製品概要

機能と利点

  • JESD204Bサブクラス0またはサブクラス1コードのシリアル・デジタル出力
  • 信号対ノイズ比(SNR):71.9dBFS@AIN=185MHz、@250MSPS(NSRを33%に設定)
  • スプリアス・フリー・ダイナミックレンジ(SFDR):87dBc@AIN=185MHz@250MSPS
  • 総合消費電力:250MSPSで435mW
  • 動作電源電圧:1.8V
  • 整数1~8の入力クロック分周器
  • サンプル・レート:最大250MSPS
  • 最大400MHzまでのIFサンプリング周波数
  • A/Dコンバータ(ADC)用電圧リファレンス内蔵
  • 柔軟なアナログ入力範囲:
  • 1.4V p-p~2.0V p-p(公称入力範囲:1.75V p-p)
  • ADCクロックのデューティ・サイクル・スタビライザ(DCS)を内蔵
  • シリアル・ポート制御
  • 省電力のパワーダウン・モード


製品概要

AD6677は、11ビット、250MSPSの中間周波数(IF)レシーバで、特に、高ダイナミックレンジ性能、低パワーおよび小型サイズを必要とする通信アプリケーションでの、マルチ・アンテナ・システムをサポートするように設計されています。

この製品は、高性能A/Dコンバータ(ADC)とノイズ・シェーピング・リクオンタイザ(NSR)のデジタル・ブロックから構成されています。ADCは、マルチ・ステージ、出力誤差修正ロジックを集積した差動パイプライン・アーキテクチャで構成されており、それぞれのADCは、差動パイプラインの初段内に広帯域のスイッチド・キャパシタ・サンプリング・ネットワークを特長としています。リファレンス電圧を内蔵しているためデザインが容易です。デューティ・サイクル・スタビライザ(DCS)は、ADCへのクロック・デューティ・サイクルの変動を補償しますので、コンバータは優れた性能を維持することができます。

ADC出力はNSRブロックに、内部で、接続されています。内蔵のNSR回路は、ナイキスト帯域内のより小さな周波数バンドでのSNR性能を向上させます。このデバイスは、SPIを介して、選択可能な2つの異なる出力モードをサポートします。NSR機能がイネーブル状態では、ADCの出力は、AD6677が、ナイキスト帯域内の制限された部位で、11ビット出力分解能を維持しながら、改良されたSNR性能をサポートするような処理がされます。

NSRブロックは、サンプルクロックの22%または33%のどちらかの帯域幅を提供するように、プログラムすることができます。例えば、250MSPSのサンプルクロック・レートでは、AD6677は、22%モードで55MHz帯域幅では最大76.3dBFSまでのSNR、33%モードで82MHz帯域に関するSNRは最大73.5dBFSまでを達成することができます。

NSRブロックがディスエーブル時は、ADCデータは、11ビットの分解能で、出力に直接提供されます。AD6677は、このモードで動作する場合、ナイキスト帯域全体で最大65.9dBFSまでのSNRを達成することができます。これによって、AD6677は、広い帯域幅を必要とするデジタル・プリディストーション・オブザベーション・パスのような通信アプリケーションで、使うことができます。

出力データは、外部のJESD204Bシリアル出力レーンへ直接出力することができます。この出力は電流モード・ロジック(CML)電圧レベルとなっています。1つのモードがサポートされており、出力のコード・データは、1つのレーン(L=1;F=4)を通して送られます。同期入力制御(SYNCINB±とSYSREF±)が提供されています。

AD6677レシーバは、IF周波数の広いスペクトルをデジタル化します。このIFサンプリング・アーキテクチャは、従来型アナログ技術または集積度の低いデジタル方式と比べると部品コストと複雑さを大幅に削減します。

柔軟なパワーダウン・オプションは、必要に応じて大幅な省電力を可能にします。プログラマブルのオーバ・レンジ・レベル検出は、専用のファスト検出ピンを介してサポートされています。

製品のハイライト

  1. 最大5Gbpsレーン・レートをサポートする位相ロック・ループ(PLL)を内蔵した構成可能なJESD204B出力ブロック
  2. IFレシーバは、11ビット、250MSPS、ADCを内蔵、ADCはプログラマブル・ノイズ・シェーピング・リクオンタライザ(NSR)機能が備わっているため、サンプル・レートの22%または33%内の帯域幅に減衰させることによってSNRを改善することが可能
  3. システムの幅広い設計を簡素化するためのオプショナルRFクロック入力をサポート
  4. 独自の差動入力により、最大400MHzまでの入力周波数で優れたSNR性能を維持
  5. オンチップの整数1~8の入力クロック・デバイダとSYNC入力によって、複数個デバイスの同期化が可能
  6. 1.8V単電源で動作
  7. 標準シリアル・ポート・インターフェース(SPI)は、製品の数々の機能、クロック・デューティ・サイクル・スタビライザ(DCS)の制御、パワーダウン、テスト・モード、電圧リファレンス・モード、範囲内のファスト・ディテクションおよびシリアル出力構成などをサポート

アプリケーション

  • 通信関連
  • ダイバーシティ無線、スマート・アンテナ(MIMO)システム
  • マルチモード・デジタル・レシーバ(3G):
    TD-SCDMA、WiMAX、WCDMA、CDMA2000、GSM、EDGE、LTE
  • I/Q復調システム
  • 汎用ソフトウェア無線

製品ライフサイクル icon-recommended 新規設計にお薦めします

発売済みの製品です。データシートには、最終的な仕様と動作条件がすべて記載されています。新規の設計には、これらの製品の使用を推奨します。

評価キット (1)

ツール

Virtual Eval(仮想評価、 ベータ版)

Virtual Evalは、ADC、DAC、およびその応用製品評価を支援するウェブベースの設計ツールです。アナログ・デバイセズのサーバ上にあるモデルを使用して、重要な部品の性能特性をわずか数秒でシミュレートします。使用時は、入力トーンや外部ジッタなどの動作条件のほか、ゲインやデジタル・ダウンコンバージョンといったデバイス機能を設定してください。ノイズ、歪み、分解能、FFT、タイミング図、周波数応答プロット、その他さまざまな性能特性を確認することができます。

VirtualEval

設計ツール

Visual Analog

VisualAnalog™は、高速ADCの選択や評価を行う設計者向けに、強力なシミュレーション/データ解析ツール・セットとユーザ・フレンドリなグラフィカル・インターフェースを組み合わせたソフトウェア・パッケージです。

おすすめ製品

AD6677 互換製品

推奨製品 Clock Drivers

推奨製品 Driver Amplifiers

設計リソース

ADI has always placed the highest emphasis on delivering products that meet the maximum levels of quality and reliability. We achieve this by incorporating quality and reliability checks in every scope of product and process design, and in the manufacturing process as well.  "Zero defects" for shipped products is always our goal.

ディスカッション

AD6677 探していたものは見つかりませんでしたか? » 是非アナログ・コミュニティ(英語)を覗いてみて下さい»

サンプル&購入

PC版サイトでは、サンプルと製品の購入をいただけます。


価格は1個当たりの米ドルで、米国内における販売価格(FOB)で表示されておりますので、予算のためにのみご使用いただけます。 また、その価格は変更 されることがあります。米国以外のお客様への価格は、輸送費、各国の税金、手数料、為替レートにより決定されます。価格・納期等の詳細情報については、弊社正規販売代理店または担当営業にお問い合わせください。なお、 評価用ボードおよび評価用キットの表示価格は1個構成としての価格です。

 

モデル一覧の項目説明