製品概要

機能と利点

  • ATEおよび高精度計測器に最適
    • INL高精度を保証:±1 LSB (max) (全温度範囲)
  • 高速セトリング時間:3µs (10kΩと100pFの並列負荷の場合)
  • ゼロまたはミッドスケールDAC出力(ピン選択可能)への安全なパワーアップリセット
    • パワーアップ/リセット時の出力デバイス状態はシステム設計で指定
  • 負電源(AVSS)オプションによって0Vまでの完全なINL/DNL性能が可能
  • 1.7V~5.5Vロジック対応のSPIインタフェース
  • 高集積化によって開発時間とPCB面積を削減
    • バッファ付き電圧出力によって2kΩ負荷をレール・ツー・レールで直接駆動
    • リファレンスバッファ内蔵
    • 外付けアンプ不要
  • 小型24ピンTQFNパッケージ(4mm × 5mm)

製品概要

MAX5316は、24ピンTQFNパッケージ(4mm x 5mm)の高精度、16ビット、シリアルSPI入力、バッファ付き電圧出力デジタル-アナログコンバータ(DAC)です。このデバイスは、-40℃~+105℃の全温度範囲で、±1 LSB INL (max)精度と±0.25 LSB DNL (typ)精度を備えています。

このDACの電圧出力は、3µsの高速セトリング時間、および±0.6ppm FSR/℃ (typ)の低オフセット/利得ドリフトでバッファされています。フォース/センス出力(OUT)は、高精度を維持しながら、リード長が長い負荷を駆動します。個別のAVSS電源が提供されているため、出力アンプは0V (GND)まで出力することができグランド付近での完全なリニアリティ性能を維持することができます。

パワーアップ時、このデバイスは出力をゼロまたはミッドスケールにリセットします。

2.7V~5.5Vの広い電源電圧と内蔵の低ドリフト低ノイズリファレンスバッファによって、使いやすいものになっています。MAX5316は、50MHz 3線式SPIインタフェースを備えています。I²Cインタフェースの場合は、MAX5317を使用してください。

MAX5316は、24ピンTQFN-EPパッケージで提供され、-40℃~+105℃の温度範囲で動作します。

アプリケーション

  • 自動キャリブレーション
  • 自動試験装置
  • 通信システム
  • データ収集システム
  • 利得およびオフセット調整
  • 医療用機器
  • プロセス制御およびサーボループ
  • プログラマブル電圧および電流源
  • 試験および測定

製品ライフサイクル icon-recommended 製造中

この製品ファミリーの1つ以上の型番が生産/供給中です。新規の設計に適していますが、より新しい代替製品を提供している場合があります。

評価キット (1)

ツール

リファレンス・デザイン (2)

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明