MAX7032
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX7032

フラクショナルN PLL付き、低コスト、水晶ベース、プログラム可能なASK/FSKトランシーバ

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • 単一電源動作:+2.1V~+3.6Vまたは+4.5V~+5.5V
  • 単一水晶トランシーバ
  • ユーザーが調整可能な搬送周波数:300MHz~450MHz
  • ASK/OOKおよびFSK変調
  • 分数型PLLレジスタによりユーザーが調整可能なFSK周波数偏移
  • fXTAL/4096搬送周波数間隔の鋭敏なトランスミッタ周波数シンセサイザ
  • +10dBmの出力を50Ω負荷に供給
  • TX/RXスイッチ内蔵
  • 送信/受信PLL、VCO、およびループフィルタ内蔵
  • イメージ除去:45dB以上
  • 標準RF感度*
    • ASK:-114dBm
    • FSK:-110dBm
  • 外部フィルタによってIF帯域幅を選択可能
  • 広ダイナミックレンジのRSSI出力
  • 自動ポーリングを行う低電力管理
  • 送信モード電流:12.5mA以下
  • 受信モード電流:6.7mA以下
  • ポーリングモード電流:23.5µA以下
  • シャットダウン電流:800nA以下
  • 高速オン起動機能:250µs以下
  • 小型32ピンTQFNパッケージ
製品概要
show more Icon

水晶ベースのフラクショナルN (分数型)トランシーバのMAX7032は、最高33kbps (マンチェスターエンコード)または66kbps (NRZエンコード)のデータレートで300MHz~450MHzの周波数範囲においてASK/OOKまたはFSKデータを送受信するように設計されています。このデバイスは+10dBmの標準出力を50Ωの負荷に生成し、ASKデータの場合は-114dBm、FSKデータの場合は-110dBmの標準感度を実現します。MAX7032は独立した送信および受信端子(PAOUTおよびLNAIN)と内蔵RFスイッチを備え、このRFスイッチを使って共通アンテナにこれらの送受信端子を接続することができます。

MAX7032の送信周波数は16ビットの分数型位相ロックループ(PLL)で生成され、またレシーバの局部発振器(LO)は整数型PLLで生成されます。分数型PLLを使って送信周波数を受信周波数から2kHz以内に設定することが可能になるため、このハイブリッドアーキテクチャによって個別の送受信水晶基準発振器が不要となります。12ビット分解能の分数型PLLによって、水晶周波数をfXTAL/4096のステップ刻みで周波数増倍することができます。固定整数型PLLをレシーバに用いることによって、分数型PLLの場合必要となる大きな消費電流を回避し、受信電流消費を最小限に抑制します。

送信PLL MAX7032の分数型アーキテクチャによって、送信FSK信号を正確な周波数偏移に設定可能で、発振器引き込み型FSK信号生成の場合の問題が完全になくなります。周波数生成用の部品がすべて内蔵されており、完全なアンテナ/デジタルデータソリューションを実装するためには、水晶、10.7MHzのIFフィルタ、および小数のディスクリート部品のみが必要です。

MAX7032は5mm x 5mmの小型32ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+125℃の自動車用温度範囲での動作が保証されています。

アプリケーション

  • 2-Wayリモートキーレスエントリ
  • ガレージ開閉器
  • ホームオートメーション
  • ローカルテレメトリシステム
  • 遠隔制御
  • 遠隔検出
  • セキュリティシステム
  • 煙探知器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX7032ATJ+
  • HTML
  • HTML
MAX7032ATJ+T
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

MAX7032EVKIT-433

MAX7032の評価キット

zoom

MAX7032EVKIT-433

MAX7032の評価キット

MAX7032の評価キット

機能と利点

  • 実証済みプリント基板レイアウト
  • 実証済み部品リスト
  • 複数のテストポイントを基板上に用意
  • 315MHzまたは433.92MHzに最適化されたバージョンが利用可能
  • 部品の変更によって調整可能な周波数範囲:300MHz~450MHz
  • Windows 10対応ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • ユーザーが提供するコネクタおよびアンテナによってスタンドアロンレシーバとしての動作が可能

製品の詳細

MAX7032の評価キットは、300MHz~450MHzの周波数範囲で動作可能なASK/FSKトランシーバのMAX7032の詳細な評価が可能です。このデバイスは50Ω負荷に+10dBm (typ)の出力電力を生成し、ASKデータでは-114dBm (typ)、FSKデータでは-110dBm (typ)の感度を示します。RF入力は50Ω整合回路を使用しSMAコネクタを備えているため、試験装置との接続に便利です。MAX7032のEVキットは外部マイクロコントローラ(MCU)とともに動作し、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)ソフトウェアはコンピューターで動作します。MAX7032はSPIインタフェースを使い内部レジスタ設定が可能です。

