製品概要

機能と利点

  • STM32F469NIH6 Cortex-M4マイクロコントローラ
    • コア性能:最大180MHz
    • 内蔵ランダム・アクセス・メモリ(RAM):384kB
    • フラッシュ・メモリ:2MB
    • Synchronous Dynamic RAM(SDRAM):16MB
      • Micron MT48LC4M32B2B5-6A XIT:L
  • Arduino(アルドゥイーノ)Unoヘッダー
  • 120ピン、小型フットプリント・コネクタ
    • Hirose FX8-120P-SV1
  • 露出STM32F469NIH6プロセッサ・ペリフェラル:SPI、QSPI、I2C、GPIO、タイマー、UART
  • Arm Mbedコンパイラ対応

製品概要

このユーザ・ガイドでは、アナログ・デバイセズのEVAL-SDP-CK1Z(SDP-K1)コントローラ・ボードについて説明しており、PCへのUSB通信を開始できるようにSDP-K1ボードをセットアップする手順について説明しています。

SDP-K1コントローラ・ボードは、多くのアナログ・デバイセズの製品や実用回路集の評価システムの一部です。SDP-K1は、一連のコントローラ・ボード、インターポーザ・ボード、ドータ・ボードで構成されるシステム・デモンストレーション・プラットフォーム(SDP)の一部です。SDPコントローラ・ボードは、評価対象のシステムからPCへの通信手段を提供します。インターポーザ・ボードは、2つのコネクタ間で信号を伝送します。ドータ・ボードは、製品評価用ボードとCircuits from the Lab®(CFTL)実用回路集ボードのコレクションです。

SDP-K1は、USB 2.0高速接続を介してコンピュータへのUSB接続を実現することで、このプラットフォーム上でPCアプリケーションから部品を評価できます。SDP-K1は、STM32F469NIH6 Arm® Cortex®-M4マイクロコントローラをベースに、120ピンの小型フットプリント・コネクタとArduino®(アルドゥイーノ)Uno互換ヘッダーを介して、ドータ・ボードにペリフェラル通信ラインを提供します。

SDP-K1ユーザ・ガイドに、SDP-K1ハードウェアおよびソフトウェアをPCにインストールする手順を記載しています。必要なインストール・ファイルは、評価ドータ・ボード・パッケージに付属しています。設計の開始にあたってのセクションには、ソフトウェアとハードウェアのインストール手順、PCシステムで必要な条件、ボードの基本情報を記載しています。ハードウェアのセクションには、SDP-K1の部品についての情報を記載しています。

Package Contents

EVAL-SDP-CK1Zボード・パッケージには以下のものが含まれます。

  • EVAL-SDP-CK1Zボード
  • 1mの標準USB A/Mini-Bケーブル

内容物が不足している場合は、SDP-K1ボードを購入したベンダまたはアナログ・デバイセズまでお問い合わせください。

ソフトウェア

評価用ソフトウェア

SDP USB Driver Installer
Windows 7, 8.x and 10 USB Driver for SDP Controller Boards
SDP-K1 is Mbed enabled. Here is the official Mbed web page for SDP-K1
Contact mbed@analog.com for any questions related to Mbed support from Analog Devices

ハードウェア (9)

コントローラ・ボード

購入

PCサイトでは製品の購入が可能です。
価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。