ADAR1000
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADAR1000

8 GHz ~ 16 GHz、4チャンネル、 X 帯および Ku 帯ビームフォーマー

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • 周波数範囲: 8 GHz ~ 16 GHz
  • 半二重(送信モードと受信モード)
  • 単一ピンによる送受信制御
  • 位相調整範囲: 360°
  • 位相分解能: 2.8°
  • ゲイン調整範囲: ≥31 dB
  • ゲイン分解能: ≤0.5 dB
  • 外付け送受信モジュールのバイアスと制御
  • 121 個のビーム位置を格納するメモリ
  • 4 個のパワー・ディテクタ(−20 dBm ~ +10 dBm)
  • 温度センサー内蔵
  • パワー・ディテクタおよび温度センサー用 8ビット ADC 内蔵
  • プログラマブル・バイアス・モード
  • 4 線式 SPI インターフェース
製品概要
show more Icon

ADAR1000 は、フェーズド・アレイ向け 4 チャンネル X および Ku 周波数帯域ビームフォーミング・コア・チップです。 このデバイスは、受信モードと送信モードを切り替えて半二重で動作します。 受信モードでは、入力信号は 4 つの受信チャンネルを通過して共通 RF_IO ピンに接続します。 送信モードでは、RF_IO 入力信号は分割され、4 つの送信チャンネルを通過します。 いずれのモードでも、ADAR1000 は無線周波数(RF)パスにおいて ≥31 dB のゲイン調整範囲、360° のフルの位相調整範囲を確保し、6ビット分解能(それぞれ ≤0.5 dB 未満、2.8° 未満)以上の性能を提供します。

すべてのオンチップ・レジスタは、シンプルな 4 線式シリアル・ポート・インターフェース(SPI)によって制御されます。 また、2 つのアドレス・ピンを通じて、同じシリアル・ライン上で最大 4 つのデバイスを SPI 制御できます。 その他にも、専用の送信ロード・ピンと受信ロード・ピンにより、すべてのコア・チップを同一アレイ上で同期でき、単一ピンで送信モードと受信モードの迅速なスイッチングを制御します。

ADAR1000 は、コンパクトな 88 端子、7 mm × 7 mm の LGA パッケージで提供され、−40 °C ~ +85 °C が仕様規定されています。

アプリケーション

  • フェーズド・アレイ・レーダー
  • 衛星通信システム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADAR1000ACCZN
  • HTML
  • HTML
ADAR1000ACCZN-R7
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 3

reference details image

EVAL-ADAR1000

ADAR1000 評価用ボード

zoom

EVAL-ADAR1000

ADAR1000 評価用ボード

ADAR1000 評価用ボード

機能と利点

  • ADAR1000 の 4 チャンネルのビームフォーマー・コア・チップを想定
  • SPI によって制御可能
  • 複数のデジタル・インターフェース形式(3.3 V および 1.8 V ロジック)
  • オンボードのロジック・レベル変換器、電源用に 1.8 V 低ドロップアウト・レギュレータ
  • USB を介して Windowsベースの PC から ソフトウェアを制御

製品の詳細

ADAR1000-EVALZ 評価用ボードは、X バンドおよび Ku バンド対応、レーダー・システム向け 4チャンネル・ビームフォーミング・コア・チップである ADAR1000 の性能を評価するために設定されています。 無線周波数(RF)の入出力チャンネルと検出器の入力はすべて、Subminiature Version A(SMA)コネクタに送られます。 オンボードのロジック・レベル変換器が、3.3 V で稼働する外部コントローラに接続する際に、オンチップの1.8 V ロジック信号を 3.3 V に変換します。2つの同一 20 ピン 2 列直角ヘッダーからのデジタル・インターフェイス信号を通じて、最大 4 個の ADAR1000-EVALZ 評価用ボードをデイジーチェーン接続できます。 24 ピンコネクタによる制御とバイアス出力を通じて、4 個の外部送受信(T/R)モジュールと各 ADAR1000-EVALZ 評価用ボードを接続できます。

