ADCドライバ

ADCドライバ・アンプは、バッファリング、振幅スケーリング、シングルエンド/差動変換や差動/シングルエンド変換、同相オフセット調整、フィルタリングなど、多くの重要な機能を実行します。ADCドライバは、データ変換段での不可欠なシグナル・コンディショニング要素であり、ADCがその定格性能を実現するために重要な部品です。

アナログ・デバイセズは、SAR、パイプライン、シグマ・デルタA/Dコンバータの各アプリケーションを広範囲に対象とするドライバ・アンプの製品群を提供しています。
 
All Selection Guide
 

NEW! - SAR ADCとドライバのクイックマッチ・ガイド

必要なアプリケーション条件を指定することによって、シングルエンドおよび差動SAR ADCの人気アナログ・デバイセズ製品に最適なドライバを検索することができます。

SAR ADC & Driver Quick-Match Guide


ADCドライバアンプ設計に関する資料


チュートリアル: アプリケーション・ノート: 技術情報誌 Analog Dialogue: FAQs/RAQs:

設計 /シミュレーション ツール




Video: ADA4930 - Single Supply Low Noise ADC Driver




 

Circuits from the Lab / 実用回路集

CFTLs 超低消費電力、18 ビット、差動 PULSAR ADC ドライバ (CN0237)
Order Now
CN0237

図1に示す回路で使用する18ビット、1 MSPSの超低消費電力ADCAD7982は、低消費電力の完全差動アンプADA4940-1によって駆動します。低ノイズ、高精度の5.0 V電圧リファレンスADR395によって、ADCに必要な5 Vを供給します。

すべてのADCドライバに関する実用回路はこちら>>


Webcasts (英語)



関連ニュース




沪ICP备09046653号
感想、意見を送る X
content here.
content here.

感想、意見を送る

閉じる