ADL5605
Info : 新規設計に推奨
searchIcon
cartIcon

ADL5605

RFドライバ・アンプ、700MHz~1,000MHz、2段構成、1W

すべて表示 showmore-icon

Info : 新規設計に推奨 tooltip
Info : 新規設計に推奨 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$9.13
特長
  • 動作周波数範囲: 700 MHz~1,000 MHz
  • ゲイン:23dB@943 MHz
  • OIP3:44.3dBm@943 MHz
  • P1dB:31.1dBm@943 MHz
  • ノイズ指数:4.8dB@943 MHz
  • 電源電圧:5V
  • 電源供給電流:312mA(typ)
  • 内部アクティブ・バイアッシング
  • パワーダウン機能を内蔵
  • 小型4mm×4 mm、16ピンのLFCSPパッケージを採用
  • ±1kVのESD耐性 (クラス1C)
  • ADL5606(1800MHz~2700MHz)とピン互換
製品概要
show more Icon
ADL5605は、700MHz~1,000MHzの周波数範囲にわたって動作する、広帯域、2段構成、1WのRFドライバ・アンプです。

ADL5605は、5Vの供給電源で動作し、307 mAの電流を消費します。またこのドライバは、TDDアプリケーション、省エネ・モードを要求するようなアプリケーションまたは間欠的にデータを伝送するようなアプリケーションに対する高速のパワー・アップ/パワー・ダウン機能を備えています。

ADL5605はGaAs HBTプロセスで製造され、小型4 mm × 4 mm、16ピンLFCSPパッケージを採用しています。このパッケージには、優れた熱抵抗を実現する露出パドルが付いています。ADL5605は-40℃~+85℃で動作します。完全実装され、943MHzにチューニングされた評価用ボードも入手可能となっています。

アプリケーション
  • ワイヤレス・インフラストラクチャ
  • 自動テスト装置
  • ISM/AMRアプリケーション

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 1
1Ku当たりの価格 最低価格:$9.13

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
ADL5605ACPZ-R7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

5 5, 2014

- 14_0020

Conversion of 4x4mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

5 5, 2014

- 14_0020

arrow down

Conversion of 4x4mm body Size LFCSP Package Outlines from Punch to Sawn and Transfer of Assembly Site to Amkor Philippines.

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

ソフトウェアおよび製品のエコシステム

評価用キット

評価用キット 1

EVAL-ADL5605

ADL5605 Evaluation Board

zoom

EVAL-ADL5605

ADL5605 Evaluation Board

製品の詳細

ADL5605-EVALZ is a 4-layer, FR4-equivalent printed circuit board, and configured for 943 MHz operation. It requires 5V/307 mA power supply for normal operation. The 5V power supply should be connected to the vector leads, labeled VCC1 and GND3. RFIN is the RF input port, and RFOUT is the RF output port. Both ports are populated with edge-mounted SMA connectors.

ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 4

リファレンス・デザイン

リファレンス・デザイン 1

CN0522 Simplified Functional Block Diagram

過熱管理機能付きの USB 駆動、915MHz ISM 無線周波数帯、1W パワー・アンプ ※Rev.0 を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

zoomopens a dialog

CN0522

過熱管理機能付きの USB 駆動、915MHz ISM 無線周波数帯、1W パワー・アンプ ※Rev.0 を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

CN0522

Circuits from the Lab®

tooltip Info:Circuits from the Lab®
過熱管理機能付きの USB 駆動、915MHz ISM 無線周波数帯、1W パワー・アンプ ※Rev.0 を翻訳したものです。最新版は英語資料をご覧ください。

機能と利点

  • 915MHz ISM帯域向けに最適化
  • 1Wパワー・アンプ
  • 部品の損傷を防止する過熱管理機能
詳細なリファレンス・デザインを表示 external link

設計および組み込みツール

pdf icon

ZIP

2.03 M

最近表示した製品