ADAR1000-EVALZ 評価用ボードは、アナログ・デバイセズのシステム・デモンストレーション・プラットフォーム(SDP) SDP-S または SDP-B ボード(別売)と合わせて使用できます。そうすることで、USB を介して Microsoft Windows® ベースの PC に接続し、ADAR1000 デバイスのあらゆる機能を制御できるようになります。

ADAR1000 のその他の詳細については、ADAR1000 のデータシートを参照してください。この評価用ボードを使用する際は、データシートと併せてこのユーザー・ガイドを参照してください。

reference details image

X-Band Phased Array Platform

スケーラブルな32素子のハイブリッド・ビームフォーミング・フェーズド・アレイ・レーダー開発プラットフォーム

zoom

X-Band Phased Array Platform

スケーラブルな32素子のハイブリッド・ビームフォーミング・フェーズド・アレイ・レーダー開発プラットフォーム

スケーラブルな32素子のハイブリッド・ビームフォーミング・フェーズド・アレイ・レーダー開発プラットフォーム

機能と利点

Stingray X/Kuフェーズド・アレイ・プロトタイピング・ボード
  • 32チャンネル・アナログ・フェーズド・アレイ・プロトタイピング・プラットフォーム
  • ADAR1000アナログ・フェーズド・アレイ・ビームフォーミングIC × 8個
  • ADTR送受信IC × 32個
  • EF入力RF出力設計
  • 各BFICに個別のRFIO
  • 10GHzの格子間隔
  • キャリブレーション用のスタンドアロンRFディテクタ/ADCコンボ
  • プログラミング用のPMODおよびSDPコネクタ
  • 12V単電源アダプタ(付属)からのオンボード電源レギュレーション

XUD1A X/Cバンド昇降圧コンバータ
  • Xバンド(RF)~Cバンド(IF)の昇降圧コンバータ
  • SMAを介した4 TX/RX RF入出力
  • SMPMを介した4 TX IF入力
  • SMPMを介した4 RX IF出力
  • 外部LOまたは内部PLLオプション
  • プログラミング用PMODコネクタ
  • プログラミング用にSDPコネクタとFMCコネクタを使用できるようにするPMOD経由のインターポーザ・ボード
  • 12V単電源アダプタ(付属)からのオンボード電源レギュレーション

MxFE評価用ボード
  • Xilinx ZCU102評価用ボード(製品には含まれていません)と接続
  • RFレシーバー(Rx)チャンネル × 4(デジタルRxチャンネル × 8)
    • 合計4個の12ビット4GSPS ADC
    • デジタル降圧コンバータ(DDC)× 8個、それぞれが複素数値制御発振器(NCO)を内蔵
    • プログラマブル有限インパルス応答フィルタ(pFIR)× 8
  • RF送信(Tx)チャンネル × 4(デジタルTxチャンネル × 8)
    • 合計4個の16ビット12GSPS DAC
    • デジタル昇圧コンバータ(DUC)× 8個、それぞれが複素数値制御発振器(NCO)を内蔵
  • 柔軟なクロック分配
    • 単一の外部500MHzリファレンスからオンボード・クロックを分配
    • 外部コンバータ・クロックのサポート
  • FMCコネクタを介してZCU102評価用ボードから電源を供給するオンボード電源レギュレーション

ソフトウェアの機能と利点
ソフトウェア・フレームワーク開発を容易にする、使いやすい制御ツールとプラットフォーム・インターフェース
  • MATLABシステム・アプリケーションGUI
  • JESD204b/JESD204cのボード確認を含むサンプルHDLビルド
  • Linuxやデバイス・ドライバなどのエンベデッド・ソフトウェア・ソリューション

プロタイピング時間を短縮するADEFアプリケーション用のソフトウェア・リファレンス例:
  • ハイブリッド・ビームステアリング機能
  • システム位相のキャリブレーション

