ADF4355-3
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADF4355-3

マイクロウェーブ 広帯域シンセサイザ、VCO内蔵

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定
特長
  • RF出力周波数範囲:51.5625 MHz ~ 6600 MHz
  • フラクショナルNとインテジャーNのシンセサイザ
  • 高分解能38ビット・モジュール
  • 低位相ノイズの電圧制御発振器(VCO)
  • 1/2/4/8/16/32/64のプログラマブル分周出力
  • 全ての電源: 3.3V
  • ロジック互換性:1.8 V
  • プログラマブルなデュアル・モジュール・プリスケーラ:4/5または8/9
  • プログラマブルな出力パワー・レベル
  • RF出力のミュート機能
  • 3線式シリアル・インターフェース
  • アナログとデジタルのロック検出
製品概要
show more Icon

ADF4355-3は、外部のループ・フィルタと外部からのリファレンス周波数を使うことによって、フラクショナルNまたはインテジャーNのPLL周波数シンセサイザを実現することができます。出力での一連の周波数分周器により51.5625 MHz ~ 6600 MHzの動作が可能です。 

ADF4355-3は、3400 MHz ~ 6800 MHzの基本出力周波数をもつVCOを内蔵しています。さらに、VCO周波数は1/2/4/8/16/32/64の分周回路に接続されているので、51.5625 MHzまでの低いRF出力周波数を発生させることができます。アイソレーションを必要とするアプリケーション用として、RF出力段をミュートさせる機能があります。このミュート機能は、ピンおよびソフトウェアの両方で制御できます。 

全ての内蔵のレジスタの制御は、簡単な3線インターフェースを介して行われます。ADF4355-3は3.1515 V ~ 3.4485 Vの範囲のアナログ、デジタル、チャージポンプ、VCOの各電源で動作します。ADF4355-3にはハードウェアとソフトウェアのパワーダウン・モードもあります。 

アプリケーション
  • 無線インフラストラクチャ(W-CDMA、TD-SCDMA、WiMAX、GSM、PCS、DCS、DECT)
  • ポイントtoポイント/ポイントtoマルチポイントのマイクロウエーブ・リンク
  • 衛星/VSAT
  • テスト装置と計測器
  • クロック発生

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格
価格は未定

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADF4355-3BCPZ
  • HTML
  • HTML
ADF4355-3BCPZ-RL7
  • HTML
  • HTML
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-ADF4355-3

ADF4355-3 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADF4355-3

ADF4355-3 Evaluation Board

ADF4355-3 Evaluation Board

機能と利点

  • Self contained board, including ADF4355-3 frequency synthesizer with integrated VCO, differential 122.88 MHz temperature controlled crystal oscillator (TCXO), loop filter (35 kHz), USB interface, and voltage regulators
  • Windows®-based software allows control of synthesizer functions from a PC
  • Externally powered by 6 V

製品の詳細

The EV-ADF4355-3SD1Z evaluates the performance of the ADF4355-3 frequency synthesizer with integrated VCO for phase-locked loops (PLLs). A photograph of the evaluation board is shown in Figure 1. The evaluation board contains the ADF4355-3 frequency synthesizer with integrated VCO, a differential 122.88 MHz reference (TCXO), a loop filter, a USB interface, power supply connectors, and subminiature Version A (SMA) connectors. A USB cable is included to connect the board to a PC USB port. 


For easy programming of the sypnthesizer, download the Windows-based software from www.analog.com/ADF4355-3.


This board requires an SDP-S (shown in Figure 1, but not supplied with the kit). The SDP-S allows software programming of the EV-ADF4355-3SD1Z device.

This evaluation board requires an SDP Controller board for connection to the PC. The SDP controller board connects to the PC via USB 2.0. The evaluation board will connect to the SDP controller board. The evaluation board cannot be connected directly to the PC. The evaluation software running on the PC will communicate through the SDP Controller board, to the evaluation board. The SDP Controller board is a separate list item in the ordering guide below (EVAL-SDP-CS1Z). If you have not previously purchased an SDP Controller board, please do so to ensure a full evaluation setup.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 1

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

Isolated and Nonisolated RS-485 Transceiver Simplified Schematic

全機能内蔵型の 2 ポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザ ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0507

全機能内蔵型の 2 ポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザ ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

CN0507

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
全機能内蔵型の 2 ポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザ ※Rev.0を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • 全機能内蔵型の2ポート・ベクトル・ネットワーク・アナライザ
  • 1.7GHz~3.4GHzの周波数範囲
  • ゼロIFシステム・アーキテクチャ
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

最近閲覧した製品