ADIN1110
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADIN1110

堅牢な産業用、低消費電力10BASE-T1LイーサネットMAC-PHY

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.42
特長
  • 10BASE-T1L IEEE 802.3cg-2019規格準拠
  • ケーブル伝送距離:1.0V/2.4Vで最大1700m
  • SPIインターフェースを備えた内蔵MAC
    • OPEN Alliance 10BASE-T1x MAC-PHYシリアル・インターフェースをサポート
    • 16個のMACアドレス・フィルタ
    • 28kBのバッファを持つ高優先度キューと低優先度キュー
    • カット・スルーまたはストア・アンド・フォワード動作
    • IEEE 1588タイムスタンプ対応
    • 統計カウンタ
  • 低消費電力:両電源42mW(1.0V p-p)
  • 診断
    • TDRを用いたケーブル障害検出
    • MSEを用いたリンク品質インジケータ
    • フレーム・ジェネレータおよびチェッカー
    • 複数のループバック・モード
    • IEEE試験モード対応
  • 1.0Vp-pおよび2.4Vp-p送信レベルをサポート
  • 4ピンMDI(RXN、RXP、TXN、TXP)
  • 本質的安全アプリケーションをサポート
  • 外付け終端抵抗
  • 自動ネゴシエーション
  • 25MHz水晶発振器または外部クロック入力
  • 電磁両立性(EMC)試験規格
    • IEC 61000-4-4電気高速トランジェント(EFT)(±4kV)
    • IEC 61000-4-2 ESD(±4kVの接触放電)
    • IEC 61000-4-2 ESD(±8kVの気中放電)
    • IEC 61000-4-6伝導耐性(10V/m)
    • IEC 61000-4-5サージ(±4kV)
    • IEC 61000-4-3放射耐性(クラスA)
    • EN55032放射妨害波(クラスB)
  • 小型パッケージ40ピン(6mm × 6mm)LFCSP
  • 温度範囲
    • 工業用:−40°C~+85°C
    • 拡張:−40°C~+105°C
製品概要
show more Icon

ADIN1110は、超低消費電力で単一ポートの10BASE-T1Lトランシーバー設計で、産業用イーサネット・アプリケーション向けに設計され、ロング・リーチ10Mbpsシングル・ペア・イーサネット(SPE)についてIEEE® 802.3cg-2019イーサネット規格に準拠しています。ADIN1110は、メディア・アクセス制御(MAC)インターフェースを内蔵しており、4線シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)を介して、様々なホスト・コントローラと直接接続できます。このSPIを使用すると、内蔵MACなしで低消費電力のプロセッサを使用できるため、システム全体の消費電力を最小限に減らすことができます。SPIは、Open Alliance SPIプロトコルまたは汎用SPIプロトコルを使用するように設定できます。

ADIN1110には、設定可能な送信レベル、外付け終端抵抗、独立した送受信ピンがあるため、本質安全用途に適しています。

ADIN1110は、電圧供給監視およびパワーオンリセット(POR)回路を内蔵しており、システム・レベルの堅牢性が向上します。

ADIN1110は、40ピン、6mm × 6mmのリード・フレーム・チップ・スケール・パッケージ(LFCSP)を採用しています。

アプリケーション

  • フィールド機器
  • ビル・オートメーションと火災安全
  • ファクトリ・オートメーション
  • エッジ・センサーとアクチュエータ
  • 状態監視とマシン接続性

10BASE-T1Lのソリューション開発を始めてみませんか?

ADIN1110や評価用ボードのサンプルについては、当社の専門家チームまでメールでお問い合わせください

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 4
1Ku当たりの価格 最低価格:$4.42

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADIN1110BCPZ
  • HTML
  • HTML
ADIN1110BCPZ-R7
  • HTML
  • HTML
ADIN1110CCPZ
  • HTML
  • HTML
ADIN1110CCPZ-R7
  • HTML
  • HTML
評価用キット

評価用キット 3

reference details image

AD-APARD32690-SL

Arduino Form-factor Development Platform Based on MAX32690 ARM Cortex-M4 Microcontroller

zoom

AD-APARD32690-SL

Arduino Form-factor Development Platform Based on MAX32690 ARM Cortex-M4 Microcontroller

Arduino Form-factor Development Platform Based on MAX32690 ARM Cortex-M4 Microcontroller

機能と利点

  • Allows prototyping of intelligent, secure, and connected industrial field devices
  • Arduino Mega-compatible form factor
  • Two Pmod™-compatible connectors
  • ARM Cortex-M4 Ultra Efficient Microcontroller with integrated Bluetooth 5.2 LE
  • WiFi connectivity
  • Long-range, single-pair 10BASE-T1L Ethernet interface
  • Built-in security for root-of-trust, mutual authentication, data confidentiality and integrity, secure boot, and secure communications
  • Open-source software stack

製品の詳細

The AD-APARD32690-SL is a platform for prototyping intelligent, secure, and connected field devices. It has an Arduino Mega-compatible form factor and two Pmod™-compatible connectors.

