signals header

Signals+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

プライバシー設定 個人情報保護とセキュリティに関する方針 その代理店

ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

閉じる

エコノミスト誌:ボット時代:ロボットと変化する労働力


自動化とロボティクスは仕事のあり方を根本的に変えつつあります。工業環境では、生産性を向上させる一方で従来型の労働力と新たな形の労働力を支援するという、非常に重要な役割をロボットとコボットが引き受けるようになっています。アナログ・デバイセズの産業およびマルチマーケット担当SVPであるMartin Cotterは、エコノミスト誌と共同で開催した専門家パネルに参加しました。このパネルは、ロボティクスが労働者、生産性、サプライチェーンの安定性、その他に与える影響を議論するために開催されたものです。

主な参加者:

  • Martin Cotter、アナログ・デバイセズ、産業およびマルチマーケット担当シニア・バイス・プレジデント
  • Dr. Susanne Bieller、国際ロボット連盟(IFR)、ゼネラル・セクレタリー
  • Michael Cicco、FANUCアメリカ・コーポレーション、プレジデント兼チーフ・エグゼクティブ
  • Samir Kumar、M12マイクロソフトのベンチャー・キャピタル・チーム)、マネージング・ディレクタ
  • Ludwig Siegele、エコノミスト誌、米国担当テクノロジー・エディター(司会)

※このビデオは日本語に翻訳されていません