利点

  • MAX32660マイクロコントローラ
    • Arm Cortex-M4F:96MHz
    • フラッシュメモリ:256KB
    • SRAM:96KB
    • 命令キャッシュ:16KB
    • 2つのSPI
    • 2つのI2C
    • 2つのUART
    • 14のGPIO
  • DIPブレークアウトボード
    • 100milピッチデュアルインラインピンヘッダ
    • ブレッドボード対応
  • 内蔵ペリフェラル
    • 赤インジケータLED
    • ユーザープッシュボタン
  • MAX32625PICOベースのデバッグアダプタ
    • CMSIS-DAP SWDデバッガ
    • 仮想UARTコンソール

製品の詳細

MAX32660の評価システムは、MAX32660の全機能へのアクセスを提供する小型の開発プラットフォームを、小型の使いやすいボードで提供します。MAX32625PICOベースのデバッグアダプタがメインボードに接続されています。このアダプタは、プログラミング完了後に取り外すことができます。デバッグモジュールは、オプションのDAPLink機能用10ピンArm® Cortex®デバッグコネクタに対応しています。組み合わせたサイズは0.65インチ × 2.2インチで、メインボード単体のサイズは0.65インチ × 0.95インチです。外部接続は、スルーホールおよびSMTアプリケーションの両方に対応する2列ヘッダ実装で終端処理されています。このボードは、各種のアプリケーションに容易に内蔵可能な非常に小型のスペースで、強力な処理サブシステムを提供します。

アプリケーション

  • フィットネスモニタ
  • 産業用センサー
  • IoT
  • 光モジュール:QSFP-DD、QSFP、400G
  • ポータブル医療機器
  • スポーツウォッチ
  • ウェアラブル医療パッチ
リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 10

MAXREFDES164

IO-Link Local Temperature Sensor

MAXREFDES171

IO-Link距離センサー

MAXREFDES9002

C-source Reference for Operating the DS28E18 from Cortex-M4 GPIO Pins

zoomopens a dialog

MAXREFDES9002

C-source Reference for Operating the DS28E18 from Cortex-M4 GPIO Pins

C-source Reference for Operating the DS28E18 from Cortex-M4 GPIO Pins

機能と利点

Features

  • Power and communication to I2C and SPI sensors through two wires
  • 512-byte command sequencer for autonomous operation
  • Up to 10mA at 3.3V sensor power derived from 1-Wire
  • Up to 100m distance with the 1-Wire interface
  • Example C-code demonstrates how to interface to I2C and SPI sensors
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 2

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

609.24 K

maxrefdes1261 board

Asset Tracker Power Management Platform

maxrefdes9007 board

Arm Cortex-M4 I/O Implemented 1-Wire Secure Authenticator Demo and Real Time Measurements

zoomopens a dialog

MAXREFDES9007

Arm Cortex-M4 I/O Implemented 1-Wire Secure Authenticator Demo and Real Time Measurements

Arm Cortex-M4 I/O Implemented 1-Wire Secure Authenticator Demo and Real Time Measurements

機能と利点

  • ECC-256 Compute Engine
  • FIPS 186 ECDSA P256 Signature and Verification
  • ECDH Key Exchange with Authentication Prevents Man-in-the-Middle Attacks
  • ECDSA Authenticated R/W of Configurable Memory
  • SHA-256 Compute Engine
  • FIPS 180 MAC for Secure Download/Boot Operations
  • FIPS 198 HMAC for Bidirectional Authentication and Optional GPIO Control
  • Two GPIO Pins with Optional Authentication Control
  • Open-Drain, 4mA/0.4V
  • Optional SHA-256 or ECDSA Authenticated On/Off and State Read
  • Optional Set On/Off After Multiblock Hash for Secure Boot/Download
  • RNG with NIST SP 800-90B Compliant Entropy Source with Function to Read Out
  • Optional Chip-Generated Pr/Pu Key Pairs for ECC Operations
  • 17-Bit One-Time Settable, Nonvolatile Decrement-Only Counter with Authenticated Read
  • 8Kbits of EEPROM for User Data, Keys, and Certificates
  • Unique and Unalterable Factory Programmed 64-Bit Identification Number (ROM ID)
  • Optional Input Data Component to Crypto and Key Operations
  • Single-Contact 1-Wire Interface Communication with Host at 11.7kbps and 62.5kbps
  • Operating Range: 3.3V ±10%, -40°C to +85°C
  • 6-Pin TDFN-EP Package (3mm x 3mm)
  • Accessory and Peripheral Secure Authentication
  • IoT Node Crypto-Protection
  • Secure Boot or Download of Firmware and/or System Parameters
  • Secure Storage of Cryptographic Keys for a Host Controller

Application

  • IoT Node Crypto-Protection
  • Accessory and Peripheral Secure Authentication
  • Secure Storage of Cryptographic Keys for a Host Controller
  • Secure Boot or Download of Firmware and/or System Parameters
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 2

MAXREFDES1207 Block Diagram

Heart-Rate Monitor Wrist Band Using the MAX77651B

zoomopens a dialog

MAXREFDES1207

Heart-Rate Monitor Wrist Band Using the MAX77651B

Heart-Rate Monitor Wrist Band Using the MAX77651B

機能と利点

Description

The MAXREFDES1207 is a reference design for wearable application based on a total Analog Devices solution which includes the MAX32660, MAX30112, MAX77651B, and MAX40005. This solution demonstrates how a small size, low cost, low power, high accuracy heart-rate (HR) monitor can be easily implemented. This design can monitor heart rate using two green LEDs.

