ADRV9009
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADRV9009

デュアル RF Tx、Rx、およびオブザベーション Rx 内蔵

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$409.60
機能
  • デュアル・トランスミッタ
  • デュアル・レシーバー
  • デュアル入力共有オブザベーション・レシーバー
  • 最大 Rx BW:200 MHz
  • チューニング可能 Tx シンセシス最大帯域幅:450 MHz
  • 最大オブザベーション Rx 帯域幅:450 MHz
  • 完全に内蔵されたフラクショナルー N RF シンセサイザ
  • 完全に内蔵されたクロック・シンセサイザ
  • RF LO およびベースバンド・クロック用マルチチップ位相同期
  • JESD204B データ・パス・インターフェース
  • チューニング範囲(中心周波数):75 MHz ~ 6000 MHz
製品概要
show more Icon

ADRV9009は高度に集積化されたラジオ周波数(RF)アジャイル・トランシーバーで、デュアル・トランスミッタとレシーバー、集積化されたシンセサイザおよびデジタル信号処理回路を搭載しています。このICは、3Gと4Gのマクロ・セルTDD基地局のアプリケーションに要求される、高性能と低消費電力の様々な組み合わせを実現します。

受信パスは、最先端のダイナミック・レンジを持つ2つの独立、広帯域幅ダイレクト・コンバージョン・レシーバーで構成されています。この部品は、TDDアプリケーションの中で使用される広帯域幅の時間共有オブザベーション・パス・レシーバーもサポートします。全機能内蔵型レシーブ・サブシステムは、自動/マニュアル減衰制御、DC オフセット補正回路、直交誤差補正回路(QEC)、およびデジタル・フィルタリングを内蔵しているため、デジタル・ベースバンドにこれらの機能は不要です。PAとRFフロント・エンド制御用ADC、DACおよびGPIOといったいくつかの補助機能も内蔵されています。

自動AGCに加えて、柔軟性のある外部ゲイン制御モードも備えているため、システム・レベル・ゲインをダイナミックに設定する大幅な柔軟性を実現しています。

受信した信号は、固有のアンチエイリアシングを提供する4個の高ダイナミック・レンジ連続時間シグマ-デルタADCによってデジタル化されます。帯域外イメージ・ミクシングから影響を受けないダイレクト・コンバージョン・アーキテクチャの組合わせ、およびエイリアシングがないことで、従来のIFレシーバーに比べてRFフィルタの要件が緩和されます。

トランスミッタは、高い変調精度を例外的な低ノイズで実現する革新的なダイレクト・コンバージョン変調器を使用します。

観測パスは、最先端のダイナミック・レンジを持つ広帯域幅ダイレクト・コンバージョン・レシーバーで構成されています。

トランスミッタは、高い変調精度を例外的な低ノイズで実現する革新的なダイレクト・コンバージョン変調器を使用します。

全機能内蔵のフェーズロック・ループ(PLL)は、トランスミッタとレシーバー信号パスに対して高性能で低消費電力のフラクショナル N-RF 周波数シンセシスを提供します。追加のシンセサイザーは、コンバータ、デジタル回路およびシリアル・インターフェースに必要なクロックを発生します。高性能基地局のアプリケーションに必要な絶縁を与えるため、特別な予防策をとります。電圧制御発振器(VCO)とループ・フィルタの全ての構成要素が内蔵されています。

高速のJESD204Bインターフェースは、最大 12.288 Gbpsまでのレーン・レートをサポートし、トランスミッタ当たり2レーン、および最高広帯域幅モードではレシーバー当たり1レーンを実現します。インターフェースは、低帯域幅用にインターリーブ・モードもサポートしていて、高速データ・インターフェース・レーンの総数を1個に削減しています。固定小数点と浮動小数点両方のデータ・フォーマットをサポートしています。浮動小数点フォーマットは、内部AGCを復調器デバイスに見えないようにできます。フォーマットの詳細は、デバイス・ユーザ・ガイドの中にあります。

