LTspice:オペアンプ回路の安定性

周知のとおり、帰還回路には発振という潜在的なリスクが存在します。もちろん、発振が生じた場合にうまく対処するための方策は既にいくつも考案されています。ただ、シミュレーションによって状況と原因を正確に把握できるのであればそれに越したことはありません。このビデオでは、「LTspice」のAC解析機能を使用し、オペアンプで構成した帰還回路のオープンループ・ゲインと位相をシミュレーションによって求める方法を説明します。具体的には、正しい動作点を維持しつつ、オペアンプ回路の帰還ループを開放することにより、オープンループにおける回路の伝達関数をグラフで表示して位相余裕を測定します。また、設計した回路の位相余裕を改善するためによく使われる方法をいくつか紹介します。