The MAX30112 is an optimized pulse-oximeter and heartrate AFE for wearable health. It has a high-resolution, optical readout signal-processing channel with built-in ambient light cancellation as well as high-current LED driver DACs to form a complete optical readout signal chain. With external LED(s) and photodiode(s), the MAX30112 offers the lowest power, highest performance heart-rate detection solution for wrist applications. The MAX77651B provides highly-integrated battery charging and power supply solutions for low-power wearable applications where size and efficiency are critical. The device features a SIMO buckboost regulator that provides three independently programmable power rails from a single inductor to minimize total solution size. A highly configurable linear charger supports a wide range of Li+ battery capacities and includes battery temperature monitoring for additional safety (JEITA). The MAX32660 is an ultra-low-power, cost-effective, highly- integrated microcontroller unit (MCU) designed for battery- powered devices and wireless sensors. It combines a flexible and versatile power management unit with the powerful Arm® Cortex®-M4 with floating point unit (FPU). The MAX40005 is a tiny, single comparator which is ideal for a wide variety of portable electronics applications such as cell phones, media players, and notebooks that have extremely tight board space and power constraints. The design also contains an FTDI FT234 USB-to-serial UART interface.

詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

2.83 M

maxrefdes9004 board

C-source Reference for Operating the DS2485 Combined with a DS28E18 from a Cortex-M4 Microcontroller

zoomopens a dialog

MAXREFDES9004

C-source Reference for Operating the DS2485 Combined with a DS28E18 from a Cortex-M4 Microcontroller

C-source Reference for Operating the DS2485 Combined with a DS28E18 from a Cortex-M4 Microcontroller

機能と利点

  • Dedicated 1-Wire Master for Convenient 1-Wire Processing
  • Up to 100m Remote Communication with Connected 1-Wire Slave Devices
  • C-Code Demonstrates How to Use the DS2485 in Software Including an Example with the DS28E18

Designed–Built–Tested

A simple, cost-efficient, 1-Wire master is demonstrated using the DS2485 for a simple sensor application using the MAX32660 host microcontroller. This reference design includes the following major components: one each of MAX32660 Cortex-M4 microcontroller, DS2485 1-Wire master, DS28E18 1-Wire to I2C/SPI bridge and an I2C temperature sensor module. This document describes the hardware shown above as well as its supplementing software. It provides a detailed, systematic technical guide to set up and understand the MAXREFDES9004 reference design. The system has been built and tested, details of which follow later in this document.

詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

1.13 M

maxrefdes300 figure 1

RFID Datalogger for Healthcare and Cold-Chain Logistics

zoomopens a dialog

MAXREFDES300

RFID Datalogger for Healthcare and Cold-Chain Logistics

RFID Datalogger for Healthcare and Cold-Chain Logistics

機能と利点

Maxim’s MAX32660 Microcontroller

  • Ultra-Low-Power Operation
  • 256KB Flash Memory and 96KB SRAM
  • 3.05mm (L) x 3.05mm (W) x 0.80mm (H) TQFN Package

Axzon’s RFM405 Wireless Passive Sensor

  • On-Chip Temperature Sensor
  • UHF/RAIN Operation – EPCglobal® Gen2 Compliant
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 2

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

415.05 K

MAXREFDES9001: Secured IoT LoRa Sensor Nodes using the DS28S60 and Google Cloud

Secured IoT LoRa Sensor Nodes using the DS28S60 and Google Cloud

zoomopens a dialog

MAXREFDES9001

Secured IoT LoRa Sensor Nodes using the DS28S60 and Google Cloud

Secured IoT LoRa Sensor Nodes using the DS28S60 and Google Cloud

機能と利点

  • Maxim’s DS28S60 ChipDNA technology protects private and secret keys against invasive attacks.
  • Maxim’s DS28S60 provides end-to-end security using hardware-based ECDSA authentication, ECDH key exchange and AES-GCM authenticated encryption.
  • Complete low-power sensor node board design
  • Sample LoRaWAN gateway implementation based on Raspberry Pi
  • Sample Google Cloud application showcasing end-to-end security with the sensor board’s DS28S60 including ECDH key exchange, and AES-GCM secure communication Source code
  • Peripheral Module - compatible sensor expansion port
  • Raspberry Pi enables portable LoRaWAN Gateway deployment
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

1 M

EVAL CN0583 CRR1 ANGLE web

Multistandard Micropower Verified Smoke Detection System-on-Module

zoomopens a dialog

CN0583

Multistandard Micropower Verified Smoke Detection System-on-Module

CN0583

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
Multistandard Micropower Verified Smoke Detection System-on-Module

機能と利点

  • Complete Smoke Detector System on Module
  • Micropower Operation for >10 Year Battery Lifetime
  • UL 217 & UL 268 Verified Smoke Detector Algorithm
  • EN 54-7 & EN 14604 Verified Smoke Detector Algorithm
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

7.55 M

最近閲覧した製品