ADRV9009のコアは、1.3Vと1.8Vのレギュレータから直接給電でき、標準4線式シリアル・ポートで制御します。通常使用の消費電力を最小化するため、包括的パワーダウン・モードが含まれています。ADRV9009 は、12mm × 12mm、196 ボールのチップ・スケール・ボール・グリッド・アレイ(CSP_BGA)パッケージを採用しています。


アプリケーション

  • 3G/4G/5G TDD マクロ・セル基地局
  • TDDのアクティブ・アンテナ・システム
  • Massive MIMO
  • フェーズド・アレイ・レーダー
  • 電子戦
  • 防衛用通信
  • 携帯試験装置

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$409.60

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

ビデオ

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADRV9009BBCZ
  • HTML
  • HTML
ADRV9009BBCZ-REEL
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 4

reference details image

EVAL-ADRV9008/9

ADRV9008/ADRV9009 評価用ボード

zoom

EVAL-ADRV9008/9

ADRV9008/ADRV9009 評価用ボード

ADRV9008/ADRV9009 評価用ボード

機能と利点

  • フル機能の評価用無線カード
    • ADRV9009-W/PCBZ: ADRV9009 評価用キット(デュアル RF Rx/Tx/Orx 評価用ボード)
    • ADRV9008-1W/PCBZ: ADRV9008-1 評価用キット(デュアル RF Rx 評価用ボード)
    • ADRV9008-2W/PCBZ: ADRV9008-2 評価用キット(デュアル RF Tx/Orx 評価用ボード)
  • 周波数範囲 75 MHz ~ 6 GHz の広帯域 RF 動作
  • 高効率電源ソリューションとクロッキング・ソリューションを内蔵
  • Xilinx マザーボード(EVAL-TPG-ZYNQ3)への FMC コネクタ
  • 1 つの FMC コネクタから給電
  • 回路図、レイアウト、部品表、HDL、ドライバ、アプリケーション・ソフトウェアを含む

製品の詳細

ADRV9009-W/PCBZ は、最も広い帯域幅で最高性能の統合型 RF トランシーバー ADRV9009 をご紹介するために設計された無線カードです。この無線カードは、無線ソリューションのデバイス評価とラピッド・プロトタイピング用のシングル 2 × 2 トランシーバー・プラットフォームを提供します。高効率スイッチャのみの電源ソリューションや高性能クロッキング・ソリューションなど、この無線カードの動作に必要なペリフェラルはすべてボードに搭載されています。ADRV9009-W/PCBZ は、デュアル・レシーバー、オブザベーション・レシーバー付きデュアル・トランスミッタのシングルチップ TDD ソリューションです。

ADRV9009-W/PCBZ は、75 MHz ~ 6 GHz という広いチューニング範囲で動作しますが、RF 性能は非常に広帯域のフロント・エンド・マッチングによって調整されます。このボードは主に、カスタム・ハードウェア完成前にシステム・チェックを行い、ソフトウェア・チームが各種波形の生成を行うことを目的としています。目的はあくまで設計者が波形を確認することであり、性能面で 1 dB や 1% の EVM の違いを最終調整することではありません。

ADRV9008-1W/PCBZ は、ADRV9008-1 をご紹介するための評価用キットで、75 MHz ~ 6 GHz のチューニング範囲で動作するデュアル・レシーバーを搭載しています。ADRV9008-2W/PCBZ は、ADRV9008-2 をご紹介するための評価用キットで、75 MHz ~ 6 GHz のチューニング範囲で動作するオブザベーション・レシーバー付きデュアル・トランスミッタを搭載しています。

ADRV9008/ADRV9009の評価およびプロトタイピング用のプラットフォーム

アナログ・デバイセズは、評価、プロトタイピング、およびリファレンス設計用にフル・セットのソフトウェアとハードウェアのツールを提供しています。利用可能なハードウェアとソフトウェアのツールの概略を以下の表に示します。