製品の詳細

Xバンド開発プラットフォームには、1 MxFE®ソフトウェア定義直接RFサンプリング・トランシーバ、Xバンド/Cバンド昇降圧コンバータ、およびX/Kuバンドのアナログ・フェーズド・アレイ・プロトタイピング・プラットフォームが含まれています。ターゲット・アプリケーションには、フェーズド・アレイ・レーダー、電子戦、SATCOM地上局などがありますが、特記すべき例としてはXバンドの送受信チャンネルを32個ずつ持つハイブリッド・ビームフォーミング・フェーズド・アレイ・レーダーがあります。

このXバンド開発プラットフォームの特長は、フル機能のシステム・ソリューションであるという点です。これは、ハイブリッド・ビームフォーミング・フェーズド・アレイ・レーダーの実証を行うテストベッドとして使用することを意図したもので、システム・レベルのキャリブレーションを行ったり、ビームフォーミング・アルゴリズムやその他の信号処理アルゴリズムを実装すしたりるために使用することもできます。このシステムは、付属のリファレンス・ソフトウェア、HDLコード、およびMATLABシステムレベル・インターフェース・ソフトウェアを使用して、Zynq® UltraScale+ MPSoC FPGAを使用するXilinx®のZCU102評価用ボードと接続できるように設計されています。

このシステムは、以下のようなアプリケーションの開発プログラムを短縮して、迅速な製品市場投入を実現するために使用できます。

  • ADEF(フェーズド・アレイ、レーダー、EW、SATCOM)
  • ハイブリッド・ビームフォーミング
  • 電子テストおよび計測
reference details image

AD-FMCXMWBR1-EBZ

FMC X-Microwave対応のレベル変換器および電源キット

zoom

AD-FMCXMWBR1-EBZ

FMC X-Microwave対応のレベル変換器および電源キット

FMC X-Microwave対応のレベル変換器および電源キット

機能と利点

  • FMC対応のフォーム・ファクタ
  • FMCコネクタから給電、外部電源も使用可能
  • レベル変換と各種電源電圧を提供
  • RaspberryPi X-MWコントローラに適合 

製品の詳細

AD-FMCXMWBR1-EBZは、FMC対応のフォーム・ファクタを備えたレベル変換器および電源ボードです。FMCコネクタから給電され、外部電源を追加することができるため、大きい負荷電流が必要なアプリケーションにも適しています。この場合は、外部電源が優先されます。

AD-FMCXMWBR1-EBZによって、コントローラ/FPGAデバイスとX-MWブロックとの間に、レベル変換を行った複数のデジタル・コミュニケーション・パスが可能となります。モジュールは、高い電流出力能力を持つ複数の電源電圧を提供します。それらを使用して、プロトタイプ設計内のX-MWブロックやその他のICにバイアスをかけることができます。

アプリケーション

  • RFおよびマイクロ波の設計
  • 電圧レベル変換
  • 汎用ソフトウェア無線
  • レーダー・システム
  • ポイントtoポイント通信システム
  • 多重入力/多重出力(MIMO)無線
  • ATE(自動試験装置)
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

Figure 1. CN0566 Simplified Block Diagram

フェーズド・アレイ開発プラットフォーム 開発入門ワークショップ開催中

zoomopens a dialog

CN0566

フェーズド・アレイ開発プラットフォーム 開発入門ワークショップ開催中

CN0566

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
フェーズド・アレイ開発プラットフォーム 開発入門ワークショップ開催中

機能と利点

  • 10GHz~10.5GHzのビームステアリング・プラットフォーム
  • 360ºの位相シフト(2.8ºの分解能)
  • 31dBの振幅調整範囲(0.5dBの分解能)
  • 8エレメントのリニア・アレイ・アンテナ
  • PlutoSDRによるデジタル処理
  • Raspberry Pi上で直接実行
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

15.27 M

最近閲覧した製品