製品概要

機能と利点

  • 単一チャンネル低消費電力対応 ADC, プラットフォーム DAQ 設計
  • 広帯域幅
    • sinc フィルタの帯域幅範囲:DC ~ 204 kHz
    • 低リップル FIR(有限インパルス応答)帯域幅範囲:DC ~ 110.8 kHz
  • 高精度な AC/DC 性能
    • ダイナミック・レンジ: 108.5 dB
    • −120 dB THD
    • ±1.1 ppm の FSR INL、±30 µV のオフセット・エラー、±30 ppmの FSR ゲイン誤差
  • プログラマブル ODR、フィルタ・タイプ、および遅延
    • ODR 値 最大 1024 kSPS
  • リニア位相デジタル・フィルタ・オプション
    • 低リップル FIR フィルタ±0.005 dB の最大通過帯域リップル、DC 〜 102.4 kHz
    • 低遅延 sinc5 フィルタ
    • 低遅延 sinc3 フィルタ、50Hz/60Hz 除去可能
    • プログラマブルFIRフィルタ・オプション
  • プログラマブル消費電力および帯域幅
    • 高速、最高速度
      • 52.224 kHz BW、26.4 mW(sinc5 フィルタ)
      • 110.8 kHz BW、36.8 mW(FIR フィルタ)
  • 中間、半分の速度:55.4 kHz BW、19.7 mW(FIR フィルタ)
  • 低消費電力、低速:13.9 kHz BW、6.75 mW(FIR フィルタ)
  • 電源
    • AVDD1 − AVSS = 5.0 V(代表値)
    • AVDD2 − AVSS = 2.0 V 〜 5.0 V(代表値)
    • アナログ電源は、両電源から駆動できます(真のバイポーラ)
    • IOVDD − DGND = 1.8 V 〜 3.3 V(代表値)
  • 低消費電源モードは、3.3 V の単電源から駆動できます
  • ピン制御または SPI インターフェースを設定可能
  • 診断チェック・メカニズムに最適
    • 温度、インターフェース CRC、およびメモリ・マップ CRC
  • パッケージ:28 ピン、4 mm × 5 mm、LFCSP
  • 温度範囲:−40°C ~ +125°C

製品概要

AD7768-1 は、低消費電力、高性能な Σ-Δ A/D コンバータ(ADC)で、AC 信号と DC 信号の両方を正確に変換するための Σ-Δ 変調器とデジタル・フィルタを実装しています。AD7768-1 は、AD7768( 8 チャンネル、同時サンプリング、Σ-Δ ADC)のシングル・チャンネル・バージョンです。AD7768-1 は、単一の設定可能で再利用可能なデータ・アクイジション(DAQ)フットプリントを提供します。これによって、統合された AC/DC 性能における新たな業界標準を打ち立て、計測器と産業システムの設計者は絶縁型と非絶縁型の両方のアプリケーションのさまざま計測タイプを対象に設計することができます。

AD7768-1 は、256 kSPS での低リップル有限有限インパルス応答(FIR)デジタル・フィルタの使用時に、108.5 dB のダイナミック・レンジに達し、±1.1 ppm 積分非直線性(INL)、±30µ V オフセット誤差、および ±30 ppm ゲイン誤差を備えた110.8 kHz 入力帯域幅(BW)を提供します。

sinc5 フィルタを使用すると最大 500 kHz ナイキスト(204 kHz の −3 dB ポイントをフィルタ)のより広い帯域幅が使用可能で、広い範囲を一目で把握できます。

AD7768-1 では、出力データ・レート(ODR)および消費電力に対して、入力帯域幅を柔軟に設定し、最適化できます。AD7768-1 の柔軟性によって常に変化する入力信号のダイナミック分析が可能となるため、デバイスは汎用の DAQ システムで特に役立ちます。3 つの使用可能な電源モードのいずれかを選択することで、設計者は、消費電力を最小限に抑えながら、必要なノイズ目標値を達成することができます。AD7768-1 の設計は、低消費電力 DC モジュールと高性能な AC 測定モジュールの再利用可能で柔軟なプットフォームになる点でユニークです。

AD7768-1 は、優れた電力効率で、DC 性能と AC 性能の最適なバランスを実現します。次の 3 つの動作モードによって、入力帯域幅と消費電力バジェットのどちらを優先するか決定できます。

  • 高速モードは、最大 256 kSPS で、帯域幅が 52.2 kHz、消費電力が 26.4 mW の sinc フィルタ、または最大 256 kSPS で、帯域幅が 110.8 kHz、消費電力が 36.8 mW の FIR フィルタの両方を提供します。
  • 中間モードは、最大 128 kSPS で、帯域幅が 55.4 kHz、消費電力が 19.7 mW の FIR フィルタを提供します。
  • 低消費電力モードは、最大 32 kSPS で、帯域幅が 13.85 kHz、消費電力が 6.75 mW の FIR フィルタを提供します。

