自動車用LEDドライバのEMIを低減するスペクトル拡散周波数変調回路

自動車に使用される多数の電子デバイスは、無線受信、GPSナビゲーション・ツールを含む様々な形態の通信および放送を妨害しないようにするために、電磁干渉(EMI)を十分に抑える必要があります。このような環境では一般にスイッチ・モード・レギュレータが使用されますが、それには本来のノイズの多い性質を抑制する設計が求められます。このことは、特に自動車内の電力や電子デバイス数が増加を続けていることから、必ずしも容易ではありません。LT3795は、LED駆動用レギュレータに新天地を開く製品です。このデバイスは、三角波によるスペクトル拡散周波数変調を使用して、自動車用途の高電力LEDの駆動変換、堅牢な短絡保護、およびEMIの低減を実現します。スペクトル拡散周波数変調は、特にLEDドライバで機能することを目的としており、LEDを最大出力で使用した場合や輝度調節のためにPWM調光を行った際に生じる可能性のあるLEDのちらつきを防止します。