ADL5385
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADL5385

直交変調器、30~2,200MHz

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$6.21
特長
  • 出力周波数範囲:30~2,200MHz
  • 1dB出力圧縮:11dBm@350MHz
  • ノイズ・フロア:-159dBm/Hz@350MHz
  • サイドバンド除去比:-50dBc@350MHz
  • キャリア・フィードスルー:-46dBm@350MHz
  • 単電源:4.75~5.5V
  • 露出パドル付きの24ピン、鉛フリーLFCSPパッケージ
製品概要
show more Icon

ADL5385は、30~2,200MHzの周波数範囲で使用するように設計されたシリコン、モノリシックの直交変調器です。位相精度と振幅のバランスが優れているため、通信システムに対応した高性能のIF変調またはダイレクトRF変調が可能です。 

ADL5385は、2つの差動ベースバンド入力から信号を取り込み、これらの信号を相互に直交する2つのキャリアに変調します。この2つの内部キャリアは、望ましいキャリア出力の2倍に相当する周波数で、シングルエンドの外部ローカル発振器入力信号から引き出されます。2つの変調された信号は、50Ω負荷を駆動するように設計された差動/シングルエンド変換アンプで加算されます。 

ADL5385は、デジタル通信システムでIF変調器またはダイレクトRF変調器として利用できます。ベースバンド入力帯域幅が広いため、ベースバンドのドライブまたは複雑なIFからのドライブが可能です。代表的なアプリケーションは、無線リンク・トランスミッタ、ケーブル・モデム終端システム、ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス・システムなどです。 

ADL5385は、アナログ・デバイセズの最新シリコンゲルマニウム・バイポーラ・プロセスで製造され、露出パドル付きの24ピン、鉛フリーLFCSPパッケージで提供されます。その性能仕様は、-40~+85℃の温度範囲で規定されています。鉛フリーの評価用ボードも用意されています。 

アプリケーション
  • 無線リンク・インフラ
  • ケーブル・モデム終端システム
  • UHF/VHF無線
  • ワイヤレス・インフラ・システム
  • ワイヤレス・ローカル・ループ
  • WiMAX/ブロードバンド・ワイヤレス・アクセス・システム

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$6.21

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADL5385ACPZ-R7
  • HTML
  • HTML
ADL5385ACPZ-WP
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

5 5, 2014

- 14_0020

Conversion of 4x4mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

2 15, 2010

- 07_0061

LFCSP Package Manufacturing Line Transfer from Amkor Korea to Amkor PRC

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

5 5, 2014

- 14_0020

arrow down

Conversion of 4x4mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

2 15, 2010

- 07_0061

arrow down

LFCSP Package Manufacturing Line Transfer from Amkor Korea to Amkor PRC

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADL5385

ADL5385 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADL5385

ADL5385 Evaluation Board

製品の詳細

ADL5385-EVALZ is a fully populated, 4-layer, FR4-based evaluation board. For normal operation, it requires a 5 V/300 mA power supply. The 5 V power supply should be connected to the clip leads labeled VPOS and GND. The LO and baseband inputs (which should be biased at 0.5 V) are applied to edge-mounted SMA-type RF connectors (labeled LO, IBBP, IBBN, QBBP, and QBBN). The ADL5385 output is available at the SMA connector labeled VOUT. DC voltage proportional to die temperature is available at the clip lead labeled TEMP.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 2

1/2にデバイドされたLOを用いた、ブロードバンド、低誤差のベクトル・マグニチュード(EVM)ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ

zoomopens a dialog

CN0144

1/2にデバイドされたLOを用いた、ブロードバンド、低誤差のベクトル・マグニチュード(EVM)ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ

CN0144

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
1/2にデバイドされたLOを用いた、ブロードバンド、低誤差のベクトル・マグニチュード(EVM)ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ

機能と利点

  • 広帯域ダイレクト・コンバージョン・トランシーバ
  • 69 MHz~2.2 GHzで機能
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

LO信号を2分周する変調器を用いた、 低エラー・ベクトル・マグニチュード(EVM)の 広帯域ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0311

LO信号を2分周する変調器を用いた、 低エラー・ベクトル・マグニチュード(EVM)の 広帯域ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

CN0311

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
LO信号を2分周する変調器を用いた、 低エラー・ベクトル・マグニチュード(EVM)の 広帯域ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • ダイレクト・コンバージョン・トランスミッタ
  • 低誤差のベクトル・マグニチュード
  • 30MHz~2.2GHzのRF出力
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

最近表示した製品