キャリア・ボード ソフトウェア & ドライバ
評価プラットフォーム 評価ソフトウェア:
  • APIライブラリ
  • 設定およびデータ・キャプチャ用のWindows GUI
プロトタイピング・プラットフォーム

プロトタイピング・ソフトウェア:

  • オープンソースLinuxドライバ
  • データ・キャプチャ用のオープンソースLinux IIOスコープ
  • GNU Radioと互換性あり
  • アナログ・デバイセズのJESD204Bインターフェース・フレームワークを使用してGitHubに公開されているリファレンス設計
reference details image

AD-FMCOMMS8-EBZ

デュアルADRV9009 FMC互換プロトタイピング・プラットフォーム

zoom

AD-FMCOMMS8-EBZ

デュアルADRV9009 FMC互換プロトタイピング・プラットフォーム

デュアルADRV9009 FMC互換プロトタイピング・プラットフォーム

機能と利点

  • クワッド・トランスミッタ
  • クワッド・レシーバー
  • DPD用4入力オブザベーション・レシーバー
  • 最大Rx BW:200MHz
  • 最大調整可能TxシンセシスBW:450MHz
  • 最大オブザベーションRx BW:450MHz
  • チューニング範囲:75MHz~6000MHz
  • フル統合型フラクショナルN RFシンセサイザ
  • すべてのRF LOおよびベースバンド・クロック用マルチチップ位相同期
  • 回路図、レイアウト、部品表、HDL、Linuxドライバ、アプリケーション・ソフトウェアを含む
  • 高チャンネル密度アプリケーションに最適

製品の詳細

AD-FMCOMMS8-EBZは、アナログ・デバイセズの2つのADRV9009広帯域トランシーバーを搭載した統合型RF設計になっています。VITA 57.1機械寸法84mm × 69mmに準拠していますが、禁止領域に関する基準には部分的にのみ準拠しています。これにより、FMC HPC機械式コネクタとJESD204Bバス・インターフェースに対応する、互換性のあるFPGA開発ボードと簡単に接続できます。この製品は位相と周波数で同期可能な、最大4つの送信チャンネルと受信チャンネルによるプロトタイピングに使用できます。また、ADRV9009-ZU11EG RF-SOMシステムと一緒に使用することで、エンドtoエンドの確定的遅延を可能にする複雑なマルチストリーム・アプリケーション向けに、位相と周波数で同期される8つの送信チャンネルと受信チャンネルを実現できます。

アプリケーション

  • 3G、4G、5G TDDマクロセル基地局
  • TDDのアクティブ・アンテナ・システム
  • Massive MIMO(Multiple Input, Multiple Output)
  • フェーズド・アレイ・レーダー
  • 電子戦
  • 防衛用通信
  • 携帯試験装置
reference details image

ADRV2CRR-FMC

ADRV9009-ZU11EG評価用キャリア・ボード

zoom

ADRV2CRR-FMC

ADRV9009-ZU11EG評価用キャリア・ボード

ADRV9009-ZU11EG評価用キャリア・ボード

機能と利点

  • ADRV9009-ZU11EG(RF-SOM) & AD-FMCOMMS8-EBZを使用したプロトタイピング用のキャリア・ボード
  • RF-SOMへの接続用の2× 400ピンFMCソケット
  • 互換性のある拡張ボードを接続するための1× 400ピンHPC FMCコネクタ。例:AD-FMCOMMS8-EBZ
  • データ接続オプション
    • 1Gbpsイーサネット×2、USB3.0、PCIe Gen3 ×8、SFP+、QSFP+
    • 各種インターフェースに備わっているソフトウェア機能については、詳細な技術文書リンクを確認
  • その他のI/O
    • DisplayPrt、SDカード・ホルダー、PMOD、USB UART、オーディオ入出力、ファン、JTAGステータス、LED、電源および設定スイッチ
  • システム・クロック入力
    • EXT REFCLK、SYNC入力、1PPS

