AD5767
Info: : 製造中
searchIcon
cartIcon

AD5767

D/Aコンバータ、16チャンネル、12ビットの電圧出力、denseDAC

すべて表示 showmore-icon

Info: : 製造中 tooltip
Info: : 製造中 tooltip
製品の詳細

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$37.08
特長
  • 全機能内蔵型の16チャンネル、12ビットD/A コンバータ
  • ソフトウェアで設定可能な8種類の出力範囲:−20 V ~ 0 V、−16 V ~ 0 V、−10 V ~ 0 V、−10 V ~ +6 V、−12 V ~ +14 V、−16 V ~ +10 V、±5 V、±10 V
  • 出力駆動電流±20 mAのDAC出力バッファを内蔵
  • 4 mm×4 mm WLCSPパッケージと40ピンLFCSPパッケージ
  • リファレンス・バッファを内蔵
  • 2個のディザ信号入力ピン
  • チャンネル・モニタリング用マルチプレクサを装備
  • 1.8 V ロジック互換
  • 温度範囲: -40 °C ~ +105°C
製品概要
show more Icon

AD5766/AD5767は16チャンネル、12ビットの電圧出力denseDAC®D/A コンバータ(DAC)です。

DACは外部2.5 Vリファレンスから出力電圧範囲を生成します。選択した電圧範囲によって、出力スパンの中間点は調整でき、最小出力電圧を下は−20 Vまで、最大出力電圧を上は+14 Vまで設定可能です。16チャンネルそれぞれの電圧は内蔵の出力マルチプレクサでモニタできます。

AD5766/AD5767は出力バッファを内蔵しており、それらの吐き出し電流と吸い込み電流は最大20 mAです。これらのバッファに連結して、専用ディザ・ピンを介して低周波数信号を各DAC出力に重畳できます。これらの専用ディザ・ピンは、類似した外部回路に必要とされる多くの外付け部品(オペアンプや抵抗など)を削減してシステム設計を簡素化します。外付け部品の削減により、AD5766/AD5767はリン化インジウム・マッハツェンダ変調器 (InP MZM)の バイアス回路に適した製品となります。

この製品にはパワーオン・リセット(POR) 回路が組み込まれているので、パワーアップ時にDAC出力はGNDにクランプされ、DACの出力範囲が設定されるまでこのレベルを維持します。全てのD/Aコンバータの出力はレジスタ設定によって更新されますが、ユーザが選択したDACチャンネルを同時更新する機能も備わっています。

AD5766/AD5767は、書き込みモードには最大50 MHzのクロックレートで動作する汎用4線シリアル・インターフェースを使用し、シリアル・ペリフェラル・インターフェース(SPI)、QSPI、MICROWIRE、DSPのインターフェース規格と互換です。AD5766/AD5767は又1.8 V/3 V/5 V ロジック向けにVLOGICピンを備えています。

AD5767は、4 mm × 4 mmのWFCSPパッケージと40ピンLFCSPパッケージを採用し、-40℃~+105℃の範囲で動作します。


アプリケーション

  • マッハツェンダ変調器のバイアス制御
  • 光ネットワーク
  • 計測器
  • 工業オートメーション
  • データ・アクイジション・システム
  • アナログ出力モジュール

質問する

modal close icon

以下に質問を入力すると、アナログ・デバイセズのナレッジ・ベースからよくある質問の答えを見ることができます。

検索

search button redirect icon

その他のサポート

サポート

アナログ・デバイセズのサポート・ページはアナログ・デバイセズへのあらゆるご質問にお答えするワンストップ・ポータルです。

ADIサポート・ページはこちら
Engineer Zone Icon

ADIコミュニティに問い合わせる。

EngineerZoneコミュニティはこちら

Tool_OpenIcon

よく聞かれる質問(FAQ)

製品モデル 2
1Ku当たりの価格 最低価格:$37.08

利用上の注意

close icon

アナログ・デバイセズ社は、提供する情報が正確で信頼できるものであることを期していますが、その情報の利用に関して、あるいはその利用によって生じる第三者の特許やその他の権利の侵害に関して一切の責任を負いません。また、アナログ・デバイセズ社の特許または特許の権利の使用を明示的または暗示的に許諾するものでもありません。仕様は予告なしに変更する場合があります。本紙記載の商標および登録商標は、各社の所有に属します。


本データシートの英語以外の言語への翻訳はユーザの便宜のために提供されるものであり、リビジョンが古い場合があります。最新の内容については、必ず最新の英語版をご参照ください。

なお、日本語版のデータシートは基本的に「Rev.0」(リビジョン0)で作成されています。そのため、英語版が後に改訂され、複数製品のデータシートがひとつに統一された場合、同じ「Rev.0」の日本語版のデータシートが異なる製品のデータシートとして表示されることがあります。たとえば、「ADM3307E」の場合、日本語データシートをクリックすると「ADM3311E」が表示されます。これは、英語版のデータシートが複数の製品で共有できるように1本化され、「ADM3307E/ADM3310E/ADM3311E/ADM3312E/ADM3315E」(Rev.G)と改訂されたからで、決して誤ってリンクが張られているわけではありません。和文化されたデータシートを少しでも有効に活用していただくためにこのような方法をとっておりますので、ご了解ください。

