測温抵抗体(RTD)

測温抵抗体(RTD)とは、温度に合わせて抵抗が変わる金属製の抵抗です。RTDは、従来型の温度センサー・タイプの持つ最高レベルの性能の長期安定性と精度を備え、-200°C~+850°Cの範囲をカバーします。非常に安定しており、シグナル・コンディショニングが比較的容易です。最も一般的なRTDはPT100です。これはプラチナベース100ΩのRTDです。RTDは構造内に高価な金属が使用されているため、他のセンサー・タイプより高価です。

シグナル・チェーン

(1)

下ブロック図中の各パーツをクリックしてください。

リファレンス設計

主な製品