ADL5202
: 製造中止
searchIcon
cartIcon

ADL5202

VGA(可変ゲイン・アンプ)、デジタル制御、広ダイナミック範囲、高速

すべて表示 showmore-icon

: 製造中止 tooltip
: 製造中止 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

特長
  • デュアル・独立のデジタル制御VGA
  • ゲイン範囲:-11.5dB~+20dB
  • ゲイン・ステップ・サイズ:0.5dB±0.1dB
  • 差動入力 / 差動出力インピーダンス:150Ω
  • 最大ゲイン時のノイズ指数:7.5dB
  • OIP3>47.5dBm@200MHz
  • -3dB上側周波数帯域幅:700MHz
  • 複数の制御インターフェース・オプション
  • パラレル6ビット制御インターフェース(ラッチ付)
  • シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)(高速アタック付)
  • ゲイン・アップ / ゲイン・ダウン・モード
  • 広い入力ダイナミックレンジ
  • 低消費電力モードのオプション
  • パワーダウン制御
  • 5V単電源動作
  • 40ピンLFCSPパッケージ(6mm×6mm)
製品概要
show more Icon

ADL5202は、デジタル制御の可変ゲイン、広帯域幅のアンプで、高精度なゲイン制御、高出力IP3および低ノイズ指数を提供します。優れた歪性能と高い信号帯域幅を備えているため、ADL5202は、種々のレシーバ・アプリケーションにとって、優れたゲイン制御デバイスとなっています。またADL5202は供給電流をより低くするための、低パワー・モード・オプションも採用しています。

広い入力ダイナミックレンジ・アプリケーションに対して、ADL5202は、0.5dBステップで広範な31.5dBのゲイン範囲を提供します。このゲインは、複数のゲイン制御インターフェース・オプションを通して、調整することができます:パラレル・インターフェース、シリアル・ペリフェラル・インターフェースおよびアップ / ダウン。

独自の歪キャンセル技術を採用することによって、ADL5202は最大ゲイン設定で、200MHzに到達する周波数で47.5dBmを超えるIP3性能を達成しています。

ADL5202は、PWUPxピンに、適切なロジック・レベルを与えることによってパワー・オンします。ADL5202の静止時電流は、低消費電力モードで、160mA(typ)です。より高性能を必要とするアプリケーション向けの高性能モードの構成のとき、静止時電流は210mAとなります。パワーダウンのとき、ADL5202は、14mA未満を消費し、優れた入力―出力間のアイソレーションを提供します。ゲイン設定は、パワーダウン期間中にあらかじめセットされます。

アナログ・デバイセズの高速SiGe(シリコン・ゲルマニウム)プロセスで製造されているため、ADL5202は、高精度なゲイン調整を、優れた歪性能と低い位相誤差を維持して、提供します。ADL5202アンプは、小型、熱強化の40ピン、6mm×6mmのLFCSPパッケージを採用し、-40~+85℃の温度範囲にわたって動作します。

アプリケーション

  • 差動A/Dコンバータ ドライバ
  • 高速IFサンプリング・レシーバ
  • 高出力パワーのIFアプリケーション
  • 計測機器

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント
ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADL5202

ADL5202 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADL5202

ADL5202 Evaluation Board

ADL5202 Evaluation Board

製品の詳細

ADL5202-EVALZ is a fully populated, 4-layer, FR4-based evaluation board. For normal operation, it require a 5 V power supply capable of delivering 500 mA and a 3.3 V power supply capable of delivering 1 mA. The 5 V supply is connected to the test loops labeled VPOS and GND. This is the bias for the main amplifiers. The open collector outputs are connected to the main bias via the power plane. The 3.3 V supply is connected to the test loops labeled 3.3 V and GND. The RF input is applied to the SMA connectors labeled INA- and INB-. The RF output is available at the SMA connector labeled OUTA- and OUTB-. A fully differential input and output is easily configured by removing R8, R9, R79, R80, installing a zero ohm jumper at R81, R82, R88, R89, removing transformers, T1, T2, T3, T4 and placing jumpers across the transformer pads. The evaluation board can be programmed through the USB port of a PC running Windows XP or Vista with Microsoft .NET Framework 3.5 installed. The required control software can be downloaded from www.analog.com. Manual operation of the gain control functions is possible using the 3 pin headers and supplied jumpers. Power up is controlled using the 3 pin header labeled PWUPA and PWUPB or an external control signal maybe applied using the SMA connectors labeled PWUPA and PWUPB.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 3

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

バンドパス・アンチエイリアシング・フィルタ付き高性能、高IF、75MHz 帯域、14 ビット、250MSPS レシーバ・フロント・エンド ※Rev.0を翻訳したものです。新ver.は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0242

バンドパス・アンチエイリアシング・フィルタ付き高性能、高IF、75MHz 帯域、14 ビット、250MSPS レシーバ・フロント・エンド ※Rev.0を翻訳したものです。新ver.は英語資料をご覧ください。

CN0242

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
バンドパス・アンチエイリアシング・フィルタ付き高性能、高IF、75MHz 帯域、14 ビット、250MSPS レシーバ・フロント・エンド ※Rev.0を翻訳したものです。新ver.は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • 14ビット、250MSPSレシーバ・フロント・エンド
  • バンドパス・アンチエイリアシング・フィルタ
  • デジタル制御のVGA
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

使用製品 2

最近閲覧した製品