電圧リファレンスの技術水準を高める先進性

ほとんどのシステム設計者は回路に電圧リファレンスを使用します。多くの設計者はこのリファレンスが最終的に性能を制限する場合があることを認めていますが、その理由は通常よくわかっていません。設計者は多くのリファレンス製品を選択可能な中で、通常、価格と精度のバランスを考慮して選択し、精度の目安としては、初期精度と温度係数仕様のみを使用します。 アプリケーションが進化するにつれ、電圧リファレンスも同様に進化を遂げています。ノイズ、熱安定性、ロードおよびライン・レギュレーション、サイズなどの特長が、精度仕様それ自体と同様に、もしくはそれ以上に重要な要素となることがあります。 LTCの3つの新製品LT6654、LTC6655、LT6656は、とりわけ一般的なアプリケーションに対応するように特長と仕様の組み合わせを慎重に選択しています。 このビデオでは、これらの特長を詳しく説明し、一般的なシステム設計に最適な製品を紹介します。