AD7768-1 は、広範なシステム条件を満たす幅広いデジタル・フィルタ処理機能を備えています。フィルタ・オプションによって、周波数のタイトなゲイン誤差での周波数領域測定、線形位相応答条件(ブリック・ウォール・フィルタ)、制御ループ・アプリケーションで使用するための低遅延経路(sinc5 または sinc3)、50 Hz または 60 Hz のいずれかのライン周波数を除去するための sinc3 フィルタを設定する機能をもつ DC 入力の測定などの構成が可能になります。すべてのフィルタが、プログラマブルなデシメーションを提供します。

1.024 MHz sinc5 フィルタ経路は、低リップル FIR フィルタを使用して達成可能な ODR より高い ODR を求めるユーザーに対して用意されています。この経路は、量子化ノイズが制限されています。そのため、制御ループでの遅延を最小限にする必要がある顧客や、外部フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)またはデジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)にカスタム・デジタル・フィルタ処理を実装している顧客にとって最適です。

フィルタ・オプションは次のとおりです。

  • 低リップル FIR フィルタ、通過帯域リップルは ±0.005 dB 〜 102.4 kHz。
  • 低遅延 sinc5 フィルタ、制御ループの応答性を最大化するための最大 1.024 MHz のデータ・レート
  • 低遅延 sinc3 フィルタ、フル・プログラマブル、50Hz/60Hz 除去機能

AD7768-1 を使用すると、AD7768-1 内の埋め込みアナログ機能によって、アプリケーション範囲全体の設計負荷が大幅に削減されます。各アナログ入力のプリチャージ・バッファによって、競合する製品に比べ、入力アナログ電流が低減されるため、アナログ入力を駆動するための外付けアンプのタスクが簡素化されます。

リファレンスでのフル・バッファ入力により入力電流が削減されるため、外部リファレンス・デバイス、またはレシオメトリック計測で使用される任意のリファレンス検出抵抗シナリオでのバッファリングで、高インピーダンス入力を提供します。

このデバイスは、5.0 V の AVDD1 − AVSS 電源、2.0 V 〜 5.0 V の AVDD2 − AVSS 電源、および 1.8 V 〜 3.3 V の IOVDD − DGND 電源で動作します。

低消費電源モードでは、AVDD1、AVDD2、および IOVDD 電源は、3.3 V の単電源から駆動できます。

デバイスには、外部リファレンスが必要です。絶対入力リファレンス(REFIN)電圧範囲は、1 V 〜 AVDD1 − AVSSです。

仕様規定された温度範囲は、−40°C 〜 +125°C です。デバイスには 4 mm × 5 mm、28 ピン LFCSP が採用されています。

このデータシートでは、XTAL2/MCLK などの複数機能を持つピンは、全機能を表すピン名で表記するか、あるいは特定の機能のみが該当するところでは MCLK のようにピンの 1 つの機能で表記しています。

アプリケーション

  • 計測およびセンサー・タイプの上位セットに対応するためのプラットフォーム ADC
    • サウンドと振動、音響、および素材科学の研究開発
  • ループ検証における制御とハードウェア
  • 予防メンテナンスのための状態監視
  • 電子テストおよび計測
  • オーディオ・テストおよび電圧と電流の測定
  • 臨床的な脳波図(EEG)、筋電図(EMG)、および心電図(ECG)などのバイタル・サイン・モニタリング
  • USB、PXI、およびイーサネットベースのモジュラ DAQ
  • チャンネル間絶縁モジュラ DAQ 設計

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

参考資料

  • すべてを表示 (12)
  • データシート (1)
  • アプリケーション・ノート (1)
  • ユーザ・ガイド (1)
  • ビデオ (2)
  • プレス・リリース (1)
  • 技術記事 (6)
  • 技術記事

    ソフトウェア & システム

    デバイス・ドライバ

    ツール

    高精度ADC ドライバ・ツール

    高精度ADCドライバ・ツールは、高精度ADCとドライバを組み合わせたときの性能をシミュレートするWebアプリケーションです。ドライバの選択、キックバックのセトリング、歪みの潜在的な問題を明らかにし、設計のトレードオフを短時間で評価できます。システム・ノイズ、歪み、ADC入力のセトリングについてシミュレーションと計算ができます。

    Precision ADC Driver Tool

    IBIS Models

    設計ツール

    リファレンス・デザイン (3)

    おすすめ製品

    AD7768-1 互換製品

    推奨製品 Driver Amplifiers

    推奨製品 Current Source

    推奨製品 Low Dropout Regulators and Switchers

    推奨製品 Voltage References

    推奨製品 マルチ・チャンネル・コンバータ

    • Recommended Multichannel, Simultaneous Sampling ADCs: AD7768.

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    サンプル&購入

    オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明

     

     

     

    評価用ボード

    表示されている価格は、1個あたりの価格です。

    analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

    価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。