低ノイズの電源を容易に実現可能にするSilent Switcher

はじめに

周知のとおり、電源の設計が成功するか否かは、プリント回路基板のレイアウトに大きく依存します。レイアウトの巧拙により、基本的な特性に加え、EMI(電磁干渉)性能や熱性能なども左右されるからです。それにもかかわらず、スイッチング電源のレイアウトが抱える問題は、設計工程の最終段階まで見過ごされることがよくあります。そのため、設計に着手する段階からEMIの潜在的な脅威を和らげるための確実な手段を用意しておくことが重要になります。それにより、ノイズが少なく安定した電源を実現できることが保証されます。スイッチング電源の設計に精通した技術者であれば、その設計の複雑さと繊細さについてよく理解しています。しかし、多くの企業は、プロジェクトにおけるあらゆるニーズに・・・・・・

 

続きはこちら
(個人情報の入力が必要です)

著者

Tony Armstrong

Tony Armstrong

Tony Armstrongは、アナログ・デバイセズPower by Linear製品グループのプロダクト・マーケティング・ディレクタです。電力変換と電源管理製品の導入から廃止までの全期間にわたるすべてを担当しています。アナログ・デバイセズ入社前は、Linear Technology、Siliconix Inc.、Semtech Corp.、Fairchild Semiconductors、Intelでマーケティング、セールス、経営などのさまざまな業務を経験しました。英国マンチェスター大学から応用数学の名誉理学士号を取得しました。