エナジー・ハーベスティングによる IoT ノードへの給電

ADP5091 は、エナジー・ハーベスティング用の PMU です。これを使用すれば、さまざまなソースからのエネルギーを電力に変換することができます。例えば、IoT システムに適用すれば、センサー・ノードにおける自己給電が可能になります。この PMU は、高い効率を実現し、設計に柔軟性をもたらします。また、超高速のコールド・スタートアップが行えることも大きな特徴の 1 つです。ADP5091 により、利用可能なエネルギーがわずかしか存在しない環境下でも、エナジー・ハーベスティングによる給電が可能になります。