MAX32670
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX32670

高信頼性、超低電力マイクロコントローラ、FPU内蔵Arm Cortex-M4プロセッサから駆動、産業およびIoT用

すべて表示 showmore-icon

DarwinジェネレーションUのMCUは電力と性能を真剣に考えるエンジニアに最適です

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.87
特長
  • 低電力、高信頼性機器用の高効率マイクロコントローラ
    • FPU内蔵Arm Cortex-M4コア:最大100MHz
    • フラッシュメモリ:384KB (エラー訂正対応)
    • SRAM:160KB (ECCイネーブル時は128KB、最低電力モードでの保持オプション)
    • 統合キャッシュ:16KB (ECC対応)
    • UARTブートローダ
    • デュアルまたは単一電源動作
      • 超低VCORE電源電圧:0.9~1.1V
      • 内部LDOによる単一電源動作:1.7V~3.6V
    • 広い動作温度:-40℃~+105℃
  • 柔軟なクロック方式
    • 内部高速100MHz発振器
    • 内部低電力7.3728MHzおよび超低電力80kHz発振器
    • 16MHz~32MHz発振器(外付け水晶が必要)
    • 32.768kHz発振器(外付け水晶が必要)
    • コア用の外部クロック入力
    • LPUARTおよびLPTMR用の外部クロック入力
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの稼働時間を最大化
    • アクティブ電流:44µA/MHz (0.9V時、最大12MHz)
    • アクティブ電流:50µA/MHz (1.1V時、最大100MHz)
    • バックアップモードでの全メモリ保持電力:2.6µA (VDD = 1.8V)
    • 超低電力RTC:350nA (VDD = 1.8V)
    • LPUARTまたはLPTMRからウェイク
  • 最適なペリフェラルミックスによってプラットフォーム拡張性を提供
    • 最大31の汎用入出力端子
    • 最大3つのSPIマスター/スレーブ(最大50MHz)
    • 最大3つの4線式UART
    • 1つの低電力UART (LPUART)
    • 最大3つのI2Cマスター/スレーブ:ハイスピード3.4Mbps
    • 8チャネル標準DMAコントローラ
    • 最大4つの32ビットタイマー(TMR)
    • 最大2つの低電力32ビットタイマー(LPTMR)
    • 2つのウィンドウウォッチドッグタイマ
    • デジタルオーディオインタフェース用の1つのI2Sスレーブ
  • セキュリティおよび完全性
    • セキュアブート利用可能
    • AES 128/192/256ハードウェアアクセラレーションエンジン
    • 32ビットCRCアクセラレーションエンジン
製品概要
show more Icon

Darwinファミリの中で、MAX32670/MAX32671は超低電力、高コスト効率、高信頼性32ビットマイクロコントローラで、バッテリ寿命を妥協することなく複雑なセンサー処理を行う設計を可能にします。これらのデバイスは、柔軟で汎用的なパワーマネージメントユニットと、浮動小数点ユニット(FPU)内蔵の強力なArm® Cortex®-M4プロセッサを組み合わせています。また、MAX32670/MAX32671は従来の設計に対して、8または16ビットマイクロコントローラからの容易かつ最適なコストでのアップグレード経路を提供します。

これらのデバイスは最大384KBのフラッシュおよび160KBのSRAMを内蔵し、アプリケーションおよびセンサーコードに対応します。1ビットエラー訂正および2ビットエラー検出(SEC-DED)が可能な誤り訂正符号(ECC)がフラッシュ、RAM、およびキャッシュ全体にわたって実装され、要求の厳しいアプリケーション用に超高信頼性のコード実行を確保します。完全に柔軟かつ個別のクロックを備えた2つのウィンドウウォッチドッグタイマなどの追加機能が追加され、信頼性の高い動作をさらに強化します。ブラウンアウト検出は、パワーダウン/パワーアップ発生時および予期せぬ電源過渡時に適切な動作を確保します。

