Forrester - Seamless Connectivity Fuels Industrial Innovation
Forrester - Seamless Connectivity Fuels Industrial Innovation
 

SIGNALS+ ニュースレター登録

Signals+はコネクティビティ、デジタルヘルス、モビリティ、スマートインダストリーに関する最新情報をお届けします。

プライバシー設定は、Analog DevicesからのニュースレターまたはmyAnalogの設定ページから、いつでも変更いただけます。

プライバシー設定 個人情報保護とセキュリティに関する方針 その代理店

ありがとうございます。ご登録のメールアドレスにお送りしたメールを確認し、ニュースレター登録を完了させてください。

世界中の人々の生活に影響を与える、画期的なテクノロジーに関する最新情報をタイムリーにお届けします。

閉じる
Martin Cotter
Martin Cotter,

Senior Vice President, Industrial, Consumer, and Multi-Markets

Analog Devices

コネクテッド・ファクトリ―
―インダストリ4.0の導入を加速する産業用ネットワーク


工場においてデジタル・トランスフォーメーションを実現するには何が必要でしょうか。必須の要件は、工場全体を網羅するように、高度で洗練された産業用コネクティビティを導入することです。デジタル・トランスフォーメーションの目的は、産業環境で生み出される膨大なデータを活用し、よりスマートな意思決定を行うための洞察を得ることです。それにより、ビジネス上のより良い成果を上げたり、業界に革新をもたらしたりすることが可能になります。このような未来を実現するためには、産業用コネクティビティの導入が必須だということです。実際、先見の明を持つメーカーは、デジタル化に代表されるアプローチによって旧来の技術のうちいくつかを刷新しつつあります。また、新型コロナウイルスのパンデミックが世界的なレベルで発生したことから、高度なネットワーク接続を早急に開発することが強く求められるようになりました。次世代の産業用コネクティビティは、設備(資産)と技術を1つのエコシステムに統合する役割を果たします。そのようなエコシステムは、レジリエント(弾力性、回復力に優れる)で柔軟性や効率が高いという特徴を備えたものになります。そのため、製造に対する個別のニーズに対応したり、将来のトレンドに応じて方向転換を図ったりといったことを容易に実現できます

アナログ・デバイセズは数十年間にわたり、新たな価値を生み出す技術の開発やイノベーションの実現に取り組んでいます。特に、システム・レベルの設計技術や問題解決の能力を育むと共に、産業/通信分野に関する高度な専門知識を蓄積してきました。それらを基盤としてお客様と密に連携することにより、難易度の高い課題の解決に向けて、新たな方法で新たなソリューションを生み出しています。ただ、当社は外部からの視点を活用すれば、より多くのことを学ぶことができるという考えも併せ持っています。

新たなコネクティビティがデジタル・トランスフォーメーションにもたらすインパクトについてより深く理解するために、アナログ・デバイセズは、Forrester Consultingに産業用コネクティビティに関する調査を依頼しました。その調査では、データの取得、洞察の抽出、意思決定を、より適切なタイミングで行えるようにするための取り組みにも注目しています。


Forrester Logo

産業用コネクティビティを実装する過程で、製造責任者が遭遇する主要な課題や機会について明らかにします。

Forresterによる調査結果をダウンロード


調査の対象者は、産業用コネクティビティに関する戦略の策定を担当する世界各社の上級製造責任者です。その数は300人以上に達しました。この調査では、デジタル・トランスフォーメーションの成熟度に応じて、回答者が所属する企業を「成熟度が低い」、「成熟度が中程度」、「成熟度が高い」の3つに分類しました。調査結果からは、それら3つのカテゴリの企業について、様々な事実が浮かび上がりました。その中でも特に有意義だと考えられるものを以下に挙げます。

  • 成熟度が低い企業は、コネクティビティによって得られる洞察を利用したいと考えています。しかし、このカテゴリに含まれる企業のうち53%は、他の設備との間で通信を実現できない旧式の設備を保有しています。
  • 成熟度が中程度の企業は、ネットワークの信頼性を高めて産業環境で取得したデータを保護できるようにすることを目指し、自信を持って取り組みを進めています。しかし、このカテゴリの企業は、デジタル・ファーストな組織を目指す過程において、自らの方向性をまだ模索している状態にあります。
  • 成熟度が高い企業は、柔軟性に優れる製造体制を構築しています。このカテゴリに含まれる企業のうち約半数は、より小さいロットへの対応、迅速な再構成、製品のカスタム対応をほぼ実現できる状態にあります。

以下に示す図は、自社がデジタル・トランスフォーメーションに向けたどの段階に位置するのかを見極める上で役に立つはずです。また、これを見れば、自社のビジネスの将来性を保証するという目標に向けて、次にどのようなステップを踏めばよいのか把握しやすくなるでしょう。

ITに関する現在の目標
顧客の成果の改善

顧客の現在の成果を改善するための技術に対する投資は、効率の改善やコストの削減よりも重要です。

課題
信頼できるネットワーク接続の維持

信頼できるネットワーク接続が確立されていない場合、製品のイノベーションが阻害され、市場に投入するまでの時間が長くなります。

ビジネス上の成果
生産性の向上

生産性の向上とダウンタイムの短縮が、スマート・マニュファクチャリングへの投資を促す主要な要因になります。

主な機会
通信ネットワークのスケーリング

未来の工場に対応するために、接続ポケットから、複数のネットワークにまたがって適切に通信を実施できる状態への移行を進めます。

ITに関する現在の目標
運用向けの制御方法の改善

産業用コネクティビティへの投資は、長期的な競争戦略に関する情報の提供に不可欠な要素だと考える必要があります。

課題
リアルタイムの洞察とレガシー・システム

人的リソースに関する計画策定や安全性を確保するための意思決定に利用する洞察を抽出するには、複雑な作業/処理が必要になります。

ビジネス上の成果
デジタル・ファーストな組織の構築

顧客のニーズの変化に対応するためには、デジタル・アジリティが必須であることを認識しなければなりません。

主な機会
ITとOTの融合

設備を、オフィスで生成されたデータ、工場で取得したデータ、従業員と適切かつリアルタイムに接続することにより、効率を高めると共に品質管理の改善を図ります。

ITに関する現在の目標
運用に関する洞察の取得

IIoTがもたらすメリットを享受するためには、信頼できるネットワークへの投資が不可欠であることを認識しなければなりません。

課題
ネットワークのセキュリティの確保

サイバー攻撃を防ぎ、企業、従業員、顧客のデータを保護することが非常に重要です。

ビジネス上の成果
製品のイノベーションの加速

顧客のニーズの変化に対する俊敏性と応答性を高めるために、産業環境で取得したデータを、即座に適用可能なリアルタイムの洞察に変換します。

主な機会
クラウド・ベースの分析

有線(産業用イーサネット)ネットワーク/無線(5G)ネットワークの信頼性を高めるために投資を続けることで、ビジネス上の重要な意思決定に役立つ情報を提供するためのリアルタイムの監視/分析が可能になります。

The (Complex) Human Use Case

Connectivity for Industrial Innovation

産業分野にイノベーションをもたらすシームレスなコネクティビティ

Forrester Study: Seamless Connectivity Fuels Industrial Innovation

産業用コネクティビティを実装する過程で製造責任者が遭遇する主要な課題や機会について知りたい方は、ぜひForresterによる調査の結果をご覧ください。

Forresterによる調査結果をダウンロード