MAX78000
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

MAX78000

人工知能マイクロコントローラ、超低電力畳み込みニューラルネットワークアクセラレータ内蔵

すべて表示 showmore-icon

超低電力で動作するニューラルネットワークを実現するために作られた新しいタイプのAIマイクロコントローラ

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.60
特長
  • デュアルコア超低電力マイクロコントローラ
    • FPU内蔵Arm Cortex-M4プロセッサ:最大100MHz
    • 512KBのフラッシュおよび128KBのSRAM
    • 16KBの命令キャッシュで最適化された性能
    • SRAM用のオプションの誤り訂正符合(ECC-SEC-DED)
    • 32ビットRISC-Vコプロセッサ:最大60MHz
    • 最大52の汎用入出力端子
    • 12ビットパラレルカメラインタフェース
    • デジタルオーディオインタフェース用の1つのI2Sマスター/スレーブ
  • ニューラルネットワークアクセラレータ
    • ディープ畳み込みニューラルネットワーク用に高度に最適化
    • 442k 8ビット重み対応(1、2、4、8ビット重み)
    • 設定可能な入力イメージサイズ:最大1024 × 1024ピクセル
    • 設定可能なネットワーク深度:最大64層
    • 設定可能な層当りネットワークチャネル幅:最大1024チャネル
    • 1および2次元畳み込み処理
    • ストリーミングモード
    • MLPおよび回帰型ニューラルネットワークを含む他のネットワークタイプに対応する柔軟性
  • パワーマネージメントによってバッテリアプリケーションの動作時間を最大化
    • 単一インダクタマルチ出力(SIMO)スイッチング電源(SMPS)内蔵
    • SIMO電源電圧範囲:2.0V~3.6V
    • ダイナミック電圧スケーリングによってアクティブコア消費電力を最小化
    • 22.2µA/MHz (3.0V、キャッシュからループ実行時、CM4のみ)
    • 選択可能なSRAM保持(低電力モード、リアルタイムクロック(RTC)イネーブル時)
  • セキュリティおよび完全性
    • セキュアブート利用可能
    • AES 128/192/256ハードウェア高速化エンジン
    • 真の乱数発生器(TRNG)シードジェネレータ
製品概要
show more Icon

人工知能(AI)は非常に高い計算パワーを必要としますが、マキシムはAIの知見から電源コードを除去します。MAX78000は新しいタイプのAIマイクロコントローラで、ニューラルネットワークを超低電力で動作させIoTのエッジに配置することができるように作られています。この製品は、最もエネルギー効率に優れたAI処理と、マキシムの実証済み超低電力マイクロコントローラを組み合わせています。マキシムのハードウェアベースの畳み込みニューラルネットワーク(CNN)アクセラレータは、バッテリ動作アプリケーションがわずか数µJのエネルギー消費でAI推論を実行することを可能にします。

MAX78000は、効率的なシステム制御のためのFPU内蔵Arm® Cortex®-M4 CPUと超低電力ディープニューラルネットワークアクセラレータを備えた高度なシステムオンチップです。CNNエンジンは442KBの重みストレージメモリを備え、1、2、4、8ビットの重みに対応可能です(最大350万の重みのネットワークに対応)。CNNの重みメモリはSRAMベースのため、AIネットワークの更新をオンザフライで行うことが可能です。また、CNNエンジンは512KBのデータメモリも備えています。CNNアーキテクチャは非常に柔軟で、PyTorch®やTensorFlow®などの従来のツールでネットワークのトレーニングを行った後、マキシムによって提供されるツールを使用してMAX78000上での実行用に変換することができます。

CNNエンジン内のメモリ以外に、MAX78000はマイクロコントローラコア用の大容量チップ内蔵システムメモリとして、512KBのフラッシュと最大128KBのSRAMを備えています。I2Sおよびパラレルカメラインタフェース(PCIF)を含む、複数の高速および低電力の通信インタフェースに対応しています。

このデバイスは、81ピンCTBGA (8mm × 8mm、0.8mmピッチ)パッケージで提供されます。

アプリケーション

  • オーディオ処理:複数キーワード認識、音声分類、ノイズキャンセレーション
  • 顔認識
  • 物体検出および分類
  • 時系列データ処理:心拍数/ヘルス信号分析、マルチセンサー分析、予知保全

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$10.60

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
MAX78000EXG+
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 2

reference details image

MAX78000EVKIT

MAX78000の評価キット

zoom

MAX78000EVKIT

MAX78000の評価キット

MAX78000の評価キット

機能と利点

  • 専用ディスプレイを備えた電力積算器によって時間にわたる機器の電力を追跡
  • ボード上のデジタルマイクロフォン
  • ボード上の加速度計/ジャイロスコープ
  • SWD JTAG 10ピンヘッダ
  • RISC-VコプロセッサJTAG 10ピンヘッダ
  • QSPIフラッシュ:16MB
  • 一部のGPIOに0.1インチヘッダを介してアクセス可能
  • オプションのAAフィルタを備えた4つのADC入力
  • タッチ対応、3.5インチ、320 × 240カラーTFTディスプレイ
  • USBブリッジを介したUARTアクセス
  • USBブリッジを介したQSPIメモリアクセス
  • 個別の電流測定用に全IC電源レールをジャンパによって絶縁可能
  • 2つの汎用LEDおよび2つの汎用プッシュボタンスイッチ

