産業用機能安全性

安全でなければ、オートメーションはスマートではありません。’’機能安全性はインダストリ 4.0 で重要な役割を担っています。それは安全性が将来の工場の不可欠な要素であるからだけでなく、機能安全性はより高い信頼性、より正確な診断、さらにより優れたレジリエンスを実現することもできるからです。–

IEC 61508 は、産業用アプリケーションで使用される集積回路を設計するための機能安全性の標準です。アナログ・デバイセズは、既存の厳密な新製品開発プロセスを拡張するために、この標準を採用しています。IEC61508 によって義務付けられた十分な安全性計画、安全性分析、確認、および検証を確実に実施しています。継続的な改善のプロセスを確保するために、アナログ・デバイセズは、主要な業界委員会の活発なメンバーとなり、業界をリードする機能安全性認定団体によって認定されたエンジニアを配置しています。

当社のお客様のへコミットメントには、綿密な製品開発プロセス、定評ある無欠陥文化、およびお客様がサードパーティ認定標準を満たし、市場投入までの時間を短縮する製品を構築できるよう支援できる業界認定済みの機能安全性分野におけるエキスパートの社内配置が含まれています。

Tom Meany

Tom Meany とともに、機能安全性において起こっているすべてについて社内の専門知識と最新情報を共有してください。

Tom Meany は、8 件の米国特許を保有し、ISA と IEEEの両方の上級会員です。彼は、機械のアプリケーション分野における機能安全性エンジニアでもあり(TUV ラインラント)、信頼性および機能安全性において Technis から認定されており、IEC SC22G/MT12 ワーキング・グループのメンバーです。Tom は、1987 年以来アナログ・デバイセズに従事し、現在、アナログ・デバイセズの産業用製品の機能安全性テクニカル・スペシャリストの職位に就いています。

ブログを読む

プロセス制御とファクトリー・オートメーション

プロセス制御は、最も早く機能安全性を採用した業界の 1 つです。特定の標準は IEC61511 ですが、PLC、フィールド機器、アクチュエータなどの基本となる機器は、IEC61508 に従って設計されています。ファクトリー・オートメーションで、適用可能なセクター固有の標準は、ISO13849、IEC62061、および IEC61508 です。

当社は、以下を通じて、機能安全性設計におけるメリットをお客様に提供しています。

  • アプリケーション分野における深淵な実績
  • IEC61508 互換の開発プロセス
  • 診断、信頼性予測、および妥当なミッション・プロファイルの徹底した理解

特にプロセス制御とファクトリー・オートメーションのために設計されたアナログ・デバイセズ製品の詳細をご覧ください。ADuCM362AD7124、および ADCMP671


モーション・コントロール

汎用モーション・コントロール・アプリケーションでは、IEC 61800-5-2 が IEC61508 の可変速ドライブの解釈となります。この標準は、STO(safe torque off)、SLS(safely limited speed)、および SOS(safe operating stop)などの安全性機能を定義しています。集積回路の場合は、IEC 61508 が引き続き関連標準です。

特にモーション・コントロールのために設計されたアナログ・デバイセズ製品の詳細をご覧ください。ADSP-CM407ADSP-CM417AD7403、および AD2S1210


ロボットおよびコボット

ロボットは、従来ケージ内で保持され、機能安全性はロボットを人々とは分離するように設計されていました。現在、ロボットは、コボットと AGV(無人搬送車)の形態で、ケージから出されています。適用可能な安全性基準は、ISO13849 と IEC62061(IEC61508 の機械の解釈)です。コボット(コラボレイティブ・ロボット)は、直接人とやり取りするように設計されており、適用可能な標準は ISO10218-1 と ISO10218-2 で、ロボットの設計とアプリケーションの条件を提供していますが、コラボレイティブな動作のガイドラインは含まれていません。

特にロボットおよびコボットのために設計されたアナログ・デバイセズ製品の詳細をご覧ください。AD7902fido5100fido5200、およびアナログ・デバイセズオートモーティブ探知装置センサー


工業用通信

ネットワーク内の機能安全性に関するガイダンスは、IEC61784-3 および IEC 62280/EN 50159 で提示されています。IEC61508-2:2010 には、機能安全性への 2 通りの基本的なアプローチ、ホワイト・チャンネルとブラック・チャンネルがあります。ブラック・チャンネル・アプローチは、下位のネットワークに対する前提条件がなく、両端のアプリケーション・コードによってすべての安全性機能が実装されるため、最も一般的な実装です。

低コストでブラック・チャンネル機能安全性を実現できるアナログ・デバイセズ製品について詳細をご覧ください。fido5100 および fido5200

産業用アプリケーションの機能安全性設計の開発に役立つ、診断機能付きの製品が用意されています。これらの製品の一部には、現在、安全性データシートが付属しています。安全性データシートは、通常、NDA で入手可能なため、最寄りのアナログ・デバイセズ販売代理店に問い合わせて、特定の安全性データシートを取得または要請してください。

Key Products