製品概要

機能と利点

  • 2チャンネルの同期DDS@500MSPS
  • 各チャンネルで独立した周波数/位相/振幅の制御
  • 周波数/位相/振幅の変化に対するレイテンシのマッチング
  • 優れたチャンネル間アイソレーション: >72dB
  • 周波数/位相/振幅のリニアスイープ機能
  • 最大16レベルの周波数/位相/振幅変調(ピンにより選択)
  • 2個の10ビットD/Aコンバータ(DAC)を内蔵
  • 個別に設定可能なDACフルスケール電流
  • 0.12Hz又はそれ以上の周波数同調分解能
  • 14ビットの位相オフセット分解能
  • 10ビットの出力振幅スケーリング分解能
  • データ・スループット800MbpsのシリアルI/Oポート(SPI)
  • ソフトウェア/ハードウェア制御によるパワーダウン
  • 2電源動作(DDSコアは1.8V/シリアルI/Oは3.3V)
  • 複数のデバイスの同期化
  • 4倍~20倍の範囲で選択可能なREF_CLK逓倍器
  • 選択可能なREF_CLK水晶発振器
  • 56ピンLFCSPパッケージ

製品概要

AD9958は、各チャンネルの周波数、位相、振幅を個別に制御できる2個のDDSコアで構成されます。この柔軟性により、フィルタリングや増幅などのアナログ信号処理に伴って発生する信号間の不均衡や、PCボードのレイアウトに関連したミスマッチを補正できます。2つのチャンネルは共通のシステム・クロックによって制御されるため、この各チャンネルは本来的に同期化されます。複数のデバイスの同期化も可能です。

AD9958は最大16レベルまでの周波数変調(FSK)、位相変調(PSK)、振幅変調(ASK)を実行できます。データをプロファイル・ピンに加えることによって、変調が実行されます。AD9958はさらに、レーダや計測機器などのアプリケーションで周波数、位相、振幅をリニアにスイープすることも可能です。

AD9958のシリアルI/Oポートはさまざまな設定が可能であるため、非常に高い柔軟性が確保されています。このシリアルI/Oポートは、アナログ・デバイセズの従来のDDS製品で見られるSPI動作と実質的に同等なSPI互換モード動作が可能です。4つのシリアルI/O動作モードを設定可能な4本のデータ・ピン(SDIO_0 / SDIO_1 / SDIO_2 / SDIO_3)を使用して、柔軟性の高い操作を行うことができます。

AD9958には、低消費電力と高性能を実現する最新のDDS技術が採用されています。このデバイスは、優れたワイドバンドおよび、ナローバンドSFDR性能を備える2個の集積化された高速10ビットDACを内蔵しています。各チャンネルは、専用の32ビット周波数同調ワード、14ビット位相オフセット、10ビットの出力スケール調整用乗算器を備えています。

DACの出力は電源を基準にしており、抵抗でAVDDに終端させるか、センタータップ型トランスのセンターをAVDDに終端させます。各DACは専用のプログラマブル電圧リファレンスを内蔵しており、各チャンネルで異なるフルスケール電流を設定できます。

DDSは高分解能の周波数分周器として動作します。REF_CLKは入力として使用され、出力はDACから供給されます。REF_CLK入力ソースは両方のチャンネルに共通であり、直接駆動するか、または内蔵REF_CLK逓倍器(PLL)と組み合わせて最大500MSPSまで使用することもできます。PLLの逓倍値は4~20の整数ステップで設定できます。REF_CLK入力はさらに、外付け水晶発振器をREF_CLKソースとして使用できる発振器回路を特長としています。水晶発振器の周波数は、必ず20~30MHzの範囲とします。この水晶発振器はREF_CLK逓倍器とあわせて使用できます。

AD9958は、省スペースの56ピンLFCSPパッケージで提供しています。DDSコア(AVDDおよびDVDDピン)には、1.8Vの電源が供給されます。デジタルI/Oインターフェース(SPI)は3.3Vの電源で動作するため、DVDD_I/Oピン(49番ピン)を3.3Vに接続します。AD9958は、-40~+85℃の工業用温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • 即応型局部発振器
  • フェーズド・アレイ・レーダ/ソナー
  • 計測機器
  • 同期クロッキング
  • AOTFのRFソース
  • シングル・サイドバンド抑制キャリア
  • 直交周波数通信

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

参考資料

  • すべてを表示 (52)
  • データシート (1)
  • アプリケーション・ノート (19)
  • ユーザ・ガイド (1)
  • 製品ハイライト (1)
  • FAQ (1)
  • リファレンス設計 (2)
  • 技術記事 (24)
  • ビデオ (1)
  • ウェブキャスト (2)
  • アプリケーション・ノート
    FAQ
    技術記事

    ツール

    設計ツール

    ADIsimDDS(ダイレクト・デジタル・シンセサイザ)評価ツール ー ベータ版

    ADIsimDDS は、選択したデバイスの総合的な性能を数式に基づいてモデル化し、表示します。リファレンス・クロック周波数と所望の出力周波数を入力すると、ADIsimDDS が必要な FTW を計算します。また、総合的なスペクトル性能の推定値をモデル化できるため、外付け再生フィルタの効果を確認できます。

    リファレンス・デザイン (1)

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    PCN-PDN Information

    サンプル&購入

    オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明

     

     

     

    評価用ボード

    表示されている価格は、1個あたりの価格です。

    analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

    価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。