AD5676R
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

AD5676R

D/Aコンバータ、16ビット、オクタル、2ppm/℃リファレンス内蔵、SPIインターフェース、nanoDAC+

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 9
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.48
機能
  • 高性能
    • 高相対精度(INL):±3LSB(max)@16ビット
    • 総合未調整誤差(TUE):FSRの0.14%(max)
    • オフセット誤差:±1.5mV(max)
    • ゲイン誤差:FSRの±0.06%(max)
  • 広い動作範囲
    • 温度範囲:-40°C+125°C
    • 電源電圧:2.7V~5.5V
  • 容易な実行
    • ユーザー選択可能なゲイン:1又は2(GAINピン/ゲイン・ビット)
    • 1.8Vロジック互換
  • 50MHzリードバック又はデイジーチェーン付きSPI
  • 20ピン、RoHS準拠のTSSOP/LFCSPパッケージ
追加の詳細
show more Icon

AD5672R / AD5676Rは低消費電力、オオクタル、12ビット / 16ビットのバッファ付き電圧出力DACです。これらの製品は2.5V、2ppm/°Cの内部リファレンス(デフォルトでイネーブルになります)とフルスケール出力を2.5V(ゲイン=1)あるいは5V(ゲイン=2)に切り替えられるゲイン選択ピンを備えています。これらの製品は単電源2.7V~5.5Vで動作し、単調増加性が設計保証されています。パッケージは20ピンTSSOPと20ピンLFCSPを採用しています。

AD5672R / AD5676Rは又パワーオン・リセット回路とRSTSELピンを備えているので、DAC出力をゼロ又は中間点にしてパワーアップし、有効な書込みがあるまでこの出力状態を維持します。各デバイスはパワーダウン機能を備えているので、パワーダウン・モード時にはデバイスの消費電流が3Vで1µAに減ります。


製品のハイライト

  1. 高相対精度(INL)
    AD5672R(12ビット):±1LSB(max)
    AD5675R(16ビット):±3LSB(max)
  2. 低ドリフト、2.5Vリファレンスを内蔵

アプリケーション

  • オプティカル・トランシーバ
  • 基地局の電源アンプ
  • プロセス制御(プログラマブル・ロジック・コントロール [PLC] I/Oカード)
  • 工業用オートメーション
  • データ・アクイジション・システム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 9
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.48

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD5676RACPZ-REEL7
  • HTML
  • HTML
AD5676RACPZ-RL
  • HTML
  • HTML
AD5676RARUZ
  • HTML
  • HTML
AD5676RARUZ-REEL7
  • HTML
  • HTML
AD5676RBCBZ-RL
  • HTML
  • HTML
AD5676RBCPZ-REEL7
  • HTML
  • HTML
AD5676RBCPZ-RL
  • HTML
  • HTML
AD5676RBRUZ
  • HTML
  • HTML
AD5676RBRUZ-REEL7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

5 9, 2018

- 18_0020

AD5675/76 and AD5671/72/75/76R Timing Spec Updates

AD5676RACPZ-REEL7

製造中

AD5676RACPZ-RL

製造中

AD5676RARUZ

製造中

AD5676RARUZ-REEL7

製造中

AD5676RBCPZ-REEL7

製造中

AD5676RBCPZ-RL

製造中

AD5676RBRUZ

製造中

AD5676RBRUZ-REEL7

製造中

モデルでフィルタ

reset

重置过滤器

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

5 9, 2018

- 18_0020

arrow down

AD5675/76 and AD5671/72/75/76R Timing Spec Updates

AD5676RACPZ-REEL7

製造中

AD5676RACPZ-RL

製造中

AD5676RARUZ

製造中

AD5676RARUZ-REEL7

製造中

AD5676RBCPZ-REEL7

製造中

AD5676RBCPZ-RL

製造中

AD5676RBRUZ

製造中

AD5676RBRUZ-REEL7

製造中

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

必要なソフトウェア/ドライバが見つかりませんか?

ドライバ/ソフトウェアをリクエスト
評価用キット

評価用キット 3

reference details image

EVAL-AD5676

AD5676 and AD5676R Evaluation Board

zoom

EVAL-AD5676

AD5676 and AD5676R Evaluation Board

AD5676 and AD5676R Evaluation Board

機能と利点

  • Full featured evaluation board for the AD5676/AD5676R
  • Various link options
  • PC control in conjunction with the Analog Devices, Inc., EVAL-SDP-CB1Z system demonstration platform (SDP)

製品の詳細

The EVAL-AD5676SDZ/EVAL-AD5676RSDZ evaluation boards help users to quickly prototype new AD5676/AD5676R circuits and reduce design time. The AD5676/AD5676R operate from a single 2.7 V to 5.5 V supply. The AD5676R has an internal 2.5 V reference giving a maximum output voltage of 2.5 V or 5 V. The AD5676 does not have an internal reference; therefore, an ADR431 is provided on-board as a 2.5 V reference source. A different reference voltage can be applied via the EXT_REF SMB connector, if required.


Full data on the AD5676/AD5676R are available in the respective product data sheets, available from Analog Devices, which should be consulted in conjunction with user guide (UG-814) when using the evaluation boards.


