AD3552R
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

AD3552R

デュアル・チャンネル、16ビット、33MUPS、マルチスパン、マルチIO SPI DAC

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$37.45
機能
  • 16ビット分解能
  • 33MUPSシングル・チャンネル・レート(高速モード)
  • 22MUPSシングル・チャンネル・レート(高精度モード)
  • 65nsの小信号セトリング・タイム、0.1%の精度
  • 100nsの大信号セトリング・タイム、0.1%の精度
  • 非常に小さいグリッチ:<50pV×s
  • 超低遅延:5ns
  • THD:1kHz時に−105dB
  • 高度に設定可能な出力電圧のスパンとオフセット
  • 1.2V~1.8Vロジック・レベルに互換
  • シングル(標準)、デュアル、クワッドSPIモード
  • 複数のエラー検出器(アナログ領域とデジタル領域)
  • 2.5Vの内部電圧リファレンス、10ppm/°Cの温度係数(最大値)
  • 5 mm × 5 mm LFCSP
製品概要
show more Icon

AD3552Rは、低ドリフト、超高速、16ビットの精度の電流出力D/Aコンバータ(DAC)で、複数の電圧スパン範囲で設定できます。AD3552Rは2.5Vの固定リファレンスで動作します。

各DACには3つのドリフトが組み込まれており、出力電圧をスケールする、必要な外付けトランスインピーダンス・アンプ(TIA)の帰還抵抗を補償します。オフセットおよびゲイン・スケーリング・レジスタにより、0V~2.5V、0V~5V、0V~10V、−5V~+5V、−10V~+10Vなど、複数の出力スパン範囲、およびカスタム中間範囲をフル16ビット分解能で生成できます。

このDACを高速モードで動作させると最大速度が得られ、高精度モードで動作させると最大精度が得られます。

シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)は、シングル・データ・レート(SDR)またはダブル・データ・レート(DDR)で、1.2V~1.8Vのロジック・レベルにわたり、クワッドSPIモード、デュアル同期SPIモード、デュアルSPIモード、シングルSPI(標準SPI)モードで設定できます。

AD3552Rは、拡張工業用温度範囲(–40ºC~+105°C)で仕様規定されています。

アプリケーション

  • 計測器
  • ハードウェア・イン・ザ・ループ
  • プロセス制御機器
  • 医療機器
  • ATE(自動試験装置)
  • データ・アクイジション・システム
  • プログラマブルな電圧源
  • 光通信

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$37.45

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD3552RBCPZ16
  • HTML
  • HTML
AD3552RBCPZ16-RL7
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

必要なソフトウェア/ドライバが見つかりませんか?

ドライバ/ソフトウェアをリクエスト
評価用キット

評価用キット 2

reference details image

AD-PAARRAY3552R-SL

RF Front-end GaN Power Amplifier Biasing, Protection, and Control Reference Design

zoom

AD-PAARRAY3552R-SL

RF Front-end GaN Power Amplifier Biasing, Protection, and Control Reference Design

RF Front-end GaN Power Amplifier Biasing, Protection, and Control Reference Design

機能と利点

  • Designed to cover full Tx signal chains with integrated MCU and user-friendly GUI for faster and easier integration
  • Supports fault event protection - overvoltage (OV), overcurrent (OC), and overtemperature (OT)
  • Supports ultrafast sub-µs GaN gate voltage switching ~ (<1 µs)
  • Supports ultrafast (<10 µs) fault event protection from detection up to GaN gate pinch-off
  • Wide range of gate bias voltages from -10 V to +10 V
  • Configurable power-up and power-down sequence

製品の詳細

The AD-PAARRAY3552R-SL reference design provides control, protection, and proper biasing sequence for GaN power amplifier (PA) arrays. The design incorporates the AD3553R high-speed, dual-channel, 16-bit DAC to support the ultrafast sub-µs voltage settling time of GaN gates.

Key fault events, including overvoltage, overcurrent, and overtemperature, are effectively managed by the LTC7000, a static switch driver responsible for system fault protection.

