製品概要

機能と利点

  • SFP/SFFおよびSFF-8472 MSA規格準拠
  • SFP参考デザインを提供
  • 50Mbps~4.25Gbpsの動作
  • 自動平均パワー制御
  • 立上がり/立下がり時間:60ps(typ)
  • VCSEL、DFBまたはFPレーザの駆動
  • バイアス電流範囲:2~100mA
  • 変調電流範囲:5~90mA
  • レーザ障害アラームと自動レーザ・シャットダウン(ALS)
  • バイアス電流および変調電流のモニタリング
  • 電源動作:3.3V
  • パッケージ:4×4mmLFCSP
  • 電圧セットポイント制御
  • 抵抗セットポイント制御
  • ADN2870とピン互換
  • 電圧または抵抗でセットポイント制御

製品概要

ADN2871レーザ・ダイオード・ドライバ(LDD)は、SFF-8472デジタル診断機能を備えた高性能SFP、SFFモジュール向けに設計されており、50Mbps~4.25Gの動作をサポートします。

平均パワー/消光比は、マイクロコントローラのD/Aコンバータ(DAC)や、可変抵抗器またはデジタル・ポテンションメータによって供給される電圧で設定できます。平均パワー制御ループは監視用フォトダイオードからのフィードバックを用いて実行されます。この製品はバイアス電流/変調電流のモニタリング機能だけではなく、レーザ故障アラームや自動レーザ・シャットダウン(ALS)も提供します。また、この製品はアナログ・デバイセズ社のMicroConverter®製品ADuC7019ADuC7020ファミリー、リミッタ・アンプADN2890ADN2891ADN2892 ファミリーと容易にインターフェースでき、完全なSFP/SFFトランシーバ・ソリュージョンを構成できます。SFPのリファレンス・デザインが用意されています。

この製品はデュアル・ループLDDのADN2870とピン互換で同じPCボードのレイアウトでどちらのデバイスを用いても動作可能になっています。デュアル・ループ制御のアプリケーションに関してはADN2870のデータ・シートを参照してください。ADN2871は省スペースを実現する4×4mmのLFCSPパッケージで用意されており、-40~+85℃の温度範囲で仕様規定されています。

アプリケーション

  • 1X、2X、4X光ファイバ・チャンネルSFP/SFFモジュール
  • マルチレートOC-3 、12、~48-FEC SFP/SFFモジュール
  • LX-4モジュール
  • DWDMおよびCWDM SFPモジュール 
  • 1GE SFP/SFFトランシーバ・モジュール 
  • VCSEL、DFB、FPトランスミッタ



製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明