製品概要

機能と利点

  • 高速で柔軟な出力レート:5 SPS ~ 250 kSPS
  • チャンネル・スキャン・データレート:50 kSPS/チャンネル(セトリング時間20 μs)
  • 性能仕様
    • ノイズ・フリー・ビット数:17.2 @ 250 kSPS
    • ノイズ・フリー・ビット数:20.2 @ 2.5 kSPS
    • ノイズ・フリー・ビット数:24 @ 20 SPS
    • INL:FSRの±1 ppm
  • 50 Hzと60 Hzのフィルタ除去比:85 dB @ 50 msセトリング
  • 入力チャンネルがユーザー設定可能
    • 8完全差動チャンネル又は16シングル・エンド・チャンネル
    • クロスポイント・マルチプレクサ
  • 2.5 Vリファレンスを内蔵(ドリフト±2 ppm/℃)
  • 真のレールtoレールのアナログ入力バッファとリファレンス入力バッファ

    詳細はデータシートをご参照ください。

製品概要

AD7175-8は低ノイズ、高速セトリング時間のマルチプレクス型8/16(完全差動/擬似差動)チャンネルΣΔ型A/Dコンバータ(ADC)で、狭帯域入力信号を対象としています。データが完全に安定する最大チャンネル・スキャン・データレートは50 kSPS(20 μs)です。出力データレートは5 SPS ~ 250 kSPSの範囲です。 

AD7175-8は主なアナログ/デジタル信号処理ブロックを内蔵しており、ユーザーは使用する各アナログ入力チャンネルの個別の構成を設定することができます。各機能はチャンネルごとにユーザー選択可能になっています。アナログ入力と外部リファレンス入力に内蔵されている真のレールtoレール・バッファにより高インピーダンス入力の駆動が容易です。高精度2.5 V、低ドリフト(2 ppm/°C)のバンド・ギャップ・リファレンス(出力バッファ付き)を内蔵し、組込み機能が追加されているので、外付け部品数が削減されます。 

デジタル・フィルタにより27.27 SPSの出力データレートで50 Hzおよび60 Hzの同時除去が可能です。ユーザーはアプリケーションの中の各チャンネルの要求に応じて、それぞれ異なるフィルタ・オプションを切り替えることができます。ADCは選択した各チャンネルを通して自動的に切り替えます。さらにデジタル処理機能にはチャンネルごとに調整可能なオフセット調整、ゲイン調整用レジスタがあります。 

このデバイスは、電源AVDD1-ADSS=5 VあるいはAVDD1/AVSS=±2.5 Vと電源AVDD2/IOVDD=2 V ~ 5 Vで動作します。規定の動作温度範囲は40°C ~ +105°Cです。AD7175-8は40ピンLFCSPパッケージを採用しています。 

アプリケーション

  • プロセス・コントロール:PLC/DCSモジュール
    温度計測および圧力計測
  • 医療および科学技術のマルチチャンネル測定器
  • クロマトグラフィ

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

参考資料

  • すべてを表示 (10)
  • 3rd Party Solutions (1)
  • データシート (1)
  • アプリケーション・ノート (1)
  • ユーザ・ガイド (1)
  • お知らせ (1)
  • リファレンス設計 (2)
  • ビデオ (1)
  • 技術記事 (2)
  • ソフトウェア & システム

    Mbed サポート

    EVAL-AD717x-AD411x-IIO Code

    IIO firmware for the AD717x and AD411x family of devices.
    WIKI

    AD717x/411x Mbed IIO Application

    This page gives an overview of using the ARM “Mbed” platform supported firmware example with Analog Devices AD717x/AD411x Evaluation boards and SDP-K1 controller board.
    WIKI

    Learn how to get started with Mbed

    Mbed is an open source, development environment for ARM microcontrollers.

    ツール

    Virtual Eval(仮想評価、 ベータ版)

    Virtual Evalは、ADC、DAC、およびその応用製品評価を支援するウェブベースの設計ツールです。アナログ・デバイセズのサーバ上にあるモデルを使用して、重要な部品の性能特性をわずか数秒でシミュレートします。使用時は、入力トーンや外部ジッタなどの動作条件のほか、ゲインやデジタル・ダウンコンバージョンといったデバイス機能を設定してください。ノイズ、歪み、分解能、FFT、タイミング図、周波数応答プロット、その他さまざまな性能特性を確認することができます。

    VirtualEval

    IBIS Models

    リファレンス・デザイン (1)

    設計リソース

    アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

    サンプル&購入

    オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

    サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

     

    モデル一覧の項目説明

     

     

     

    評価用ボード

    表示されている価格は、1個あたりの価格です。

    analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

    価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。