AD9166
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

AD9166

DC~9GHz、ベクトル信号発生器 

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$507.18
機能
  • DC結合、50Ωに整合した出力
  • 最大4.3dBmの出力電力、9GHzで−9.5dBm
  • DACコア更新レート:2 × NRZモード時で12.0GSPS(最小)
  • 広いアナログ帯域幅
    • 2 × NRZモード時でDC~9.0GHz(12.0GSPS DAC更新レート)
    • Mix-Mode時で1.0GHz~8.0GHz(6.0GSPS DAC更新レート)
    • NRZモード時でDC~4.5GHz(6.0GSPS DAC更新レート)
  • 2 × NRZモード時で4.88Wの消費電力(10GSPS DAC更新レート)
  • バイパス可能なデータパス・インターポレーション
    • 2×, 3×, 4×, 6×, 8×, 12×, 16×, 24×
  • 瞬時(複素)信号帯域幅
    • 5GHz(2 × インターポレーション)で2.25GHzのデバイス・クロック
    • 6GHz(3 × インターポレーション)で1.8GHzのデバイス・クロック
  • 高速周波数ホッピング
  • 内蔵biCMOSバッファ・アンプ
製品概要
show more Icon

AD91661は高性能な広帯域の内蔵ベクトル信号発生器で、高速JESD204Bシリアライザ/デシリアライザ(SERDES)インターフェース、フレキシブル16ビット・デジタル・データパス、同相/直交位相(I/Q)D/Aコンバータ(DAC)コア、および最大10GHzの50Ω負荷に整合された、内蔵の差動シングルエンド出力バッファ・アンプで構成されています。

DACコアはクワッド・スイッチ・アーキテクチャをベースとしており、設定により、実効DACコア更新レートを6.4GHz DAC入力サンプリング・クロックから、通常、最大9.0GHzの差動入力の+側のDCのアナログ出力帯域幅で、12.8GSPSまで上げることができます。デジタル・データパスには、複数のインターポレーション・フィルタ段、高速周波数ホッピング(FFH)をサポートする複数の数値制御発振器(NCO)を備えたダイレクト・デジタル・シンセサイザ(DDS)ブロック、フレキシブルなスペクトル・プランニングを可能にする追加のFIR85および反転sincフィルタ段が含まれています。

差動シングルエンド・バッファによって、広帯域バランが不要になり、DACコアのすべてのアナログ出力帯域幅をサポートします。出力のDCカップリングにより、外付けバイアス・ティーや同様の回路なしで、ベースバンド波形生成が可能です。そのため、AD9166は最も要求の厳しい超広帯域無線周波数(RF)送信アプリケーションに適した、またとない製品です。

様々なフィルタ段により、高いDACクロック速度を維持しながら、AD9166を低データ・レートに設定できるため、フィルタリング条件を緩和し、システム全体の小型軽量化や低消費電力を実現できます。

データ・インターフェース・レシーバーは8本のJESD204B SERDESレーンで構成されており、各レーンは最大12.5Gbpsで伝送できます。最大限の柔軟性を実現するために、レシーバーはJESD204Bトランスミッタが必要とするデータ・レート、SERDESレーンの数、レーン・マッピングに応じてフル設定が可能です。

2 × ノンリターン・ゼロ(NRZ)動作モードの場合(FIR85を有効にした場合)、差動入力の+側のDCから第3のナイキスト・ゾーンのエッジまでのRFキャリアや、最大9GHzの差動入力の+側のDCのアナログ帯域幅をAD9166に再構成できます。

Mix-Modeの場合、消費電力を低減し、2 × NRZモードに匹敵する性能を維持しながら、第2、第3のナイキスト・ゾーンのRFキャリアをAD9166に再構成できます。

リターン・ゼロ(RZ)や1 × NRZなどのベースバンド・モードの場合、AD9166は、2 × NRZモードに匹敵する低消費電力で、差動入力の+側のDCから第1のナイキスト・ゾーンのエッジまでのRFキャリアを再構成するのに最適です。

直交DDSブロックはデジタル・アップコンバータとして設定でき、I/Qデータ・サンプルを3つすべてのナイキスト・ゾーンで、スペクトラム全体の希望の位置にアップコンバートできます。

DDSは32個の数値制御発振器(NCO)で構成されてもおり、各発振器は固有の32ビット位相アキュムレータを持っています。DDSを100MHzシリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)と組み合わせると、最小300nsの位相セトリング・タイムの位相コヒーレントFFHが可能になります。

AD9166は一般的なSPIインターフェースを使用して設定でき、このインターフェースがすべてのレジスタの状態をモニタリングします。AD9166は324ボール、15mm × 15mm、0.8mmピッチのBGA_EDパッケージで提供されます。

製品のハイライト

  1. 高ダイナミック・レンジと信号再構成帯域幅により、最大9GHzのRF信号合成をサポートします。
  2. ゼロIFおよびその他のDCカップリング・アプリケーションを完全にサポートします。
  3. 最大8レーンのJESD204B SERDESインターフェースは、JESD204Bトランスミッタとインターフェースする際の柔軟性を実現する様々な機能を備えています。

アプリケーション

  • 計測機器:自動試験装置、電子テストおよび計測、任意波形発生器
  • 電子戦:レーダー、電波妨害装置
  • 広帯域通信システム
  • 局部発振器ドライバ

1米国特許6,842,132および7,796,971により保護されています。

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$507.18

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD9166BBPZ
  • HTML
  • HTML
AD9166BBPZRL
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

必要なソフトウェア/ドライバが見つかりませんか?