The system includes the MAX32690 ARM Cortex-M4 with FPU-Based Microcontroller and Bluetooth LE 5.2. The MCU is coupled with external RAM (2 x 512 Mb) and Flash (64 Mb) memories to meet the requirements of the most demanding applications. The MAXQ1065 security coprocessor enables state of the art security features such as for root-of-trust, mutual authentication, data confidentiality and integrity, secure boot, and secure communications.

A 10 Mbps single-pair Ethernet link using the ADIN1110 10BASE-T1L MAC/PHY, enables remote data acquisition and system configuration. The 10BASE-T1L interface also supports Single-pair Power over Ethernet (SPoE) and be used for powering the system via an Arduino shield implementing the required power circuitry.

WiFi connectivity is provided via the on-board NINA-W102 multiradio wireless MCU module with internal antenna.

Power can be supplied either via the USB-C connector or via a 2-pin terminal block. The supported input voltage range is 5 V to 28 V.

The system is accompanied by an open-source software stack and associated collateral, enabling a complete experience from evaluation, and prototyping, all the way to production firmware and application development. The open-source software stack also includes drivers and example applications for a wide variety of ADCs, DACs, sensors, and other devices commonly used in industrial applications, further accelerating the development process. An external programmer such as the MAX32625PICO DAPLink, or any other similar programmer supporting the SWD interface, enables firmware programming and debug. The system’s firmware is based on Analog Devices’ open-source no-OS framework which includes all the tools required for embedded code development and debugging as well as libraries, enabling host-side connectivity for system configuration and data transfer over the UART, USB, WiFi, and 10BASE-T1L interfaces.

APPLICATIONS

  • Factory automation
  • Process control
  • Intelligent buildings
  • Secure field instruments
  • Internet of Things
reference details image

AD-SWIOT1L-SL

ソフトウェアによって設定可能なアナログ/デジタル入出力と10BASE-T1Lに対応した評価および開発プラットフォーム

zoom

AD-SWIOT1L-SL

ソフトウェアによって設定可能なアナログ/デジタル入出力と10BASE-T1Lに対応した評価および開発プラットフォーム

ソフトウェアによって設定可能なアナログ/デジタル入出力と10BASE-T1Lに対応した評価および開発プラットフォーム

機能と利点

  • インテリジェントで安全、かつコネクテッドなプロセス制御デバイスのプロトタイピングが可能
  • I/Oインターフェースをソフトウェアで極めて柔軟に設定可能
  • 組込み処理能力を使用した自己完結型末端デバイスの実装が可能
  • 長距離シングルペア10BASE-T1Lイーサネット・インターフェース
  • 10BASE-T1Lインターフェース経由またはフィールド電源からの電力供給により、低電力と高電力の両方のアプリケーションに対応
  • 完全に絶縁された設計により安全な操作を実現
  • DINレール・マウントと互換性のある業界標準のフォーム・ファクタ

製品の詳細

AD-SWIOT1L-SLは、インテリジェントで安全なネットワーク対応フィールド・デバイスのプロトタイプを作成するためのソフトウェアおよびハードウェアの完全なプラットフォームを提供します。

この設計は、AD74413Rクワッド・チャンネルと、ソフトウェアによる設定が可能な入出力、そしてMAX14906クワッド・チャンネル工業用デジタル出力/デジタル入力ICを内蔵しています。4つのチャンネルをソフトウェアで独立して設定でき、以下のような複数のアナログ/デジタル機能をマルチプレクスすることができます。

  • 電圧の出力/入力
  • 電流の出力/入力
  • デジタル入力/出力
  • 測温抵抗体(RTD)測定

ADIN1110 10BASE-T1L MAC/PHYを使用した10Mbpsシングルペア・イーサネット・リンクによって、リモートからのデータ・アクイジションとデバイス設定が可能になります。10BASE-T1Lインターフェースは、LTC9111受電デバイス(PD)コントローラを使用したシングルペア・パワー・オーバー・イーサネット(SPoE)技術によるシステムへの電源供給にも使用できます。このようにして、システムの電力とデータが同じケーブルを通じて提供されるため、ケーブル配線のインフラストラクチャとコストが大幅に簡素化されます。

大電流の機能を必要とするアプリケーションでは、外部24V電源から電力を供給できます。デジタル出力として設定された任意のチャンネルから最大1.2Aを出力できます。この電源ソリューションには、ADP1032高性能絶縁型マイクロパワー・マネージメント・ユニット(PMU)も搭載されており、ソフトウェアで設定可能なI/Oデバイスに対し、非常にコンパクトなフォーマットで電源とデジタル制御を提供します。絶縁された電力をデジタルの設計領域に供給するパワー・ツリーは、マイクロパワー絶縁型フライバック・コンバータであるLT8304によって確保されます。