3.4MHzのI2C、50MHzのSPI、および4MBdのUARTなどの複数の高速ペリフェラルが内蔵され、通信の帯域幅を最大化します。さらに、最低電力スリープモードでの動作用に低電力UARTが利用可能で、データの損失なしにウェイクアップのオン動作を容易に実現することができます。たとえ最低電力スリープモードでもパルスカウント、キャプチャ/比較、およびPWM生成を可能にするための2つの低電力タイマーを含む、入出力機能を備えた合計6つのタイマーが提供されます。この全機能を40ピンTQFN-EP (5mm × 5mm)の小型形状に実装しています。

アプリケーション

  • アルゴリズムコプロセッサ
  • バッテリ駆動医療機器
  • 産業用センサー
  • 光通信モジュール
  • セキュア無線モデムコントローラ
  • スマートセンサーコントローラ
  • システムハウスキーピングコントローラ

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$1.87

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX32670GTL+
  • HTML
  • HTML
MAX32670GTL+T
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

1 31, 2022

- 2235

DESIGN,ELECTRICAL DA

MAX32670GTL+

製造中

MAX32670GTL+T

製造中

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

1 31, 2022

- 2235

arrow down

DESIGN,ELECTRICAL DA

MAX32670GTL+

製造中

MAX32670GTL+T

製造中

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 5

reference details image

MAX32670-SX-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and SX1261 RF Transceiver

zoom

MAX32670-SX-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and SX1261 RF Transceiver

Long Range Wireless Radio Development Platform Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and SX1261 RF Transceiver

機能と利点

  • MCU:
    • Arm Cortex-M4 Core with FPU up to 100 MHz
    • 384 kB flash memory with error correction
    • 160 kB SRAM (128 kB with ECC enabled), optionally preserved in lowest power modes
    • Compatible RTC resolution for protocol timeout management
  • Security:
    • Available secure boot
    • Support cryptographic algorithms, including AES-128/192/256
  • Power
    • Ultralow power real time clock with integrated power switch
      • With 300 nA power consumption during sleep mode
  • Long Range Radio
    • Support FSK, GFSK, MSK, GMSK, and Long Range FHSS modulations
    • Power Output: +15 dBm transmit peak power
    • Programmable bit rate up to 62.5 kbps and 300 kbps
    • Support sub-GHz ISM bands from 800 MHz to 960 MHz
    • High sensitivity: down to -148 dBm

製品の詳細

The MAX32670-SX-ARDZ base board features the MAX32670 high-reliability, ultralow power microcontroller based on Arm Cortex®-M4 processor, and the SX1261 long range RF transceiver. The integrated RF transceiver supports a frequency range from 800 MHz up to 960 MHz, making it suitable for high-performance flexible platforms that wirelessly transmit encrypted data at long range; enabling a wide range of IoT applications using ADI sensing solutions.

Due to its low power consumption, this module is ideal for devices running on small-sized batteries. The on-board MAX32670 Arm Cortex®-M4 32-bit microcontroller provides the platform with complete capability to run entire RF stacks and user applications.

APPLICATIONS

  • Smart meters
  • Supply chain and logistics
  • Building automation
  • Agricultural sensors
  • Smart cities
  • Retail store sensors
  • Asset tracking
  • Streetlights
  • Parking sensors
  • Environmental sensors
  • Healthcare
  • Safety and security sensors
  • Remote control applications
reference details image

AD-MAX32LRWISE-SL

Long Range Wireless Radio Development Kit Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

zoom

AD-MAX32LRWISE-SL

Long Range Wireless Radio Development Kit Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

Long Range Wireless Radio Development Kit Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

機能と利点

  • Provides the user with a platform to evaluate the features and performance of the evaluation kit​
  • Allows the user to prototype and test their IoT applications before moving on to full-scale development​
  • Provides tools for analyzing the power consumption of the device, helping the user to optimize their applications for energy efficiency​
  • Includes development tools, libraries, and documentation to assist user in writing and debugging their code​
  • Helps the user analyze and study the different modulation schemes, data rates, and other parameters relevant to IoT communication​
  • Comes with user-friendly interfaces, documentation, and software tools that simplify the integration process which can save developers time and effort when incorporating the LR1110 into their IoT devices​

