AD7134
: 新規設計には非推奨
searchIcon
cartIcon

AD7134

24ビット、4チャンネル同時サンプリング 1.5MSPS高精度エイリアス・フリー ADC

すべて表示 showmore-icon

: 新規設計には非推奨 tooltip
: 新規設計には非推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • エイリアス・フリー高性能モードで典型的な 102.5 dB の固有のアンチエイリアス除去
  • 優れたACおよびDC性能
    • ODR=374kSPSで108dBダイナミック・レンジ、FIR フィルタ(代表値)
    • ODR=10SPSで137dB ダイナミック・レンジ、sinc3フィルタ(代表値)
    • THD:1kHz入力トーンで−120dB(代表値)
    • オフセット誤差ドリフト:0.7µV/°C(代表値)
    • ゲイン・ドリフト:2ppm/°C(代表値)
    • INL:FSRの±2 ppm(代表値)
  • ダイナミック・レンジの拡張:4:1 と 2:1 の平均化モード
    • 126dB、広いダイナミック・レンジ
  • 抵抗 ADC とリファレンス入力
  • 同期しやすさ:非同期サンプル・レート・コンバータ
    • 1つの同期信号ラインによるマルチデバイスの同期化
    • プログラマブル・データ・レートは 0.01kSPS~1496kSPS、分解能は 0.01SPS
    • 外部信号によって出力データ・レートを制御するオプション
  • リニア位相デジタル・フィルタ・オプション
    • 低リップルFIRフィルタ:32 µdB の通過帯域リップル(DC~161.942kHz)
    • 低遅延の sinc3 フィルタおよび sinc6 フィルタ(DC~391.5kHz)
    • Sinc3フィルタ、50Hz/60Hzの除去
  • クロストーク:130.7dBFS
  • デイジーチェーン接続
  • データと SPI インターフェースでの CRC エラー・チェック
  • 2つの消費電力モード:高性能モードと低消費電力モード
  • 電源:4.5V~5.5 V および 1.65V ~ 1.95V
  • 1.8 V IOVDD レベル
  • 外部リファレンス:4.096V または 5V
  • 48 MHz の水晶発振器または外部CMOSクロック
  • SPI またはピン(独立)設定可能動作
  • 動作温度範囲:0°C~85°C
  • 56ピン 8mm × 8mm のLFCSP(露出パッド付き)
製品概要
show more Icon

AD7134は、機能、性能、使いやすさを提供するクワッド・チャンネル、低ノイズ、同時サンプリング、高精度のA/Dコンバータ(ADC)です。

AD7134は、連続時間シグマ-デルタ(CTSD)変調方式に基づき、従来Σ-Δ変調器の前に必要だったスイッチド・キャパシタ回路サンプリングをなくし、ADC入力駆動条件を緩和します。また、CTSDアーキテクチャは、基本的にADCエイリアシング周波数帯域周辺の信号を拒否し、デバイスに固有のアンチエイリアシング機能を提供して、複雑な外部アンチエイリアシング・フィルタの必要性をなくします。

AD7134は、4つの独立した並列コンバータ・チャンネルを備え、それぞれがCTSD変調器とデジタル・デシメーションおよびフィルタリング・パスを備えています。AD7134 では、4つの個別の信号ソースの同時サンプリングを行え、それそれが 391.5kHz の最大入力帯域幅をサポートし、位相整合を使った、これら4つの信号測定の間の厳格な位相整合が達せられます。高レベルのチャンネル統合と、簡素化されたアナログ・フロントエンド条件により、AD7134は、小さいフォームファクタの高密度マルチチャンネル・データ・アクイジション・ソリューションを提供します。

また、通常はアナログ・フロント・エンド回路によって導入されるノイズ、エラー、不一致、歪みを低減することにより、AD7134のシグナル・チェーンの簡素化特性はシステム・レベルの性能も向上させます。

AD7134は優れたDCおよびAC性能を提供します。各ADCチャンネルの帯域幅はDC~391.5kHzであり、デバイスは、温度や圧力から振動や衝撃までの幅広いセンサー・タイプをサポートする汎用の高精度データ・アクイジション・ソリューションとして理想的となります。

AD7134では多くの機能と設定オプションを利用でき、特定のアプリケーションのための帯域幅、ノイズ、精度、電力の最適なバランスを達成する柔軟性を提供します。

AD7134は、内蔵の非同期サンプル・レート・コンバータ(ASRC)により、インターポレーションとリサンプリング技術を使って、デシメーション・レシオと出力データ・レート(ODR)を正確に制御できます。AD7134 は、0.01kSPS ~ 1496kSPS まで広いレンジの ODR 周波数をサポートし、調整分解能は 0.01 SPS 未満であるため、お客様はサンプリング速度を高い精細度で変化させて首尾一貫したサンプリングを達成することができます。ODR値は、ODR_VAL_INT_x および ODR_VAL_FLT_xレジスタ(レジスタ 0x16~レジスタ 0x1C、ASRCマスター・モード)または外部クロック源(ASRCスレーブ・モード)を使用して、制御できます。ASRCスレーブ・モード動作により、複数のAD7134デバイスと単一システム・クロック間の同期サンプリングを行うことができます。ASRCは、デジタル・バック・エンドから各ADCにルーティングされる、高周波数、低ジッタのマスタ・クロックを必要としないため、中帯域幅のデータ・アクイジション・システム内のクロック分配条件を簡素化します。

