製品概要

機能と利点

  • 入力感度:4mVp-p
  • 80psの立上がり/立下がり時間
  • CML出力:差動700mVp-p
  • プログラマブルLOS検出器:3.5~35mV
  • 受信信号強度インジケータ(RSSI)
  • SFF-8472準拠の平均電力測定
  • 単電源動作:3.3V
  • 低消費電力:145mW
  • 3mm×3mmの省スペース16ピンLFCSPパッケージ
  • 拡張温度範囲:-40~+95℃
  • SFPリファレンス・デザインを提供

製品概要

ADN2891は、3.2Gbpsのリミット・アンプで、信号喪失(LOS)検出回路と受信信号強度表示(RSSI)を内蔵しています。この製品はSONET、ギガビット・イーサーネット(GbE)やファイバ・チャンネルの光電子変換アプリケーションに最適化されています。ADN2981は4mVp-pの差動入力感度があり、最大2.0Vp-pの差動入力過負荷電圧を受け入れます。 ADN2891は、制御された立上り/立下り時間の電流モード・ロジック(CML)出力に対応します。

内蔵のRSSI検出器は、フォトダイオードを流れるバイアス電流をモニターする事により、フォトダイオードの全有効範囲を通して2%(typ)の直線性で受光平均電力を測定します。RSSI検出器は内蔵しているので、外部 RSSI 検出回路が必要なく、SFF-8472準拠の光トランシーバが容易です。

他に内蔵している機能にはプログラマブル信号喪失(LOS)検出器と出力スケルチがあります。

ADN2891は3 mm×4mm、16ピンLFCSPパッケージを採用しています。

アプリケーション

  • SFP/SFF/GBIC 光トランシーバ
  • OC-3/OC-12/OC-48, GbE、ファイバ・チャンネル (FC)レシーバ
  • 10GBASE-LX4 トランシーバ
  • WDMトランスポンダ

製品ライフサイクル icon-not-recommended 新規設計には非推奨

新規設計にはお勧めしていません。

評価キット (1)

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

PCN-PDN Information

サンプル&購入


サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明