製品の詳細

MAX78000の評価キット(EVキット)は、MAX78000の機能を活用して新世代の人工知能(AI)機器を構築するためのプラットフォームを提供します。

ボード上のハードウェアには、デジタルマイクロフォン、ジャイロスコープ/加速度計、パラレルカメラモジュール対応、および3.5インチのタッチ対応カラーTFTディスプレイがあります。第2のディスプレイは電力積算器によって駆動され、時間にわたる機器の消費電力を追跡します。未使用のGPIOおよびアナログ入力は、0.1インチピンヘッダを介して容易にアクセス可能です。主システム電源およびUARTアクセスは、USB Micro-Bコネクタによって提供されます。USB-SPIブリッジはボード上のメモリへの高速アクセスを提供し、大型ネットワークまたは画像の迅速なロードが可能です。

アプリケーション

  • オーディオ処理:複数キーワード認識、音声分類、ノイズキャンセレーション
  • 顔認識
  • 物体検出および分類
  • 時系列データ処理:心拍数/ヘルス信号分析、マルチセンサー分析、予知保全
reference details image

MAX78000FTHR

MAX78000の評価キット

zoom

MAX78000FTHR

MAX78000の評価キット

MAX78000の評価キット

機能と利点

  • MAX78000マイクロコントローラ
    • デュアルコア:FPU内蔵Arm Cortex-M4プロセッサ(100MHz)、RISC-Vコプロセッサ(60MHz)
    • フラッシュメモリ:512KB
    • SRAM:128KB
    • キャッシュ:16KB
    • 畳み込みニューラルネットワークアクセラレータ
    • 12ビットパラレルカメラインタフェース
    • MAX20303残量ゲージ内蔵ウェアラブルPMIC
    • USBから充電
    • ボード上にFPU内蔵Arm Cortex-M4プロセッサ用のDAPLinkデバッグおよびプログラミングインタフェースを搭載
    • ブレッドボード対応ヘッダ
    • Micro USBコネクタ
    • Micro SDカードコネクタ
  • 内蔵ペリフェラル
    • RGBインジケータLED
    • ユーザープッシュボタン
    • CMOS VGAイメージセンサー
    • 低電力ステレオオーディオコーデック
    • デジタルマイクロフォン
    • SWDデバッガ
    • 仮想UARTコンソール
    • RISC-Vコプロセッサ用10ピンCortexデバッグヘッダ

製品の詳細

MAX78000FTHRは、エンジニアが畳み込みニューラルネットワークアクセラレータ内蔵Arm® Cortex®-M4FプロセッサのMAX78000を使用する超低電力、人工知能(AI)ソリューションを短期間で実装するために役立つ高速開発プラットフォームです。また、このボードはバッテリおよびパワーマネージメント用のPMICのMAX20303も備えています。形状は、Adafruit Feather Wingペリフェラル拡張ボードと互換性のある0.9インチ × 2.6インチの2列ヘッダ実装形式です。このボードは、CMOS VGAイメージセンサー、デジタルマイクロフォン、低電力ステレオオーディオコーデック、1MBのQSPI SRAM、micro SDカードコネクタ、RGBインジケータLED、およびプッシュボタンなどの各種ペリフェラルを備えています。MAX78000FTHRは、迅速な概念実証と早期ソフトウェア開発のための電力が最適化された柔軟なプラットフォームを提供し、市場投入までの時間を短縮します。

このボードで開発を開始する方法については、https://www.maximintegrated.com/jp/products/MAX78000FTHRをご覧ください。

アプリケーション

  • オーディオ処理:複数キーワード認識、音声分類、ノイズキャンセレーション
  • 顔認識
  • 物体検出および分類
  • 時系列データ処理:心拍数/ヘルス信号分析、マルチセンサー分析、予知保全
リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

MAXREFDES178: Artificial Intelligence Applications

Artificial Intelligence Applications

zoomopens a dialog

MAXREFDES178

Artificial Intelligence Applications

Artificial Intelligence Applications

機能と利点

  • Two MAX78000 ARM Cortex M4F Microcontrollers with CNN Accelerator
  • BLE5 Wireless Connectivity
  • Li-Ion Battery Powered
  • Color Image Sensor
  • Digital Microphone
  • Multiple audio codecs with stereo audio input and output
  • Color TFT Capacitive Touch LCD
  • Micro SD Connector
  • On-Board QSPI FLASH and QSPI SRAM
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 2

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

12.92 M

リファレンス・デザイン1

最近閲覧した製品