The on-board MAX32666 ultralow-power ARM® Cortex®-M4 microprocessor provides essential debug and programming features for a comprehensive software development experience with the system. The system's firmware is built on ADI's open-source no-OS framework and includes a user-friendly graphical interface (GUI) for evaluation. Updates are easily applied through an SWD UART bootloader, streamlining prototyping.

The system can be powered by an external +48 V supply, requiring high current capabilities.

APPLICATIONS

  • 5G massive MIMOs
  • Macro base stations
Specifications
Fault Events
Fault Default Limit
Overvoltage +55 V
Overcurrent 3.5 A
Overtemperature 75°C
Output Ports
Port Name No. of ports
GaN gate ports 6
+48 V Gan drain ports 4
+5 V ports 5
Enable ports 2
Power Supply
External +48 V DC at 5 A
Operating Conditions
Temperature Range 45°C to +75°C
reference details image

EVAL-AD3552R

低ドリフト、超高速、16ビットの精度の電流出力D/Aコンバータ(DAC)であるAD3552R-16の評価用ボード

zoom

EVAL-AD3552R

低ドリフト、超高速、16ビットの精度の電流出力D/Aコンバータ(DAC)であるAD3552R-16の評価用ボード

低ドリフト、超高速、16ビットの精度の電流出力D/Aコンバータ(DAC)であるAD3552R-16の評価用ボード

機能と利点

  • AD3552R用のフル機能評価用ボード
  • 2つのトランスインピーダンス・アンプ・オプションを利用可能
  • 選択可能なトランスインピーダンス・ゲイン
  • 内蔵または外付けの電源
  • 内蔵または外付けの電圧リファレンス
  • 外部同期用のクロックおよびトリガ入力
  • コントローラ・ボードSDP-H1に接続

製品の詳細

EVAL-AD3552RFMCxZは、超高速、16ビットの精度のDACであるAD3552Rの評価用ボードです。ボードには2つの種類があります。高速用のEVAL-AD3552RFMC1Zと高精度用のEVALAD3552RFMC2Zがあり、トランスインピーダンス・アンプと対応する帰還コンデンサのみが異なります。

ボードでは、DACのすべての出力範囲、波形生成、電源とリファレンスのオプションをテストできます。

EVAL-AD3552RFMCxZは、システム・デモンストレーション・プラットフォーム(SDP-H1ボード)を介してPCのUSBポートにインターフェースします。ポジションP5でピン・ヘッダー・コネクタを使用して異なるコントローラ・ボードにも接続できます。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 2

Figure 1. Simplified Block Diagram

高精度低遅延開発キット

zoomopens a dialog

CN0584

高精度低遅延開発キット

CN0584

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
高精度低遅延開発キット

機能と利点

  • 電圧レンジを設定可能な4つのアナログ入力チャンネル
  • 電圧レンジを設定可能な4つのアナログ出力チャンネル
  • ADC測定からDACがセトリングするまでの遅延:250ns
  • RxパスまたはTxパスのアナログ・フロント・エンドの基板モデリングおよびシミュレーションはMATLABおよびPythonに対応
  • 電源接続およびデジタル接続はすべてインターフェース・コネクタを介して実現
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

20.98 M

Figure 1. CN0585 Simplified Block Diagram

Quad Channel, Low Latency, Data Acquisition and Signal Generation Module

zoomopens a dialog

CN0585

Quad Channel, Low Latency, Data Acquisition and Signal Generation Module

CN0585

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
Quad Channel, Low Latency, Data Acquisition and Signal Generation Module

機能と利点

  • 4 Analog Input Channels with Configurable Voltage Ranges
  • 4 Analog Output Channels with Configurable Voltage Ranges
  • 200 ns Latency between ADC Measurement and DAC Settling
  • Analog Front End Interface Connector
  • Modeling and Simulation Compatible with MATLAB and Python
  • FMC Connector Interface to FPGA
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

32.13 M

最近閲覧した製品