ADASと車両安全性

Cockpit of autonomous car with heads up display and digital speedometer

先進運転支援システム(ADAS)は、感覚的な認識を増強し、運転の安全性を強化するために設計された一連のオートモーティブ技術で、駐車支援、ブレーキ支援、車線選択、衝突回避などの機能があります。カメラ、レーダー、LIDARシステムなどのセンサー・フュージョンと先進的な処理によって、正確なイベント検出、運転者への警告、半自動介入などが実現できます。

ADAS機能は、車全体にわたって展開され自動車中のI/Oモジュール、アクチュエータ、コントローラにネットワーク接続されている大量のセンサーによって、実現できます。こうした付加されたインテリジェンス、ネットワーキング、および制御のすべては、センシング、コネクティビティ、処理技術、クラウド・コンピューティングにおける驚異的な進歩によって可能なものとなります。これらの技術は、カー・エレクトロニクス・アーキテクチャの中心にある電子制御ユニット(ECU)に具体的に表れています。ハイ・エンドの車には、100個近くのECUが必要で、それぞれに、オンボード・コンバータを介して車のバッテリから電力が供給されます。各ECUは特定の機能に専用のものとなっており、電力レギュレーション、処理ユニット(MCU)、およびセンサー、ドライブ・アクチュエータ、画面情報からのデータを受信する手段が組み込まれています。

Smart car loaded with ADAS sensors

現在のADASは、より小さなソリューション・フットプリントでより高い電力を必要とし、また、高速リンク、複雑な相互配線、およびデータ完全性も必要です。アナログ・デバイセズは、外部部品数を減らせる、高効率、低ノイズのオートモーティブ・パワー・ソリューションを提供しています。また、それと共に、アナログ・デバイセズのGigabit Multimedia Serial Link(GMSL)製品が、広帯域幅でスケーラブル、かつ、そのままで安全なポートフォリオで、様々なADASアーキテクチャを可能にします。アナログ・デバイセズの機能性に富んだ製品は、設計の複雑さと量を軽減すると同時に、様々なレベルの自動車安全水準(ASIL)能力を提供し、困難度の高い安全性の条件を満たすことができます。


主なアプリケーションには以下のようなものがあります。

  • カメラ・システム
  • 緊急車両検知システム
  • レーダー/LIDARシステム
  • 電気自動車警告音システム(EVWSS)
  • ドライバー監視システム(DMS)
  • ADASと車両安全ECU
Autonomous car with sensors leaving parking space while avoiding vehicles on the road
カメラは、ADASセンサー・ツールセットの主要部品です。

ADASと車両安全性に焦点を合わせた資料

先進運転支援システム向けパワー・マネージメント

この設計ガイドは、ADASの根底にあるメガトレンドとその関連技術課題を概観します。その後、いくつかのケース・スタディを通じ、パワー・マネージメントにおけるこれらの課題に対処する新しいソリューションについて検討します。

設計ガイドをダウンロード

Image of ADAS Power Guide showing cover and interior pages

 

あらゆる車にこれらの高速シリアル・リンクが必要な理由

Gigabit Multimedia Serial Link(GMSL)SerDes技術が、急速に数を増すマルチタイプ・データの伝送に必要な帯域幅を提供し、精巧なADASおよび車におけるインフォテインメント機能を可能にできる理由をご覧ください。