AD9959
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

AD9959

DDS、500MSPS、10ビットDAC内蔵、4チャンネル

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$49.71
特長
  • 4個の同期DDSチャンネル(@500MSPS)
  • チャンネル間で独立した周波数/位相/振幅制御
  • 周波数、位相、振幅の変化に対応した遅延が一致
  • 優れたチャンネル間絶縁(>65 dB)
  • 周波数/位相/振幅のリニア掃引機能
  • 最大16レベルの周波数/位相/振幅変調(ピン選択可能)
  • 4個の10ビットDACを集積
  • 個別に設定可能なDAC フルスケール電流
  • 周波数チューニング分解能: 0.12 Hz 以下 
  • 14ビット位相オフセット分解能
  • 10ビット出力振幅スケーリング分解能
  • データ・スループットを強化したシリアルI/Oポート・インターフェース(SPI)
  • ソフトウェア/ハードウェア制御によるパワーダウン
  • 両電源動作(DDS コア: 1.8 V/シリアルI/O: 3.3 V)
  • 複数デバイスの同期
  • 4~20 倍の範囲で選択可能なREFCLK 逓倍器(PLL)
  • 選択可能なREFCLK 水晶発振器
  • 56 ピンLFCSP パッケージを採用
製品概要
show more Icon

AD9959は、各チャンネルの周波数、位相、振幅を個別に制御できる4個のダイレクト・デジタル・シンセサイザ(DDS)コアで構成されています。この柔軟な機能は、フィルタ処理、増幅、PCBレイアウト関連の不一致のようなアナログ処理に起因する信号間の不均衡を補正に使用できます。4チャンネルはすべて同じシステム・クロックを共用するので、各チャンネルは本質的に同期しています。複数のAD9959を同期させることができます。

AD9959は、周波数、位相、振幅の最大16レベルの変調(FSK、PSK、ASK)を行うことができます。
変調は、プロファイル・ピンにデータを入力することにより行われます。さらに、AD9959はレーダや計装機器などのアプリケーションを対象に、周波数、位相、振幅のリニア・スイープもサポートします。

AD9959のシリアルI/Oポートには多数の設定があり、非常に柔軟性があります。シリアルIOポートは、アナログ・デバイセズの初期DDS製品で採用されたSPI動作と実質的に同等の動作のSPI互換動作モードになっています。シリアルI/O動作の4つのプログラマブル・モードを可能にする4本のデータ・ピン(SDIO_0/SDIO_1/SDIO_2/SDIO_3)を備えており柔軟になっております。

AD9959は、高性能で低消費電力を実現する高度なDDS技術を用いています。優れた広帯域/狭帯域SFDR性能を備えた4個の高速10ビットDACを集積しています。各チャンネルには、32ビットの周波数調整ワード、14ビットの位相オフセット、10ビットの出力スケール逓倍器があります。

DAC出力は電源基準であるため、抵抗でAVDDに終端するか、またはAVDDセンター・タップ付きトランスで終端する必要があります。各DACには専用のプログラマブル・リファレンスがあり、チャンネルごとに異なるフルスケール電流が可能です。

DDSは、REFCLKを入力とし、DACが出力となる高分解能の周波数分周器として機能します。REFCLK入力ソースはすべてのチャンネルに共通であり、直接駆動するか、または最大500MSPSの内蔵REFCLK逓倍器(PLL)と組み合わせて使用することができます。PLLの倍率は、4~20の範囲で整数ステップで設定可能です。REFCLK入力には発振回路があり、外部水晶をREFCLKソースとして使用することができます。水晶の周波数は20~30MHzでなければなりません。水晶は、REFCLK逓倍器と組み合わせて使用できます。

AD9959は、省スペースの56ピンLFCSPパッケージで提供しています。DDSコア(AVDDピンおよびDVDDピン)を駆動するには、1.8V電源を使用します。デジタルI/Oインターフェース(SPI)は3.3Vで動作し、DVDD_I/O(ピン49)を3.3Vに接続する必要があります。

AD9959は、-40~+85℃の工業用温度範囲で動作します。


アプリケーション

  • 即応型局部発信器
  • フェーズド・アレイ・レーダー/ソナー
  • 計測器
  • クロック同期 
  • AOTFのRFソース

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$49.71

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

技術資料 42
show more Icon
アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD9959BCPZ
  • HTML
  • HTML
AD9959BCPZ-REEL7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 1, 2024

- 24_0009

Qualification of alternative Wafer Fab for TSMC 0.18um Mixed Signal CMOS Process

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

2 1, 2024

- 24_0009

arrow down

Qualification of alternative Wafer Fab for TSMC 0.18um Mixed Signal CMOS Process

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-AD9959

AD9959 Evaluation Board

zoom

EVAL-AD9959

AD9959 Evaluation Board

製品の詳細

The AD9959 is a multichannel frequency synthesizer that incorporates four synchronous direct digital synthesis (DDS) cores with many user-programmable functions. The evaluation board software provides a graphical user interface for easy communication with the device along with many user-friendly features such as the “mouse-over effect.” Many elements of the software can be clarified by placing your mouse over the element. Figure 19 in the user guide shows how this feature works when users place their mouse over the Ref Clock box. The user guide is intended for use in conjunction with the AD9959 data sheet.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

リファレンス・デザイン1

最近表示した製品