システム・モニタ内蔵

ホットスワップ集積回路は、ライン・カードの活線挿抜時の突入電流を管理することによってシステム障害を防ぎます。また、これらのICは高可用性システムの通常動作時の電流も制限します。アナログ・デバイセズのソリューションは、ネットワーク、サーバー、およびストレージ/テレコム・システム向けに最適化されています。予防的な保守および診断を実現するために、一部のホットスワップ製品はI2Cインターフェース上での電流、電圧、およびフォルトの監視を内蔵することによってシステムの信頼性を向上させます。他には、パワーMOSFETおよび電流検出を内蔵し、設計を簡素化して部品表(BOM)の総コストを削減するソリューションもあります。
製品セレクション・テーブル