ドライバ/ソフトウェアをリクエスト
評価用キット

評価用キット 3

reference details image

ADS8-V1EBZ

ADS8-V1評価用ボード

zoom

ADS8-V1EBZ

ADS8-V1評価用ボード

ADS8-V1評価用ボード

機能と利点

  • Xilinx Kintex Ultrascale XCKU040-3FFVA1156E FPGA。
  • 1つのFMC+コネクタ。
  • 20個の16Gbpsトランシーバーを1つのFMC+コネクタでサポート。
  • DDR4 SDRAM。
  • シンプルなUSB 3.0ポート・インターフェース。

製品の詳細

指定のアナログ・デバイセズ高速ADC評価用ボードに接続すると、ADS8-V1はデータ・アクイジション・ボードとして機能します。最高速のJESD204B A/Dコンバータをサポートするように設計されたADS8-V1のFPGAは、データ・トランスミッタのADCに対してデータ・レシーバーとして動作します。

reference details image

ADS7-V2EBZ

FPGAベースのデータ・キャプチャ・キット

zoom

ADS7-V2EBZ

FPGAベースのデータ・キャプチャ・キット

FPGAベースのデータ・キャプチャ・キット

機能と利点

  • Virtex-7 FPGAに基づく
  • 1つのFMC-HPCコネクタ
  • 10個の13.1Gbpsトランシーバーをサポート
  • 2つのDDR3-1866 DIMM
  • シンプルなUSB ポート・インターフェース(2.0)



製品の詳細

ADS7-V2評価用ボードは、アナログ・デバイセズの高速A/Dコンバータ、D/Aコンバータ、およびビット・レートが最大13.1GbpsのJESD204Bに準拠したトランシーバーの評価をサポートするために開発されました。以下のQuick Start Wikiサイトに、プラットフォームの概要が記載されています。更に、ボードの各使用例に独自のセクションがあります(例:高速A/Dコンバータの評価にADS7-V2を使用)。ADS7-V2は、特定のアナログ・デバイセズの評価用ボードのみでの使用を意図しています。開発プラットフォームとしての使用は意図しておらず、スタンドアロン動作はサポートしていません。FPGA開発キットについては、Xilinx社および当社認定の販売代理店にお問い合わせください。
reference details image

EVAL-AD9166

AD9166、DC~9GHz、ベクトル信号発生器の評価用ボード

zoom

EVAL-AD9166

AD9166、DC~9GHz、ベクトル信号発生器の評価用ボード

AD9166、DC~9GHz、ベクトル信号発生器の評価用ボード

機能と利点

  • 1つの接続ポイントしか必要とせず、AD9166ベクトル信号発生器ICを簡単に評価
  • ADF4372を搭載したオンボード・クロッキングを内蔵
  • オンボード電源および電源シーケンサを内蔵

製品の詳細

ADS7-V2EBZパターン・ジェネレータに接続して、AD9166高速ベクトル信号発生器を迅速に評価できる評価用ボードです。ADS7-V2EBZは自動的に信号データをフォーマットし、JESD204Bリンクを介して評価用ボードに送信するので、デバイスの評価が簡単になります。評価用ボードの電力は、ADS7-V2EBZにより提供されるフィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)メザニン・カード(FMC)電源から供給されます。評価用ボードは、市販のXilinx®またはIntel®製フィールド・プログラマブル・ゲート・アレイ(FPGA)開発ボードにも接続することができます。

評価用ボードには、クロック・バッファHMC7044が含まれています。HMC7044は、ADS7-V2EBZにリファレンス・クロックを提供し、ADS7-V2EBZおよびAD9166に内蔵されたD/Aコンバータ(DAC)の両方にSYSREF±信号を提供します。オンボードADF4372は、DAC向けのサンプリング・クロックを発生します。

リファレンスおよびサンプリング・クロックは、オンボード・サブミニチュア・バージョンA(SMA)ポートを介して、外付けで接続することができます。SYSREF±については、FPGA開発キットなどの外部ソースからFMCコネクタを介してAD9166に接続することができます。

ユーザ・ガイドの図3には、様々なクロック設定が示されています。クロック経路は、評価用ボードの適正な場所に0Ω抵抗(ジャンパ)をハンダ処理し、ユーザ・ガイドの「オンボード・クロッキング」の項で説明されているようにADF4372およびHMC7044を設定することで選択できます。

AD9166の完全な仕様については、アナログ・デバイセズから入手可能なAD9166データシートを参照してください。評価用ボードを使用する際は、データシートと併せてユーザ・ガイドを参照してください。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 4

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

Figure 1. CN0511 Functional Block Diagram

出力電力が+/−0.5dBに補正されたDC~5.5GHzの信号発生器 ※Rev.0 を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0511

出力電力が+/−0.5dBに補正されたDC~5.5GHzの信号発生器 ※Rev.0 を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

CN0511

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
出力電力が+/−0.5dBに補正されたDC~5.5GHzの信号発生器 ※Rev.0 を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • DC~5.5GHzのシングル・トーン発生器
  • 0dBm~-40dBmの範囲で+/-0.5dBの広帯域振幅キャリブレーション
  • 48ビットの周波数チューニング分解能(~43uHz)
  • 内蔵VCXOによる高速起動
  • Raspberry Pi 3B+、4、Zero W、Zero 2Wと互換性あり
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

7.78 M

最近閲覧した製品