MAX7032のEVキットは、315MHzバージョンと433.92MHzバージョンの2つのバージョンがあります。受動部品はこれらの周波数用に最適化されています。これらの部品を容易に変更して、300MHz~450MHzのRF周波数で動作させることができます。

お客様の設計への実装を容易にするために、MAX7032のEVキットは実証済みプリント基板(PCB)レイアウトも備えており、容易に再現して市場投入までの時間を短縮することができます。PCBのガーバーファイルは、www.maximintegrated.com/jpでダウンロードすることができます。

アプリケーション

  • 2-Wayリモートキーレスエントリ
  • ガレージ開閉器
  • ホームオートメーション
  • ローカルテレメトリシステム
  • 遠隔制御
  • 遠隔検出
  • セキュリティシステム
  • 煙探知器

MAX7032EVKIT-315

MAX7032の評価キット

zoom

MAX7032EVKIT-315

MAX7032の評価キット

MAX7032の評価キット

機能と利点

  • 実証済みプリント基板レイアウト
  • 実証済み部品リスト
  • 複数のテストポイントを基板上に用意
  • 315MHzまたは433.92MHzに最適化されたバージョンが利用可能
  • 部品の変更によって調整可能な周波数範囲:300MHz~450MHz
  • Windows 10対応ソフトウェア
  • 完全実装および試験済み
  • ユーザーが提供するコネクタおよびアンテナによってスタンドアロンレシーバとしての動作が可能

製品の詳細

MAX7032の評価キットは、300MHz~450MHzの周波数範囲で動作可能なASK/FSKトランシーバのMAX7032の詳細な評価が可能です。このデバイスは50Ω負荷に+10dBm (typ)の出力電力を生成し、ASKデータでは-114dBm (typ)、FSKデータでは-110dBm (typ)の感度を示します。RF入力は50Ω整合回路を使用しSMAコネクタを備えているため、試験装置との接続に便利です。MAX7032のEVキットは外部マイクロコントローラ(MCU)とともに動作し、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)ソフトウェアはコンピューターで動作します。MAX7032はSPIインタフェースを使い内部レジスタ設定が可能です。

MAX7032のEVキットは、315MHzバージョンと433.92MHzバージョンの2つのバージョンがあります。受動部品はこれらの周波数用に最適化されています。これらの部品を容易に変更して、300MHz~450MHzのRF周波数で動作させることができます。

お客様の設計への実装を容易にするために、MAX7032のEVキットは実証済みプリント基板(PCB)レイアウトも備えており、容易に再現して市場投入までの時間を短縮することができます。PCBのガーバーファイルは、www.maximintegrated.com/jpでダウンロードすることができます。

アプリケーション

  • 2-Wayリモートキーレスエントリ
  • ガレージ開閉器
  • ホームオートメーション
  • ローカルテレメトリシステム
  • 遠隔制御
  • 遠隔検出
  • セキュリティシステム
  • 煙探知器
リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 3

5404fig01

Water Meter Automatic Meter Reading (AMR) Reference Design

5406fig00c

2-Way Remote Control Reference Design

zoomopens a dialog

LFRD004

2-Way Remote Control Reference Design

2-Way Remote Control Reference Design

機能と利点

Features

  • Proven printed circuit board (PCB) layout
  • Proven component parts list
  • Preprogrammed transceiver (TRX) pair for quick demonstration capabilities
  • Free MAXQ® microcontroller programming tools available for flexible operation

Quick Start

  1. Pull the two RC boards out of box and connect the batteries.
  2. Connect an antenna/cable to each of the MMCX connectors.
  3. Position the radios within about 1m to 2m of each other and press the switch on one of the boards. The 2-way remote control will broadcast a frame and receive an echo back, indicated by the green LED.
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link
5391fig00a

Wireless Automatic Meter Reading Reference Design

zoomopens a dialog

LFRD002

Wireless Automatic Meter Reading Reference Design

Wireless Automatic Meter Reading Reference Design

機能と利点

Features

  • Proven printed circuit board (PCB) layout
  • Proven component parts list
  • Preprogrammed transceiver (TRX) pair for quick demonstration capabilities
  • Free MAXQ® microcontroller programming tools available for flexible operation

Quick Start

  1. Pull the three boards (two MTR boards and the RDR board) out of box and install the batteries.
  2. Connect the RDR antenna.
  3. Navigate the RDR menu system MAIN MENU -> AMR MENU -> START COMM
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

最近閲覧した製品