DS28E18
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

DS28E18

1-Wire®-I2C/SPIブリッジ、コマンドシーケンサ内蔵

すべて表示 showmore-icon

1-Wireスレーブ-I2C/SPIマスターブリッジデバイス、ホストマイクロコントローラから寄生給電

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$0.80
機能
  • 単一接点1-Wireインタフェースを使用してリモートのI2CまたはSPIデバイスを操作
    • I2C/SPIの通信距離を延長
    • 6本のワイヤ(SPIの場合)または4本のワイヤ(I2Cの場合)を2本のワイヤに削減
    • 512バイトのシーケンサによって接続デバイスの自律的動作を実現
    • 2つの設定可能なGPIO端子によって追加のペリフェラル制御が可能
  • 外部電源不要
    • DS28E18は1-Wireから寄生給電
    • I2C/SPIペリフェラル電源を1-Wireラインから取得
  • 柔軟な1-WireおよびI2C/SPIマスター動作モード
    • 標準(11kbps)およびオーバードライブ(90kbps) 1-Wire通信に対応
    • I2Cスレーブ:100kHz、400kHz、1MHz
    • SPIスレーブ:最大2.3MHz
  • 統合が容易
    • 小型8ピンTDFNパッケージ(2mm × 3mm × 0.75mm)
    • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
    • 動作電圧範囲:2.97V~3.63V
製品概要
show more Icon

DS28E18は簡素な通信ブリッジで、リモートSPIまたはI2Cセンサーに位置し、ホストシステムからのわずか2本のワイヤによってセンサーを制御することを可能にします。このデバイスはワイヤ数を6本(SPIの場合)または4本(I2Cの場合)から削減します。これらの2本のワイヤはマキシムの1-Wireプロトコルを使用し、電力と信号を1本のワイヤに組み合わせ、ホストのマイクロコントローラの設定可能入出力端子によって駆動されます。1-Wireネットワークは、最大100mの接続長および10またはそれ以上のセンサーノードに対応します。

このICはSRAM内に512バイトのコマンドシーケンサを提供し、複数のI2CまたはSPIコマンドをロードすることができます。ロード後、ホストコントローラはシーケンスの実行、給電、および接続されたI2CまたはSPIペリフェラルからのデータ収集を行うコマンドを送信します。その後の1-Wireコマンドは、収集したデータを読み取ります。接続されたセンサーまたはペリフェラル用の電力は1-Wireラインから供給されるため、DS28E18はセンサー、ADC、DAC、およびディスプレイコントローラなどの複雑なI2CまたはSPIデバイスの給電および制御をリモートで行うための非常に効率的なソリューションです。

I2Cスレーブデバイス用のブリッジとして使用する場合、DS28E18は標準モード(100kHz)、ファーストモード(400kHz)、またはファーストモードプラス(Fm+、1MHz)で通信します。SPIモードでは、最大2.3MHzまでの複数のクロックレートに対応します。I2CまたはSPI動作の設定は、1-Wireコマンドで行います。起動時のデフォルトはI2Cです。I2Cモードでの動作時、2つの設定可能GPIO端子を追加のペリフェラル制御に利用可能です。

各DS28E18は、1-Wireバス上でデバイスのアドレスとして機能する固有かつセキュアな64ビット ROM識別番号(ROM ID)を提供します。複数のDS28E18デバイスが1-Wireネットワーク内で他のデバイスと共存可能で、他のデバイスに影響を与えることなく個別にアクセスすることができます。

アプリケーション

  • アクセサリ識別および制御
  • 機器の設定および監視
  • 環境条件の調査
  • 穀物倉庫監視

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$0.80

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
DS28E18Q+T
  • HTML
  • HTML
DS28E18Q+U
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 1

reference details image

DS28E18EVKIT

DS28E18の評価キット

zoom

DS28E18EVKIT

DS28E18の評価キット

DS28E18の評価キット

機能と利点

  • Windows 10/8/7用のドライバサポート
  • USB 2.0仕様に完全準拠
  • USB給電、外部電源不要
  • 拡張SPI/I2CペリフェラルモジュールコネクタによってSPI/I2Cスレーブの迅速なプロトタイプ作成が可能

製品の詳細

DS28E18の評価システム(EVシステム)は、コマンドシーケンサ内蔵1-Wire®-I2C/SPIブリッジICのDS28E18の機能を実行するための専用ハードウェアおよびソフトウェアシステムを提供します。このEVシステムは、DS28E18のEVキットボード、DS7505ペリフェラルモジュールボード、MAX31722ペリフェラルモジュールボード、およびPC接続用のDS9481P-300# USB-1-Wireアダプタで構成されます。このEVキットはWindows®オペレーティングシステム対応です。

アプリケーション

  • アクセサリ識別および制御
  • 機器の設定および監視
  • 環境条件の調査
  • 穀物倉庫監視
リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 3

MAXREFDES9000

Remote I2C and SPI Sensor Operation Using the DS28E18

zoomopens a dialog

MAXREFDES9000

Remote I2C and SPI Sensor Operation Using the DS28E18

Remote I2C and SPI Sensor Operation Using the DS28E18

機能と利点

  • Power and communication to I2C and SPI sensors via two wires
  • 512-byte command sequencer for autonomous operation
  • Up to 10mA at 3.3V sensor power derived from 1-Wire
  • Up to 100m distance with the 1-Wire interface
  • Raspberry Pi® computer enables a powerful computing platform for creating an expansive system of sensors
  • Example source code demonstrates how to interface to various types of I2C and SPI sensors
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 1

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

1.92 M

MAXREFDES9002

C-source Reference for Operating the DS28E18 from Cortex-M4 GPIO Pins

zoomopens a dialog

MAXREFDES9002

C-source Reference for Operating the DS28E18 from Cortex-M4 GPIO Pins

C-source Reference for Operating the DS28E18 from Cortex-M4 GPIO Pins

機能と利点

Features

  • Power and communication to I2C and SPI sensors through two wires
  • 512-byte command sequencer for autonomous operation
  • Up to 10mA at 3.3V sensor power derived from 1-Wire
  • Up to 100m distance with the 1-Wire interface
  • Example C-code demonstrates how to interface to I2C and SPI sensors
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 2

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

609.24 K

maxrefdes9004 board

C-source Reference for Operating the DS2485 Combined with a DS28E18 from a Cortex-M4 Microcontroller

zoomopens a dialog

MAXREFDES9004

C-source Reference for Operating the DS2485 Combined with a DS28E18 from a Cortex-M4 Microcontroller

C-source Reference for Operating the DS2485 Combined with a DS28E18 from a Cortex-M4 Microcontroller

機能と利点

  • Dedicated 1-Wire Master for Convenient 1-Wire Processing
  • Up to 100m Remote Communication with Connected 1-Wire Slave Devices
  • C-Code Demonstrates How to Use the DS2485 in Software Including an Example with the DS28E18

Designed–Built–Tested

A simple, cost-efficient, 1-Wire master is demonstrated using the DS2485 for a simple sensor application using the MAX32660 host microcontroller. This reference design includes the following major components: one each of MAX32660 Cortex-M4 microcontroller, DS2485 1-Wire master, DS28E18 1-Wire to I2C/SPI bridge and an I2C temperature sensor module. This document describes the hardware shown above as well as its supplementing software. It provides a detailed, systematic technical guide to set up and understand the MAXREFDES9004 reference design. The system has been built and tested, details of which follow later in this document.

詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

1.13 M

最近閲覧した製品