エッジのセンサーを10BASE-T1Lで接続し、新たな洞察を取得する

2021年09月17日

アナログ・デバイセズは、10BASE-T1Lに対応する製品として、PHY(物理層)デバイスの「ADIN1100」とMAC-PHYデバイスの「ADIN1110 」を提供しています。これらを使ってネットワーク接続を実現すれば、多様なデータ・ストリーム、より多くのプロセス変数、補助的な測定値を取得することが可能になります。インダストリ4.0では、広い範囲にわたってシームレスな接続性を実現するというビジョンが掲げられています。両製品を採用し、長距離に対応する堅牢なシングルペア・イーサネットを導入すれば、そのビジョンの実現に大きく近づきます。アナログ・デバイセズは、フィールド計測器の設計における電力バジェットの最適化や、フィールド・スイッチ向けの柔軟なアーキテクチャの実現を支援すべく取り組みを行っています。それにより、プロセス施設/工場の危険なエリアや遠隔地までネットワーク接続を延伸できるよう支援します。

エッジのセンサーを10BASE-T1Lで接続し、新たな洞察を取得する

2021年09月17日
アナログ・デバイセズは、10BASE-T1Lに対応する製品として、PHY(物理層)デバイスの「ADIN1100」とMAC-PHYデバイスの「ADIN1110 」を提供しています。これらを使ってネットワーク接続を実現すれば、多様なデータ・ストリーム、より多くのプロセス変数、補助的な測定値を取得することが可能になります。インダストリ4.0では、広い範囲にわたってシームレスな接続性を実現するというビジョンが掲げられています。両製品を採用し、長距離に対応する堅牢なシングルペア・イーサネットを導入すれば、そのビジョンの実現に大きく近づきます。アナログ・デバイセズは、フィールド計測器の設計における電力バジェットの最適化や、フィールド・スイッチ向けの柔軟なアーキテクチャの実現を支援すべく取り組みを行っています。それにより、プロセス施設/工場の危険なエリアや遠隔地までネットワーク接続を延伸できるよう支援します。