製品概要

機能と利点

  • 高精度な AC/DC 性能
  • 8 チャンネル、同時サンプリング
    • ADC 出力データ・レート/チャンネル: 256 kSPS
    • ダイナミック・レンジ: 97.7 dB
    • 入力帯域幅(-3 dB 帯域幅(BW)): 110.8 kHz
    • THD: -120 dB(typ)
    • INL: ±1 LSB、オフセット誤差: ±1 LSB、ゲイン誤差: ±5 LSB
  • 消費電力対ノイズ対入力帯域幅を最適化
    • 消費電力、速度、入力帯域幅を選択可能
      • 高速: 最高速度; 110.8 kHz BW、51.5 mW/チャンネル
      • 中間: 半分速度; 55.4 kHz BW、27.5 mW/チャンネル
      • 低消費電力: 最小電力; 13.8 kHz BW、9.375 mW/チャンネル
    • 入力帯域幅: DC ~ 110.8kHz
    • プログラマブル入力帯域幅/サンプリング・レート
  • データ・インターフェースを巡回冗長検査(CRC)の誤差チェック
  • デイジーチェーン接続
  • 線形位相デジタル・フィルタ
    • 低遅延 sinc5 フィルタ
    • 広帯域ブリック・ウォール・フィルタ: 102.4 kHz まで ±0.005 dB のリップル
  • アナログ入力プリチャージ・バッファ
  • 電源
    • AVDD1 = 5 V、AVDD2 = 2.25 V ~ 5.0 V
    • IOVDD = 2.5 V ~ 3.3 V または IOVDD = 1.8 V
  • 64 ピン LQFP パッケージ、露出パッドなし
  • 温度範囲: -40 °C ~ +105 °C

製品概要

AD7761 は 8 チャンネル、同時サンプリングΣ-Δ A/D コンバータで、Σ-Δ 変調器、チャンネルごとのデジタル・フィルタ、AC 信号と DC 信号の同期サンプリングのイネーブ機能を備えています。

Ad7761 は最大入力帯域幅の 110.8 kHz で 97.7 dB のダイナミック・レンジを実現するとともに積分非直線性(INL)±1 LSB、オフセット誤差 ±1 LSB、ゲイン誤差 ±5 ppm の標準性能が得られます。

AD7761 を使用することにより入力帯域幅、出力データ・レート、消費電力のいずれかを優先することができます。3 つのパワーモードの 1 つを選び、目標ノイズと消費電力を最適化してください。AD7761 の柔軟性により、低消費電力 DC 測定モジュールと高精度 AC 測定モジュールの再利用可能なプラットフォームが可能になります。

AD7761 には 3 つのモードがあります: 高速モード(256 kSPS max、入力帯域幅 110.8 kHz、51.5 mW/チャンネル)、中間モード(128 kSPS max、入力帯域幅 55.4 kHz、27.5 mW/チャンネル)、低消費電力モード( 32 kSPS max、入力帯域幅 13.8 kHz、9.375 mW/チャンネル)。

AD7761 は広帯域、低(±0.005 dB)通過帯域リップル、急峻なロールオフのアンチ・エイリアシング・ローパス・フィルタ、ナイキスト周波数での減衰度 105 dB のような広範なデジタル・フィルタ処理能力を提供します。

周波数領域の測定には広帯域リニア位相フィルタが使用できます。このフィルタは 256 kSPS では DC ~ 102.4 kHz、128 kSPS では DC ~ 51.2 kHz、32 kSPS では DC ~ 12.8 kHz で通過帯域が平坦(リップル ±0.005 dB)になっています。

Ad7761 は、又 sinc5 フィルタを介した sinc 応答、低帯域幅向け低遅延経路、低ノイズ測定を提供します。広帯域幅と sinc5 フィルタを選択でき、チャンネル・ベースごとに駆動できます。

これらのフィルタ・オプションの中で、デシメーション・レートを ×32、×64、×128、×256、×512、×1024 の中から選択してダイナミック・レンジを改善することができます。デシメーション・フィルタを変更する機能により、希望の入力帯域幅に対してノイズ性能を最適化できます。

アナログ入力電流を低減する各アナログ入力のプリ・チャージ・バッファ、リファレンス入力端子の入力電流/グリッジを低減するチャンネルごとのプリチャージ・リファレンス・バッファのような各 ADC に組み込まれたアナログ機能により設計が容易になります。

この製品は AVDD1A = AVDD1B=5V、AVDD2A = AVDD2B=2.25 V ~ 5.0 V 、IOVDD=2.5 V ~ 3.3 V 又は 1.8 V(IOVDD = 1.8 V での動作が必要になる特殊の場合は「1.8 V IOVDD 動作セクション」を参照してください)の電源で動作します。

デバイスには外部リファレンスが必要です; 絶対入力リファレンス電圧範囲は 1 V ~ AVDD1 − AVSS です。

この資料の範囲内での確認のために、電源 AVDD1A と電源 AVDD1B は AVDD1 と呼び、電源 AVDD2A と電源 AVDD2B は AVDD2 と呼びます。負電源に関しては AVSS1A、AVSS1B、AVSS2A、AVSS2B、AVSSピンをAVSSと表します。

規定の動作温度範囲は −40°C ~ +105°C です。この製品は 10 mm × 10 mm、64 ピン LQFP パッケージに収納されており、プリント回路基板(PCB)のフットプリントは 12 mm × 12 mm です。

このデータシートを通して、XTAL2/MCLK のような複数機能をもつピンはピン名をフルで呼称する場合とピンの 1 機能(たとえば MCLK で、その機能のみ関連する時)で呼称する場合があることに注意してください。

アプリケーション

  • データ・アクイジション・システム: USB/PXI/イーサネット
  • 計装および工業用制御ループ
  • オーディオのテストおよび測定
  • 振動と資産状態の監視
  • 3相電力品質解析
  • ソナー
  • 高精度医療EEG/EMG/ECG

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

おすすめ製品

AD7761 互換製品

推奨製品 Analog to Digital Converters

  • Recommended 24-bit 8 channel ADC: AD7768.
  • Recommended 24-bit single channel ADC: AD7768-1.
  • Recommended 24-bit 4 channel ADC: AD7768-4.

推奨製品 Driver Amplifiers

推奨製品 Low Dropout Regulators and Switchers

推奨製品 Voltage References

設計リソース

アナログ・デバイセズでは、最高レベルの品質と信頼性を備えた製品を提供することに最大の力を常に注いでいます。これを実現するため、製品およびプロセスの設計のあらゆる観点で品質と信頼性のチェックを行っています。そして、それは、製造工程においても同様です。アナログ・デバイセズは常に、出荷製品の「ゼロ・ディフェクト」を目指しています。

PCN-PDN Information

サンプル&購入

オンライン購入や支払い方法などに関する質問については、「オンライン購入に関するFAQ」をご確認ください。

サンプルは、外部のADI Sample Siteでのご注文となります。選択したパーツはSample Siteログイン後、カートに引き継がれます。Sample Siteを初めて使用する際は、アカウント登録をお願いいたします。Sample Siteに関するご質問は、SampleSupport@analog.com までお問合せください。

 

モデル一覧の項目説明

 

 

 

評価用ボード

表示されている価格は、1個あたりの価格です。

analog.comサイトから購入できるボードは、最大で2枚までとなります。3枚以上の購入をご希望の場合は、正規販売代理店からご購入ください。

価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。