製品の詳細

The AD-MAX32LRWISE-SL development kit is a tool intended for designing solutions based on low-power, long range proprietary radio communication technique. This platform features the LR1110, an RF transceiver based on spread spectrum modulation techniques derived from chirp spread spectrum (CSS) technology, and supports a frequency range from 800 MHz to 960 MHz. This solution is also based on the MAX32670 ultralow power microcontroller based on ARM Cortex-M4 processor.​

The platform comes in an Arduino Uno form factor, with two PMOD connectors, and an ESP32 Dev Kit connector for easy-to-connect sensors and signal conditioning add-on modules. Complete with working software and hardware, as well as software examples, this kit makes it easier for customers to prototype and create connected systems and solutions for IoT applications.​

The base platform is accompanied with various Analog Devices add-on hardware but is also compatible with 3rd party hardware. A free programming and debugging tool called Maxim SDK is also provided by Analog Devices.​

The AD-MAX32LRWISE-SL development kit is complete with 1 base board, 1 sensor node, gateway setup essentials, and other accessories. However, customers also have the option to avail of the components individually as intended for their application development.​

  • Base Board:
    • MAX32670-LR-ARDZ Base board (can be purchased separately)​
  • Component Sensor Node:
    • EV-CATTLETAG-ARDZ Smart Livestock Tracking and Health Monitoring Sensor (can be purchased separately)​
  • Gateway Essentials and Other Accessories (can be purchased separately)​
    • RAK5146 PiHAT Kit
    • Raspberry Pi 4 Model B
    • MAX32625PICO rapid development Board
    • RPi4 Power Supply
    • MicroSD Card
    • LAN Cable

    APPLICATIONS

    • Battery-Powered Medical Devices
    • Industrial Sensors
    • Optical Communication Modules
    • Secure Radio Modem Controller
    • Smart Sensor Controller
    • System Housekeeping Controller
reference details image

MAX32670EVKIT

MAX32670の評価キット

zoom

MAX32670EVKIT

MAX32670の評価キット

MAX32670の評価キット

機能と利点

  • USB 2.0 Micro B-シリアルUARTブリッジ
  • UART0およびUART3インタフェースはボード上のジャンパを介して選択可能
  • MAX32625PICOベースのデバッガをボード上に搭載
  • ブートロードイネーブル回路
  • SPIおよびI2C信号に0.1インチヘッダを介してアクセス
  • GPIOおよび各種信号に0.1インチヘッダを介してアクセス
  • ボードの電源はUSBポートによって供給
  • ICおよびペリフェラル用のSIMOレギュレータおよびLDOをボード上に搭載
  • ジャンパを介した全ICレールの個別のパワーマネージメント
  • 2つの汎用LEDと1つの汎用プッシュボタンスイッチ

製品の詳細

MAX32670の評価キット(EVキット)は、MAX32670の機能を評価するためのプラットフォームを提供します。MAX32670は超低電力、高コスト効率、高信頼性32ビットマイクロコントローラで、バッテリ寿命に妥協することなく複雑なセンサー処理を行う設計を可能にします。このデバイスは、柔軟で汎用的なパワーマネージメントユニットと、浮動小数点ユニット(FPU)内蔵の強力なArm® Cortex®-M4コアを組み合わせています。また、MAX32670は従来の設計に対して、8または16ビットマイクロコントローラからの容易かつ最適なコストでのアップグレード経路を提供します。

アプリケーション

  • アルゴリズムコプロセッサ
  • バッテリ駆動医療機器
  • 産業用センサー
  • 光通信モジュール
  • セキュア無線モデムコントローラ
  • スマートセンサーコントローラ
  • システムハウスキーピングコントローラ
reference details image

MAX32670-LR-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform for Asset Management Applications Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

zoom

MAX32670-LR-ARDZ

Long Range Wireless Radio Development Platform for Asset Management Applications Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

Long Range Wireless Radio Development Platform for Asset Management Applications Based on MAX32670 Ultralow Power Arm Cortex-M4 Microcontroller and LR1110 RF Transceiver