ドキュメント

ドキュメント

アナログ・デバイセズは、最高レベルの品質と信頼性を満たす製品を供給することを常に最重要視しています。これを実現するため、製品、プロセス設計、更には製造プロセスに対しあらゆる観点から品質と信頼性のチェックを行っています。アナログ・デバイセズでは出荷製品に対する「ゼロ・ディフェクト」を常に目指しています。詳細については、アナログ・デバイセズの品質および信頼性プログラム、認証のページを参照してください。
製品モデル ピン/パッケージ図 資料 CADシンボル、フットプリント、および3Dモデル
AD5767BCBZ-RL7
  • HTML
  • HTML
AD5767BCPZ-RL7
  • HTML
  • HTML

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

11 13, 2017

- 17_0198

Data Sheet Correction: AD5767 Specifications and DAC Power Down Functionality

AD5767BCBZ-RL7

製造中

AD5767BCPZ-RL7

製造中

モデルでフィルタ

reset

絞り込み条件をリセット

製品モデル

製品ライフサイクル

PCN

11 13, 2017

- 17_0198

arrow down

Data Sheet Correction: AD5767 Specifications and DAC Power Down Functionality

AD5767BCBZ-RL7

製造中

AD5767BCPZ-RL7

製造中

評価用キット

評価用キット 1

reference details image

EVAL-AD5767

AD5767 評価用ボード

zoom

EVAL-AD5767

AD5767 評価用ボード

AD5767 評価用ボード

機能と利点

  • ADP5071 電源ソリューション搭載、AD5767 用のフル機能評価用ボード
  • アナログ・デバイセズの EVAL-SDP-CB1Z システム・デモンストレーション・プラットフォーム(SDP)と組み合わせての PC 制御
  • 3.3 V 単電源から出力される電源ソリューション
  • 分析/制御/評価(ACE)ソフトウェアを使用する制御用 PC ソフトウェア

製品の詳細

EVAL-AD5766SD2Z/EVAL-AD5767SD2Z は、AD5766/AD5767 16 チャンネル、16 ビット/12 ビット、電圧出力 DAC のすべての機能を簡単に評価できるように設計されたフル機能評価用ボードです。

これらの評価用ボードは、ADP5071 を使用した電源ソリューションを内蔵しています。ADP5071 スイッチング・レギュレータは、3.3 V 入力から 8 V および −22 V のバイポーラ電源を出力して −20 V ~ +6 V の DAC 電圧出力範囲を生成する電源ソリューションを提供します。あるいは、オンボード・コネクタ J9 から DAC にリニア電源を提供することで、すべての範囲を生成できます。

J10 を介したオンボード・コネクタ、または J1 を介した EVAL-SDP-CB1Z システム・デモンストレーション・プラットフォーム(SDP)ボードで、AD5766/AD5767 を制御できます。AD5766/AD5767 の評価用ソフトウェア ACE を使用することで、SDP では Windows® ベース PC の USB ポートを介して評価用ボードを制御できます。

AD5766/AD5767 は、16 チャンネル、16 ビット/12 ビット、電圧出力 denseDAC® コンバータです。この DAC は、2.5 V リファレンスから出力範囲を生成します。出力バッファにより、AD5766/AD5767 で最大 20 mA までソースまたはシンクできます。範囲はソフトウェアで選択可能で、外部監視用に任意のチャンネルをモニタ・ピンにルーティングできます。リファレンスと出力バッファを内蔵しているため、導入が容易な汎用ソリューションを作成できます。

デバイスには 4 つの電源が必要です。AVDD と AVSS は正および負の高電圧電源、AVCC は低電圧 DAC 回路用のアナログ電源、VLOGIC 電源ピンはデジタル・インターフェース・ピンのロジック・レベルを設定します。

EVAL-AD5766SD2Z/EVAL-AD5767SD2Z の ACE ソフトウェアは、同期シリアル・ポート(SPORT)インターフェースを介して AD5766/AD5767 の動作モードを構成できる直感的なグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)を備えています。これらの評価用ボード用およびその他の各種アナログ・デバイセズ製デバイスの Lab®(CFTL)デモ・ボード用プラグイン・モジュールを確認するには、ACE ソフトウェアのページを参照してください。

AD5766/AD5767 のすべての仕様は、AD5766/AD5767 のデータシートに記載されています。EVAL-AD5766SD2Z/EVAL-AD5767SD2Z を使用する際は、ユーザー・ガイド(UG-1070)と併せて参照してください。
ツールおよびシミュレーション

ツールおよびシミュレーション 4

LTspice®は、無料で提供される強力で高速な回路シミュレータと回路図入力、波形ビューワに改善を加え、アナログ回路のシミュレーションを容易にするためのモデルを搭載しています。

 

最近表示した製品