サーミスタ

サーミスタとは、温度に合わせて抵抗が変わる金属酸化物製の抵抗です。サーミスタは、市販されている最も安価な温度センサーで、一般に民生用グレードのアプリケーションで使用されています。サーミスタは非常に非線形性が大きくなります。通常は-40°~150°Cで動作し、0°~100°Cで最も高精度になりますが、一部の特殊なバージョンでは更に広い温度範囲に対応しています。

Using Custom Thermistors with the Temp-to-Bits Family

Using Custom Thermistors with the Temp-to-Bits Family

この記事では、カスタム・サーミスタとコンバータを構成する2つの方法について説明します。

カスタム・サーミスタについての記事を読む

これで成功間違いなし:サーミスタを用いた液面レベルの検出

これで成功間違いなし:サーミスタを用いた液面レベルの検出

サーミスタ、測温抵抗体(RTD)、あるいは他の抵抗温度センサーを使用した精密温度計測のアプリケーションにおいては、励起電流によって引き起こされるセンサーの自己発熱の影響に十分注意しなければなりません。

詳細を見る

シグナル・チェーン

(1)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。

リファレンス設計

主な製品