機能と利点

  • MCU:
    • Arm Cortex-M4 Core with FPU up to 100 MHz
    • 384 kB flash memory with error correction
    • 160 kB SRAM (128 kB with ECC enabled), optionally preserved in lowest power modes
    • Compatible RTC resolution for protocol timeout management
  • Security:
    • Available Secure Boot
    • Support cryptographic algorithms, including AES-128/192/256
  • Power
    • Ultralow power real time clock with integrated power switch
      • With 300 nA power consumption during sleep mode
  • Multi-Purpose Radio Front-End Targeting Geolocation Purposes
    • Global Navigation Satellite System (GNSS) (GPS/BeiDou) low-power scanning
    • 802.11b/g/n Wi-Fi ultralow power passive scanning
  • Long Range Radio
    • Support FSK, GFSK, MSK, GMSK, and Long Range FHSS modulations
    • Power Output: +15 dBm transmit peak power
    • Programmable bit rate up to 62.5 kbps and 300 kbps
    • Support sub-GHz ISM bands from 800 MHz to 960 MHz
      • High sensitivity: down to -148 dBm

製品の詳細

The MAX32670-LR-ARDZ base board features the MAX32670 high-reliability, ultralow power microcontroller based on Arm Cortex-M4 processor, and the LR1110 long range RF transceiver module. The integrated RF transceiver supports a frequency range from 800 MHz up to 960 MHz, making it suitable for high-performance flexible platforms that wirelessly transmit encrypted data at long-range; enabling a wide range of IoT applications using ADI sensing solutions.

This solution also utilizes Semtech’s Long Range Cloud™ Geolocation capabilities to significantly reduce power consumption by determining asset location in a cloud-based solver. Due to its low power consumption, this module is ideal for devices running on small-sized batteries The on-board MAX32670 Arm Cortex®-M4 32-bit microcontroller provides the platform with complete capability to run entire RF stacks and user applications.

APPLICATIONS

  • Asset location
  • Asset recovery
  • Asset traceability
  • Inventory management
  • Asset loss and theft prevention
reference details image

DEMO-ADIN1100D2Z

10BASE-T to 10BASE-T1L Media Converter Including SPoE/APL, Featuring ADIN1100 and ADIN1200 Ethernet PHYs and LTC4296-1 PSE Controller

zoom

DEMO-ADIN1100D2Z

10BASE-T to 10BASE-T1L Media Converter Including SPoE/APL, Featuring ADIN1100 and ADIN1200 Ethernet PHYs and LTC4296-1 PSE Controller

10BASE-T to 10BASE-T1L Media Converter Including SPoE/APL, Featuring ADIN1100 and ADIN1200 Ethernet PHYs and LTC4296-1 PSE Controller

機能と利点

  • 10BASE-T to 10BASE-T1L media converter
  • SPoE PSE controller compatible with IEEE 802.3cg
  • Power source for APL devices
  • System level diagnostics over USB COM port

製品の詳細

The DEMO-ADIN1100D2Z is a media converter board that provides connection between a standard 10BASE-T RJ45 Ethernet port and a 10BASE-T1L device.

The DEMO-ADIN1100D2Z includes a power sourcing equipment (PSE) controller and it can power the connected 10BASE-T1L or advanced physical layer (APL) device. The PSE controller is configurable for power over data line (PoDL)/single pair power over Ethernet (SPoE) power Class 10, Class 11, Class 12, Class 13, Class 14, and Class 15, and APL power Class A, Class C, and Class 3.

The board requires an external DC power supply with output voltage and maximum output current relevant to the selected power class. For a subset of power classes (Class 10, APL A, and APL C), the board can also be powered from a USB host.

The board requires a minor modification and external power coupling inductors when used for the highest power Class 15 and APL 3.

The DEMO-ADIN1100D2Z can be used as an autonomous device, configurable by a set of switches and jumpers, indicating its status on LEDs.

The DEMO-ADIN1100D2Z can also be connected via USB to a host PC. The 10BASE-T1L link status, power status, and diagnostics are then accessible using a simple set of text commands and messages exchanged over the USB COM port interface using a serial terminal software on a PC.

最近表示した製品