電流制限をプログラムできる低ノイズのレール・トゥ・レール負出力レギュレータ

LT3090は、電流リファレンス・アーキテクチャを基本とした、低ノイズの1抵抗プログラマブル負出力レギュレータです。このアーキテクチャの利点は、出力電圧をレール・トゥ・レールでプログラムできる一方で、常にユニティゲイン動作が保たれることです。したがって、帯域幅/過渡応答、ノイズ、PSRR、およびロード・レギュレーションは、すべて出力電圧と無関係です。

さらに、LT3090は、プログラム可能な電流制限、正または負の電流モニタリング、プログラム可能なケーブル電圧降下補償、双方向シャットダウン機能などの特長を備えているほか、高電流動作や表面実装基板の熱分散のために簡単に並列化することができます。LT3090の低ノイズと豊富な機能セットは、さまざまなアプリケーションに最適です。