オンボードのMAX32650超低消費電力ARM® Cortex®-M4マイクロコントローラは、必要なすべてのデバッグ機能とプログラミング機能が公開されており、システムに対する完全なソフトウェア開発が可能となっています。1Gb(128MB)の外部RAMおよび64Mb(8MB)の外部フラッシュ・メモリと一体化されているため、最も要求の厳しいアプリケーションに対応し、あらゆるプロトコル・スタックを実装できる柔軟性を備えています。セキュリティ機能は、MAXQ1065セキュリティ・コプロセッサによって実現されます。

このシステムにはオープンソース・ソフトウェア・スタックと関連資料が付属しており、評価とプロトタイピングから量産用ファームウェアとアプリケーション開発に至るまで完全な環境をご利用いただけます。ファームウェアのプログラミングとデバッグを行うには、外部のプログラマ(MAX32625PICO MAXDAP Programming Adapterなど)や、SWDインターフェースをサポートする他の同様のプログラマが必要となります。このシステムのファームウェアは、アナログ・デバイセズが有するオープンソースのno-OSフレームワークをベースとしています。組込みコード開発とデバッグに必要なあらゆるツール、そして、UARTまたは10BASE-T1Lインターフェースを介したシステム設定とデータ転送のためのホスト側接続を可能にするライブラリが、このフレームワークに用意されています。ユーザーフレンドリーなグラフィカル・インターフェースのPCアプリケーションでシステムの設定を簡単に行えるほか、取得したデータを様々な方法で表示することができます。

仕様
I/O
チャンネル ソフトウェアで設定可能な4つのIOチャンネル
デジタル入力 タイプ1とタイプ3、またはタイプ2
デジタル出力 ハイサイド(HS)スイッチまたはプッシュ/プル(PP)ドライバ
アナログ入力 電圧(0V~10V)、電流(0mA~25mA)
アナログ出力 電圧(0V~11V)、電流(0mA~25mA)
RTD測定 2線式RTD(0Ω~1MΩまで)
コンピューティング・リソース
CPU MAX32650:3MBのフラッシュと1MBのSRAMを搭載した
超低消費電力のFPU内蔵Arm Cortex-M4マイクロコントローラ(MCU)
メモリ 1GB RAM
ストレージ 64MB QSPIフラッシュ
接続機能
イーサネット 10BASE-T1L
電源
外部電源 24 DC @ 6A
Power over Ethernet SPoEクラス12
動作条件
温度範囲 -25°C~60°C
reference details image

EVAL-ADIN1110

堅牢な産業用、低消費電力10BASE-T1LイーサネットMAC-PHY ADIN1110の評価

zoom

EVAL-ADIN1110

堅牢な産業用、低消費電力10BASE-T1LイーサネットMAC-PHY ADIN1110の評価

堅牢な産業用、低消費電力10BASE-T1LイーサネットMAC-PHY ADIN1110の評価

機能と利点

  • ADIN1110の全機能へのユーザーフレンドリーなアクセス
  • スタンドアロン・ハードウェアで設定可能な動作
  • 柔軟な電源とプロトタイピング・オプション
  • オンボードARM Cortex-M4 STM32L4S5QII3P低消費電力マイクロコントローラ

製品の詳細

EVAL-ADIN1110EBZは、ADIN1110の堅牢な低消費電力10BASE-T1L MAC-PHYの迅速な評価を実現する柔軟なプラットフォームです。1.7kmのケーブルを介したデバイスとの10Mbpsシングル・ペア・イーサネット(SPE)接続を実現します。

評価用ボードには、最大限の柔軟性を実現するために2つの動作モードがあります。USBポートを介してPCに接続すると、シリアル・コマンド・インターフェースを使用し、USBを介して、すべてのADIN1110レジスタ設定やリンク品質の監視や診断などのすべての機能にアクセスできます。ボードには、Arduino(アルドゥイーノ)インターフェースも付属しています。

また、ボードは、ハードウェア構成リンクとスイッチの設定により構成されるスタンドアロン・モードで動作できます。内蔵LEDによりステータスを示します。

SPIインターフェースにより、ADIN1110の設定とデータ・アクセスが可能です。

絶縁トランスや電力カップリング・インダクタなどの代替ケーブル接続トポロジの実験のために、小さなプロトタイピング・エリアとテスト・ポイントが備わっています。

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

Figure 1. CN0575 Simplified Block Diagram

10BASE-T1L Field Device Development Platform with Class 12 and 13 SPoE

zoomopens a dialog

CN0575

10BASE-T1L Field Device Development Platform with Class 12 and 13 SPoE

CN0575

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
10BASE-T1L Field Device Development Platform with Class 12 and 13 SPoE

機能と利点

  • Data and Power Delivery using Single Pair Power over Ethernet
  • Power Class 12 and 13 Delivery Capable
  • Supports Longer Distances up to 1 km
  • Provides Speeds up to 10 MBPS
  • Works with Existing Software Stacks like PROFINET, EtherCat, MOD-BUS, and others
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

3.89 M

最近閲覧した製品