100V、双方向、マルチフェーズ、同期整流式降圧または昇圧コントローラ

搭載する必要のある電気機器がますます増加しているため、現在の12V 自動車用電源システムは、その電力の限界である3kWに達しようとしています。新しく提案された規格であるLV148では、既存の12Vシステムに補助的な48Vバスを組み合わせています。この技術の利点として、利用可能なエネルギーの増加により、より多くの電気回路を使用できるとともに、CO2 排出量を削減できます。このようなシステムでは、デュアル・バッテリの自動車用アプリケーションで12Vバッテリと48Vバッテリの間で降圧または昇圧を行うために双方向大電流DC/DCコントローラが必要です。対象となるアプリケーションには、内燃自動車、ハイブリッド車、マイルドハイブリッド車などがあります。


LTC3871は双方向同期整流式降圧または昇圧コントローラで、デュアル・バッテリの自動車用アプリケーションで12Vバッテリと48Vバッテリの間で降圧または昇圧を行います。 LTC3871は100V/30V 双方向2フェーズ同期整流式降圧または昇圧コントローラで、降圧モードまたは昇圧モードで動作します。制御信号を与えることにより、オンデマンドでいずれのモードにも設定されます。最多 12 フェーズを並列接続して位相をずらして駆動できるので、大電流アプリケーション(最大 3kW)に対応できます。4つの制御ループ(2つは電流制御、2つは電圧制御)により、48Vと12Vのどちらの出力でも電圧と電流を制御できます。


LTC3871のオンデマンド機能は、どちらの方向の電流も動的に調整します。60kHz~ 475kHzの選択可能な固定周波数で動作し、同じ周波数範囲で外部クロックに同期することもできます。この他に、過負荷および短絡保護、降圧および昇圧用の個別のループ補償、全温度範囲にわたる±1%の電圧レギュレーション精度、低電圧および過電圧ロックアウトなどを特長としています。