製品の詳細

ADRV2CRR-FMCは、ADRV9009-ZU11EG RF-SOMを評価してプロトタイピングできるキャリア・ボードです。ユーザーが必要とする接続のタイプを柔軟に選択できる一般的な高速I/O接続オプションが用意されています。

全システムに電力を供給する電源、ユーザーがRF-SOMヒート・スプレッダ・プレートに合わせるヒートシンク、稼働に必要なケーブルとアダプタが付属しています。

更に、AD-FMCOMMS8-EBZは、スペアHPC FMC+コネクタにあるキャリア・ボードに接続することもできます。これにより、エンドtoエンドの確定的遅延を実現する複雑なマルチストリーム・アプリケーション向けに、位相と周波数で同期される最大8個の送受信チャンネルでプロトタイピングが可能になります。

reference details image

ADRV9009-ZU11EG RF-SOM

ADRV9009広帯域トランシーバーを使用したモジュール上のRFシステム

zoom

ADRV9009-ZU11EG RF-SOM

ADRV9009広帯域トランシーバーを使用したモジュール上のRFシステム

ADRV9009広帯域トランシーバーを使用したモジュール上のRFシステム

機能と利点

  • クワッド・トランスミッタ
  • クワッド・レシーバー
  • DPD用4入力オブザベーション・レシーバー
  • 最大Rx BW:200MHz
  • 最大調整可能TxシンセシスBW:450MHz
  • 最大オブザベーションRx BW:450MHz
  • 完全に内蔵されたフラクショナルN RFシンセサイザ
  • すべてのRF LOおよびベースバンド・クロック用マルチチップ位相同期
  • チューニング範囲:75MHz~6000MHz

製品の詳細

ADRV9009-ZU11EGは、アナログ・デバイセズのデュアルADRV9009広帯域トランシーバーを基にした高集積化RFシステム・オン・モジュール(RF-SOM)です。ADRV2CRR-FMCキャリア・ボードと組み合わせると、4つのTxおよびRx RFチャンネルを提供するフル機能のシステムレベル評価およびプロトタイピング・ソリューションとして使用できます。追加のRFボードをキャリアに取り付けてシステムを拡張し、最大8つのTxおよびRx RFチャンネルを使用することもできます。

複数のADRV9009-ZU11EGを同期させることで、エンドtoエンドの確定的遅延を可能にする、複雑なマルチストリーム・アプリケーションの包括的なプロトタイピング・ソリューションを実現できます。ADRV9009トランシーバーには、LOおよび位相同期機能が内蔵されています。全体のシステム周波数および位相同期は、アナログ・デバイセズ高性能低ジッタHMC7044デバイスを使用したクロック・ツリー構造により維持されるため、多数のチャンネルでのRF位相アライメントを必要とするアプリケーションに最適です。

ADRV9009-ZU11EGには、下側に取り付けられた2つの400ピンコネクタを介した広範なI/O機能があります。ADRV2CRR-FMCキャリア・ボードと組み合わせることで、USB3、USB2、PCIe 3.0 x8、QSFP+、SFP+、1Gbイーサネット x2、CPRI機能など、様々な高速I/Oを使用できます。

設計を簡単に評価してカスタム・キャリアにシームレスに統合できるため、さらなるプロトタイピングや、最終製品の市場への投入期間の大幅な短縮が可能です。回路図のPDF版を参照用にダウンロードするか、特定用途について設計ファイル全体のライセンスを取得することができます。

お客様がすぐに使用を開始するために必要なソフトウェアが利用できます。

  • プラットフォーム開発環境サポートには、業界標準のLinux Industrial I/O(IIO)アプリケーション、MATLAB®、Simulink®、GNU Radio、およびカスタムのC、C++、python、C#アプリケーション用ストリーミング・インターフェースが含まれています。
  • 評価およびプロトタイピング用に、オープンソースのHDLリファレンス設計およびドライバが利用できます。
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 2

最近閲覧した製品