ASRCはデジタル・フィルタとして機能し、より​高い精度を得るために、オーバーサンプリングされた Σ-Δ 変調器からのデータを低いレートにデシメートします。次に、ADCデータはユーザーが選択可能なAD7134のデジタル・フィルタ・プロファイルのいずれかによって更に処理され、帯域外信号とノイズを更に除去し、最終的に必要なODR値にデータ・レートを低減します。

AD7134には、3つの主なデジタル・フィルタ・プロファイルのオプションがあります。広帯域低リップル・フィルタは、ブリック・ウォール周波数プロファイルと、2.5kSPS~374kSPSのODR範囲を備え、周波数領域分析に適しています。高速応答のsinc3フィルタは、0.01kSPS~1496kSPSのODR範囲を備え、低遅延の時間領域分析および低周波数、高ダイナミック・レンジの入力タイプに適しています。バランスのとれたsinc6フィルタは、2.5kSPS~1.496MSPSのODR範囲を備え、最適なノイズ性能と応答時間を提供します。

AD7134 はまた、オンボードで、その入力チャンネルの2つまたは4つから平均を作成することができます。その結果、帯域幅を維持しながら、2つのチャンネルが接続されているときは、ほぼ 3dB、4つ全てのチャンネルが接続されているときは 6dB のダイナミック・レンジの改善が得られます。

AD7134は、2つのデバイス構成スキームをサポートします。シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)およびハードウェア・ピン配置(ピン・コントロール・モード)です。SPI コントロール・モードでは、AD7134で利用可能なすべての機能と構成オプションにアクセスできます。SPI コントロール・モードでは、堅牢なシステム設計を可能にするように設計された、オンボード診断機能にもアクセスできます。ピン・コントロール・モードは、デバイス構成を簡素化するメリットを提供し、デバイスは起動後にスタンドアロン・モードで自律的に動作できます。

AD7134は、オプションのSPIに加えて、ADC出力データの送信のための、柔軟で独立したデータ・インターフェースを備えています。データ・インターフェースは、バス・マスタまたはスレーブとして機能し、様々なクロック・オプションを備え、複数の通信バス・プロトコルをサポートします。また、データ・インターフェースは、デイジーチェーンおよびオプションの最小入出力(I/O)モードもサポートします。最小入出力モードは、分離アプリケーションで必要なデジタル・アイソレータ・チャンネルの数を最小限に抑えるように設計されています。

AD7134 の動作周囲温度範囲は、0°C ~ 85°C です。デバイスは、56 ピン、8 mm × 8 mm のリード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ(LFCSP)で提供されます。

このデータシートでは、FORMAT1/SCLKなどの多機能ピンについてはすべてのピン名を表記しますが、特定の機能のみが該当するような説明箇所では、SCLKのように1つのピン機能だけを表記しています。

アプリケーション

  • 電気テストおよび計測
  • オーディオテスト
  • 3相電力の品質解析
  • ループ検証における制御とハードウェア
  • ソナー
  • 予防メンテナンスのための状態監視
  • 音響および素材科学の研究開発

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

必要なソフトウェア/ドライバが見つかりませんか?

ドライバ/ソフトウェアをリクエスト
評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-AD7134FMCZ

AD7134 評価用ボード

zoom

EVAL-AD7134FMCZ

AD7134 評価用ボード

AD7134 評価用ボード

機能と利点

  • AD7134 用のフル機能評価用ボード
  • SDP-H1 ボードと組み合わせて PC 制御
  • PCソフトウェア制御およびデータ分析
  • スタンドアロン・ハードウェア機能
  • マルチデバイスの同期サンプリングを表示する 2つの AD7134 ADC

製品の詳細

EVAL-AD7134FMCZ 評価用キットは、24ビット、4 チャンネル、同時サンプリング、1.5 MSPS 高精度エイリアス・フリーのA/Dコンバータ(ADC)である AD7134 を搭載しています。マルチデバイスの同期サンプリングを表示するために、2つのオンボード AD7134 ADC が含まれています。EVAL-AD7134FMCZ は電力をシステム・デモンストレーション・プラットフォーム (SDP) EVAL-SDP-CH1Z (SDP-H1) ボードから得、オンボード DC/DC レギュレータが、8V ~ 14Vの外部電源を5V、1.8V および 1.2V に調整し、AD7134 とペリフェラル・コンポーネントに供給します。両方のオンボード ADC は、オンボード ADR444 によって生成された4.096V の別のリファレンスを備えています。ADC は、3つのクロック入力オプションを備え、外部水晶発振器入力、マイクロマシン(MEMS)発振器、または相補型金属酸化膜半導体(CMOS)クロックによってクロックすることができます。

EVAL-AD7134FMCZ は、SDP-H1 ボードを介してPCのUSBポートに接続します。

PC 上で動作する AD7134 評価ソフトウェアにより、AD7134 デバイス・レジスタ・マップや、データ分析インターフェースに完全にアクセスでき、時間や周波数の両方の領域の変換結果から重要なパラメータや図を表示できます。

AD7134の詳細については、AD7134のデータシートを参照してください。AD7134FMCZを使用する際は、データシートと併せてこのユーザ・ガイドを参照してください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 4

最近閲覧した製品