The evaluation boards interface to the USB port of a PC via the SDP board. The Analysis Control Evaluation (ACE) software is available for use with the evaluation board to allow the user to program the AD5676/AD5676R.


The evaluation boards are compatible with the EVAL-SDP-CB1Z Blackfin® SDP controller board (SDP-B), which is available for order on the Analog Devices website at www.analog.com.

reference details image

EVAL-AD5676R2ARDZ

Evaluating the AD5676R (SPI, TSSOP)

zoom

EVAL-AD5676R2ARDZ

Evaluating the AD5676R (SPI, TSSOP)

Evaluating the AD5676R (SPI, TSSOP)

機能と利点

  • Full featured evaluation board for the AD5676R (SPI, TSSOP)
  • Various link options
  • PC control in conjunction with the Analog Devices, Inc., EVALSDP-CK1Z (SDP-K1) controller board

製品の詳細

The user guide details the operation of the EVAL-AD5675RARDZ (I2C) evaluation board and the EVAL-AD5676R2ARDZ (serial peripheral interface (SPI)) evaluation board for the AD5675R (TSSOP, I2C) and AD5676R (TSSOP, SPI), respectively, which are both octal channel, voltage output digital-to-analog converters (DACs).

The EVAL-AD5675RARDZ and the EVAL-AD5676R2ARDZ evaluation boards are designed to facilitate quick prototyping of the AD5675R or AD5676R circuits, thereby reducing design time. Both devices operate from a single 2.7 V to 5.5 V supply. Additionally, these devices both have an internal 2.5 V reference. A different reference voltage (VREF) can be applied via the EXT_REF SMB connector, if required. While sharing common features, the two DACs differ in their digital interface protocols. The AD5676R employs SPI, while the AD5675R employs I2C.

The EVAL-AD5675RARDZ and the EVAL-AD5676R2ARDZ evaluation boards interface to the USB port of a PC via a System Demonstration Platform (SDP) controller board (EVAL-SDP-CK1Z (SDP-K1)). The Analysis | Control | Evaluation (ACE) software is available for download from both the EVAL-AD5675RARDZ product page and the EVAL-AD5676R2ARDZ product page. This software can be used with the evaluation board to allow the user to program the AD5675R and AD5676R, respectively. A PMOD connection is also available to allow the connection of microcontrollers to either evaluation board. Note that when a microcontroller is used through the PMOD connection, the EVAL-SDP-CK1Z (SDP-K1) must be disconnected, and the user cannot use the ACE software.

The EVAL-AD5675RARDZ and the EVAL-AD5676R2ARDZ both require the EVAL-SDP-CK1Z (SDP-K1) controller board, which are available for purchase from Analog Devices. For full details on the AD5675R and the AD5676R, see the AD5675R and AD5676R data sheets, which must be consulted in conjunction with this user guide when using the EVALAD5675RARDZ or the EVAL-AD5676R2ARDZ evaluation boards.

EVAL-AD5676RARDZ

Evaluation Board for the AD5676R WLCSP

zoom

EVAL-AD5676RARDZ

Evaluation Board for the AD5676R WLCSP

Evaluation Board for the AD5676R WLCSP

機能と利点

  • Full featured evaluation board for the AD5676R WLCSP
  • On-board or external power supply
  • On-board or external voltage reference
  • Arduino® Uno form-factor, mates with SDP-K1
  • PC control via Analysis | Control | Evaluation (ACE) Software

製品の詳細

The EVAL-AD5676RARDZ allows users to quickly prototype AD5676R circuits and reduce design time. The AD5676R operates from a single 2.7 V to 5.5 V supply. The AD5676R incorporates an internal 2.5 V reference to give a full-scale output voltage of 2.5 V or 5 V. An ADR4525 is also provided on-board as a 2.5V reference source. A different external reference voltage can be applied via the EXT_REF SMB connector or test pin if needed.

The EVAL-AD5676RARDZ interfaces to the USB port of a PC via a system demonstration platform board (SDP-K1 ). The Analysis | Control | Evaluation (ACE) software is available for download from the EVAL-AD5676RARDZ product page to use with the evaluation board to allow the user to program the AD5676R. A peripheral module interface (PMOD) connection is also available to allow the connection of microcontrollers to the evaluation board without the SDP-K1 board. When a microcontroller is used through the PMOD connection, the SDP-K1 board must be disconnected, and the user is unable to operate the ACE software.

The EVAL-AD5676RARDZ is compatible with the EVAL-SDP-CK1Z (SDP-K1), which should be purchased separately. A typical connection between the EVAL-AD5676RARDZ and the SDP-B controller board is shown in the user guide. For full details, see the AD5676R data sheet, which must be used in conjunction with the user guide when using the EVAL-AD5676RARDZ.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 3

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

I/O カードや PLC アプリケーション向け、柔軟な構成設定が可能な4 チャンネル、電圧および電流出力回路※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0229

I/O カードや PLC アプリケーション向け、柔軟な構成設定が可能な4 チャンネル、電圧および電流出力回路※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

CN0229

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
I/O カードや PLC アプリケーション向け、柔軟な構成設定が可能な4 チャンネル、電圧および電流出力回路※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • 4チャンネルの電流出力と電圧出力
  • PLC向けの16ビット分解能
  • アプリケーションからデジタル的に絶縁
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

zip

2158 kB

最近閲覧した製品