ドライバ回路の設計を容易化するΣΔ型/SAR型の最新ADC

はじめに

ウェブ上には、「A/Dコンバータ用のドライバ回路の設計」に関する記事が数多く公開されています。400万件にも上る参考情報の中から、自分にとって重要なものを見つけ出すのは、容易なことではないはずです。これについては、アナログ/ミックスドシグナル技術を利用してデータ・アクイジション・システムを設計している技術者であれば同意してもらえるでしょう。ドライバ回路(バッファ)を内蔵していないA/DコンバータICを使用する場合、外付けのフロントエンド回路を用意することになります。その設計には、かなりの忍耐が求められると共に、適切な参考情報が必要になります。ドライバ回路の設計作業は・・・・・・

 

続きはこちら
(個人情報の入力が必要です)

Stuart Servis

Stuart Servis

Stuart Servisは、アナログ・デバイセズのプロダクト・アプリケーション・エンジニアです。計装/高精度技術グループの高精度シグナル・チェーン・チームに所属しています。ΣΔ ADCとSAR ADCをベースとする高精度のデータ・アクイジション用シグナル・チェーンが専門です。アイルランド国立大学ゴールウェイ校で応用物理およびエレクトロニクスに関する学士号を取得しています。

Miguel-Usach

Miguel Usach Merino

Miguel Usach Merinoは、2008年にアナログ・デバイセズに入社しました。スペインのバレンシアでリニア/高精度技術グループに所属するアプリケーション・エンジニアとして業務に携わっています。バレンシア大学で電子工学の学位を取得しています。